「噫医幣」煙雨楼主人(長尾折三)/吐鳳堂

「噫医幣」煙雨楼主人(長尾折三)/吐鳳堂

著者の長尾折三(ながお・せつぞう/1866-1936)は、
・医文学出版人。高松藩医、長尾篤斎(とくさい)の長男。
・名は折三、号を藻城
タイトルになっている「医幣」とは、
「医の弊風・悪習」を表した言葉のようでございます(参照
要は、当時の医学界のあり方を「甚だしい!」と嘆き、糾弾している内容なわけです。
パラパラとめくってみますと、・・おや、なかなかすごいことが色々と書かれています8O:ase1:


よろしければシェアお願いします

2013年10月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP