東京都練馬区で、美術図録をお譲りいただきました

東京都練馬区で図録をお譲りいただきました。

ジャンルは西洋絵画からやきもの、中でも多かったのは宗教美術関連と浮世絵の図録です。

nerimaku gasyu

2014年に開催されていた「大浮世絵展」です↓

daiukiyoeten


庶民の美術として流行した浮世絵
幕末以降、時期によって物価が変動しますが、浮世絵の大判が現代の価格で約400円ほどだったそうです。
今でいうところの本屋でコミック一冊買って帰る、ぐらいの手軽さだったんでしょうか。(´-`).。oO(すごい時代だ…)


そして今回も私が好きな図録入ってきました
これです!

nichosai

「耳鳥斎」という画号なんですが読めますでしょうか?
「にちょうさい」と読みます。

戯画で有名な絵師なのですが、生涯がほぼ不明(昨今の研究で少しずつ明らかにはなってるらしいですが)らしいです。


とにかくこの方の描く絵がゆるいんですよ

kao

嘘かと思うぐらいゆるい
顔文字にそっくり ( ˙-˙ )

zigoku

釜茹で地獄もこのとおり
熱いどころかいい湯なんじゃないかと疑いたくなります

neko

個人的に笑っちゃった作品を載せたんですが、画風も今のコミックに通じるようなところがあったりとかして古臭さ感じさせないのは素晴らしいですね

 

by ヨシダ


よろしければシェアお願いします

2016年3月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP