藤沢にて、展覧会図録、美術書、デザイン書、GLAYのツアーDVD・CDアルバムをお譲りいただきました。

Share on Facebook
LINEで送る


人気ブログランキング

本日は、書籍「明治の話題」柴田宵曲・著(ちくま学芸文庫)をご紹介させていただきたいと思います!

IMG_1384

本書は明治30年生まれの作家で俳人の柴田宵曲が、自らが感じた文明開化時代の様子をコラム的に取り上げた、読みやすい一冊!
ガス燈に火を灯す男性を描いた表紙も、今見てみるとコミカルな印象さえ受けます。

目次に目を落としてみますと、「提灯行列」「凱旋門」「花電車」「新内の流し」など戦前までの日本の風物詩であった事柄が記されており、明治から戦前にかけての大衆の生活と、庶民はどのような視点で文明開化を見ていたのかという点が大変面白く、貴重な記録になっております。
ほかにも今は使われなくなった「絵端書」(=絵葉書)「広目屋」などの言葉や、押川春浪、饗庭篁村などなど現在ではなかなか挙がることのない明治時代の文筆家たちの名前もたくさん取り上げられており、大変興味深いです。

特に面白いのは「蓄音器」や「幻燈」「イルミネーション」などの当時の文明の利器についての感想で、正岡子規が病の床で蝋缶蓄音器を聴き、その蓄音機で聞いたうろ覚えの音楽に自己流の歌詞を付けたなどの情報も織り込まれており、この一冊を読めば明治時代についての雑学をたくさん得ることができますね!
「明治は遠くなりにけり」…という言葉もすでに死語となって久しくなりますが、遠い時代に想いを馳せて、秋の夜長の一冊に如何でしょうか?

byこばちゃん


人気ブログランキング

トラックバックURL