東京都港区三田で、『ガレとラリックのジャポニスム (別冊太陽)』をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

東京都港区三田で、『ガレとラリックのジャポニスム (別冊太陽)』をお譲りいただきました!

リピーターのお客さまシリーズ第4弾、こちらも新刊です:hoshi1:

【山根郁信(編)『ガレとラリックのジャポニスム (別冊太陽)』、平凡社、2016年】

mita

 

東京ではこの夏「オルセー美術館特別協力 生誕170周年 エミール・ガレ」展(2016年6月29日~8月28日@サントリー美術館)と、「アール・ヌーヴォーの装飾器」展(同7月6日~8月31日@三井記念美術館)が開催され、アール・ヌーヴォーのガラスや陶磁器に注目が集まっていました。

同書、19頁

同書、19頁より

私も両方見に行き、「実はあんまり好みじゃない…」という想いをあらたにしながらも、面白い発見がいくつかありました。

 

そのひとつが、「エミール・ガレ」展に出品されていた、彫漆の技法を模倣したガラス器。同じものではありませんが、本書に掲載された作品を見てみましょう。

↓こちらのガレ作《牛血紅色旋風文花器》(1895年頃、ナンシー派美術館蔵)は…

同書、104頁より

同書、104頁より

↓《朱漆塗彫漆屈輪香合》(明時代中国、真田宝物館蔵)のような作品にみられる、彫漆の技法を学んだ成果と言われています。

同書、104頁より

同書、104頁より

彫漆とは、器物の表面に何度も漆を塗り重ねて厚みを出し、刀で削り取ることで浮き彫り文様をあらわす中国起源の漆工技法。朱漆を用いた堆朱、黒漆を用いた堆黒が代表的で、東京国立博物館の東洋館などで見ることができます。

渦巻き状の文様(屈輪文)をもつ堆朱で、「朱屈輪」と呼ばれる本作。力強く彫り込まれた曲線は、不思議な生命力をたたえています。

ガレの花器の表面も、深くシャープに彫り込まれており、なかなか迫力を感じられるのではないでしょうか。

ガレは日本や中国、イスラム圏で生み出されたありとあらゆる工芸品を参照し、どん欲に自分の作品に採り入れていきました。個人的には、その試みが成功しているのか疑問に思う作品もありますが、このような斬新で異国情緒あふれる作品が、当時のヨーロッパの人びとを魅了したことは興味深いですね(o^▽^o):hoshi1:

 

By クラニャン


人気ブログランキングへ

お問合わせ・買取のご依頼

お問合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問合わせ・買取依頼

関東エリアなら即日買取りもご相談下さい!
チェーン店が積極的に引取りをしないマニアックな本や、内容は良いけど状態の悪い本などもお任せ下さい。

お問合せ・買取依頼

お電話からのお問い合わせは 0120-54-4892

受付時間:9:00~23:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2016年9月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP