東京都港区のお客様よりデザイン書、画集、アートブック、美術書、文芸書を多数お譲りいただきました

Share on Facebook
LINEで送る

 

東京都港区のお客様よりデザイン書、画集、アートブック、美術書、文芸書を多数お譲りいただきました!
たくさんの本をありがとうございます:hoshi1::hoshi1:

そのなかに、手塚治虫『手塚治虫アンソロジー猫傑作集 (2)』、秋田書店、2000年
がありました♪

 港区、文芸書

手塚治虫ほどの巨人だと、どんなテーマでもアンソロジーが編めそうですね~(*´ω`*)
本書には、猫の登場する『ブラック・ジャック』や『鉄腕アトム』のエピソード、そのほか短編作品が収載されていますが、私が初めて見たもので「ちっぽくんこんにちは」(1973年3月20日 学習研究社刊)がとても可愛い…!

港区、文芸書

本書「ちっぽくんこんにちは」より(頁数なし)

港区、文芸書

本書「ちっぽくんこんにちは」より(頁数なし)

 

ねずみを食べられないねこの男の子チッポくんと、
ねずみの女の子チュリイちゃんのお話のようです。

これだけデフォルメされているのに、ねこらしい、ねずみらしい体つきや動きが表現されていることに驚きます。猫好きの方、ねずみ好きの方(?)、ぜひご一読くださいませ:heart:

手塚治虫アンソロジー猫傑作集 (2)

 

By クラニャン

 

 

 

 

 

 

トラックバックURL