記事一覧

【ブランドで選ぶ】洗練されたデザインのシンプルピアスたち

日本初のアクセサリー・ジュエリーブランドのアガット。“かわいい”から“エレガント”までデザインの種類が豊富で、仕事からオフの日まで網羅できるアイテム数を誇ります。

特に20~40代女性からの支持が厚く、プレゼントとしても大変喜ばれます。

21AW★ルイヴィトンコピー ★エッセンシャル V パールピアス M68362

图片描述

◆色◆
ゴールド
◆素材◆
金具(色:ゴールド)
素材:レジン(パール)
◆仕様詳細◆
Vモチーフ
フープデザイン

【ブルガリ】スーパーコピー 即対応 DIVAS DREAM マラカイト ピアス 21030811

图片描述

ラウンドブリリアントカット・ダイヤモンド(0.07カラット)
18Kピンクゴールド製。.

シャネル ピアス 偽物 シャネル アシンメトリー ピアス★CCマーク

图片描述

サイズ:
ココマーク横幅: 1.1cm
長さ(ココマークの下から): 6.5-7.0cm
ココマーク付きのアシンメトリーピアスです。
星やパール、そしてパステルカラーの色とりどりのチャームがとても可愛らしいピアスです。
手元に1点のみ在庫がございます。

ルイ・ヴィトンの新作ジュエリー「トゥギャザー」ゴールドチャーム×純白パールが揺らめくピアスなど

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、2021年秋の新作ファッションジュエリー「トゥギャザー」コレクションを発売。

エレガントな純白“パール”が主役

图片描述

「トゥギャザー」コレクションのジュエリーを飾るのは、アイコニックなLV サークル、モノグラム・フラワー モチーフ、キーなどのチャームと、フェミニティを際立たせる“バロックパール”のペンダント。ラインナップは、ネックレス、ブレスレット、ピアスの3種で用意する。

ゴールド×パールで上品に

图片描述

上品なゴールドカラーに艶やかなパールを合わせた「トゥギャザー」コレクションは、あらゆるスタイルに合わせやすいデザインも魅力。身に着けるとチャームがきらりと揺らめき、華やかな雰囲気を演出してくれる。

エレガントでインパクトのあるボリュームネックレス3選

Tシャツやブラウスなど、薄着になるシーズンにはインパクトのあるボリュームネックレスがコーディネートのポイントに。ブランドやデザイン、素材は数あれど、誰も持っていないような特別なモチーフを身に着けたい!楽しい夏のプライベートシーンに、印象を与えたいオンライン会議に、スペシャルなディナータイムに…...。一点投入するだけで洗練されたスタイリングが完成する、思わず見入ってしまうようなボリュームのあるネックレスをご紹介します。


1.新作【プラダ】偽物 シルバーとウッドのネックレス 全2色 21032406

图片描述

【製品情報】
・シルバー925
・オリーブの木
・クリスタル
・幅68cm

2.コリエ・ルイヴィトン コピー ミックス チェーン MP2967

图片描述

製品仕様
ネックレス
サイズ:M、L
素材:ストラス、プレキシガラス、ラッカー
モノグラム・パターンの刻印
LVイニシャルのキーリング

3.セリーヌ トリオンフ 2連チェーン ネックレス 偽物 ブラス Gold 46S896BRA35OR

图片描述

セリーヌ
セリーヌ x アクセサリー
セリーヌ x ネックレス・ペンダント
カテゴリレディースファッション » アクセサリー » ネックレス・ペンダント
ブラス
スナップフック
サイズ:トップ:タテ1.2×ヨコ2.2cm 
チェーン長さ:ショート36cm、ミドル38cm、ロング40cm

ダミアーニ”流れ星のように煌めく”新作ブレスレット、大粒ダイヤモンドを配して

ダミアーニ(DAMIANI)より、「ノッテ ディ サン ロレンツォ」の新作ダイヤモンドブレスレットが登場。2021年7月15日(木)より、全国のダミアーニブティックにて発売する。

”流れ星の煌めき”イメージのダイヤモンドブレスレット

图片描述

今回登場するのは、毎年8月10日の夜に流れ星に願いをかけると人々の想いが叶うという、イタリアの伝説をテーマにした「ノッテ ディ サン ロレンツォ(聖ロレンツォの夜)」コレクションの新作ブレスレット。

图片描述

ブレスレット全体をシンプルにまとめつつも、”流れ星”をイメージした大粒のダイヤモンドを3つ配した。カラーはホワイト、イエロー、ピンクゴールドの3色で、ホワイトとピンクゴールドにはカラット違いの特別なモデルも用意されている。

カルティエの話の最後はハッピーエンドであり

カルティエブティックは今回の大掛かりな改修により、実に逆説的ではあるが、個人の邸宅としては過度に荘厳ではあるにしても、とりわけ趣味のよい調度品が備えられているという感覚がそこに復活している。カルティエ 買取もしそうしたければ5番街に面した入口から入ることもできるが、理想的なのは、プラント家の人々がそうしたように52丁目通り沿いの入り口から入ることだ。そうすれば、全盛期の豊満なメイジー・プラントが、クラウディア・マンロー・カーの絵画から勝利の笑みを浮かべてこちらを見下ろしてくる。そしてその不滅のデコルタージュには、真珠が永遠の光を放っている。左手には大きな螺旋階段があり、今回のリノベーションを担当した建築士ティエリー・W・デスポント氏が開放的な設計を採用したことで、ブティックの端から端までを見渡すことができる。関連のないものが雑然と詰め込まれていた感のある複数のショールームが、ひとつとなってマンハッタンの富の最大の象徴へと生まれ変わり、それは実に記念碑的でありながらも同時に心地よく寛げる規模の空間を贅沢に使っている。 カルティエの話の最後はハッピーエンドであり、これまでにも十分にアットホームであったこのメゾンが、これまで以上に寛いでいるように見える。

图片描述

しかし、この話にはまだ続きがある。

 プラント夫人は86丁目のモートン・プラント邸を相続し、生涯にわたり定期的にそこで暮らした。プラント氏に先立たれてからさらに2度の結婚をし、1957年7月に、メイ・コールドウェル・マンワリング・プラント・ヘイワード・ロヴェンスキー夫人として75歳で亡くなった。その時点の彼女は、世間が急速に変化していくなかで、ある種のゆったりとした昔気質の上品さを備えた過去の人となっていた。彼女の死、そしてその遺品の競売のニュースが“5番街の終焉”と題して 『タイム』誌の記事に取り上げられた。

「今週、5番街の素晴らしい豪邸のうち、一番最後まで使用されていた彼女のマンハッタンの邸宅が競売にかけられる。彼女の遺品を一覧表にするためだけに、マンハッタンのオークションハウスであるパーク・バーネットは313ページのイラスト入りカタログを発行した。1021点の出品物の売却には2週間かかるとされ、167ロットの宝飾品を除いても、100万ドル以上の売り上げが見込まれる。宝飾品のなかには、これまで作られた中で最も有名な、大きさが徐々に変化する調和のとれた真珠を55個、そして73個使用したオリエンタルパールの2本のネックレスもある。これは1916年にロヴェンスキー夫人(当時はプラント夫人)が大富豪の夫から贈られたものだ。プラント会長は、5番街通りと52丁目通りにあった邸宅を売却した際の100万ドル(約1億1145万円)分の支払いとして、それらのネックレスを受け取った」

「豪邸の購入者は、ネックレスが買われた場所に拠点を構えたカルティエだった…パーク・バーネットのカタログのなかで、その時代への追悼の鐘が鳴らされた。『社会秩序が不変に保証されており、富の意味は……それに適切に付属する役得として、美と品格のある環境に変換されるべきであり、ひとたび目が肥えてしまったら、優れた職人技の魅力は抗しがたく、それを所有することを自分の地位が正当化していると心から信じていた人物がここにはいた』」

图片描述

真珠のストランドネックレスは、わずか18万1000ドル(約2200万円)で落札されることになる。実は、プラント夫人が入手したわずか数年後の1916年に、御木本幸吉が養殖真珠を紹介してそれが爆発的な人気を博したことで、そのネックレスの価値は急落してしまっていたのだ。東86丁目通りの邸宅は、1960年に取り壊され、そこに5番街1050番地を住所とするマンションビルが建った。ビルの大きなロビーには、プラント邸の唯一の遺構となる大理石の柱と噴水が備えつけられた。5番街653番地の豪邸が今なお完全な形で建っている唯一の理由が、まさに自分がそれを避けるために北へと逃れた商業の力であるという事実について、モートン・プラントはどのように思っただろうかと考えずにはいられない。

 カルティエブティックの52丁目通りに面した広大な入口に立つと、ノブレス・オブリージュという繊細な霧の向こうからメイジー・プラントがこちらを見下ろし、彼女が暮らしていた世界が実に短命なものであったことをしばし忘れることができる。その世界を可能にした巨万の富のほとんどは、 最初にそれを蓄えた者の子孫たちの浪費によってほとんど使い果たされてしまった。優れた審美眼で収集された一生分の美しい物が詰められた巨大な豪邸は、そのほぼすベてが取り壊され、わずかに残された豪邸も、主に文化的施設や商業施設としての役目のために生き延びたに過ぎない。

 そして、真珠は? オークションで元の価格の何分の1かで落札された後、それは地上から消えてしまったかのように見える。それがどうなったのかを知る人はいないようだ。 2本が別々に分けられている可能性もあるし、分解して真珠が別のものに使われている可能性すらもある。しかし、それらがもしそのままの形でどこかに残っているとしたら、金庫の中に半ば忘れ去られていたり、あるいは膨大ながらも雑然とした誰かのコレクションのなかで見落とされていたりしているかのどちらかであり、プラント夫人が最初にそれを着けてから1世紀近く経った後に、カルティエ史上最大の記念品となる偉大な一品を、誰かが所有しているということになる。

 カルティエがマンションの新装開店を記念して製作した、大きさを徐々に変化させた着色天然真珠のネックレスの価格は“申し込みがあればその時に”となっているが、もし実際に尋ねることがあれば、7桁の答えが返ってくるだろう。メイジー・プラントの南洋真珠のダブルストランドネックレスがどこにあるか知っているかとの我々の問いに対するカルティエの答えは“ノーコメント”であった。“分かりません”ではなかったところが、いかにも想像を掻き立てる。