戦国武将の甲冑イラスト再現集(中野区)「武将 超リアル戦国武将イラストギャラリー100」


人気ブログランキング

「武将 超リアル戦国武将イラストギャラリー100 白井成樹 画」(新人物往来社)

戦いが日常であつた群雄割拠の戦国時代―。死を覚悟して生きなければならなかった武士にとって、甲胄は晴着でもあり、死装束となるかもしれない特別な意味を持っていた。そのため武士たちは、自己を主張するために個性豊かな鎧で身を飾ったのである。真田幸村・伊達政宗・直江兼続ら有名武将100人の戦場での勇姿が、このイラスト集ではじめて甦る。(「BOOK」データベースより)

DSCF5585

武将一人一人がとても丁寧に描かれており、要点を捕えた分かりやすい解説で読みごたえがあります。

 

一時期、猫好きの間で話題となっていた一枚の絵があります。

0a793834-s

 猫に甲冑を着せて自身も猫耳兜を被って出陣!
実はこちらの絵、現代アーティスト野口哲也氏の作品です。
猫侍の他にも『シャネル侍』や『ヘッドフォーン侍』など、現代のカルチャーとサムライをremixした作品を多数発表しています。
さらに、美術館が所蔵する“甲冑”の補作や解説執筆などもされており、その考証レベルは研究者も舌を巻くほどとのことです。

 

 そして、「猫耳兜」に近い変わり兜は現存しておりました。

 DSCF5587

「武将 超リアル戦国武将イラストギャラリー100」でも紹介されている明智光春は、
鉢の左右に兎耳形(とじなり)、つまり兎の耳をつけていたようです。

 

甲冑は人間だけのものではありません(?)f5e05cbc

こちらはカナダ在住の金アーティスト、ジェフ・ドゥ・ボーア氏が制作した猫用の甲冑です。氏は他にもネズミ用の甲冑なんかも手掛けております(*´ω`*)
(あくまで観賞用です、実際に着用させることはしません)

 

コロスケ:hei01:


人気ブログランキング

お問合わせ・買取のご依頼

お問合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問合わせ・買取依頼

関東エリアなら即日買取りもご相談下さい!
チェーン店が積極的に引取りをしないマニアックな本や、内容は良いけど状態の悪い本などもお任せ下さい。

お問合せ・買取依頼

お電話からのお問い合わせは 0120-54-4892

受付時間:9:00~23:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2017年4月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP