ハンマースホイ(ハマスホイ)などの美術展図録多数をお譲り頂きました! #デンマーク #東京都美術館

皆さまは「ハンマースホイ」という言葉をご存知ですか?

なんだかマ●オブラザーズの4面あたりに出てきそうな名前ですが、
実は、ある画家の名前なのです。

ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864-1916)はデンマークの画家です。
美術史研究家も思うところがあったのか、昨今では「ハマスホイ」と表記されることが多いですね。

ハンマースホイ作品といえば、やはり室内画でしょう。
彼は自宅をモチーフに実に多くの室内画を製作しました。
しばしば、同じく室内画を多く描いた画家にちなんで「北欧のフェルメール」と称されますが、暖かな日差しと空気をとらえたフェルメールと対照的にハンマースホイの生み出す空間は怖ろしいまでに静謐です。

誰もいないはずなのに、確実に誰かが住んでいる部屋。
部屋の主は、どこかに出かけているのか、それとも戻ってくるのか?
そもそも、画面を通してこの部屋を見ている私は、いったい何者なのか?
そういった疑問や不安をすべて飲み込んでしまうほどに彼の描く空間は深淵なのです。

なかなか知名度の低いデンマーク美術の作家ということもあり日本では長いことマイナーな画家でしたが、2008年に上野の国立西洋美術館においてアジア初の回顧展が開催されたのをきっかけに日本でも徐々にハンマースホイに魅せられる人が増えてきました。

本日、買取にうかがったお客様もその一人。
ご家族の遺品整理とのことでお声がけを頂いた三鷹市にお住いのお客様からは、ハンマースホイの図録のほか、美術展図録・画集・美術評論(智内兄助、藤田嗣治、船越桂、野見山曉治、森本草介、ワイエス、バルテュス)、レコード、CD、昆虫標本をお譲り頂きました。

今回、なぜハンマースホイの図録をピックアップしたかというと、
東京都美術館で2020年1月に12年ぶりとなるハンマースホイの回顧展が開かれるからです!

※公式サイト
https://artexhibition.jp/denmark2020/

当然フジタンも行きます(決定事項)。
ハンマースホイのみならず、デンマーク美術を鑑賞できる貴重な機会ですので、
皆さまもぜひとも北欧の文化に触れてみてはいかがでしょうか。

フジタン


人気ブログランキング

買取品目・ジャンル 美術展図録 美術書
商品名・作品名 智内兄助 藤田嗣治 船越桂 野見山曉治 森本草介 ワイエス バルテュス
出張先・エリア 三鷹市

お問合わせ・買取のご依頼

お問合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問合わせ・買取依頼

関東エリアなら即日買取りもご相談下さい!
チェーン店が積極的に引取りをしないマニアックな本や、内容は良いけど状態の悪い本などもお任せ下さい。

お問合せ・買取依頼

お電話からのお問い合わせは 0120-54-4892

受付時間:9:00~23:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2019年12月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP