NHKプロモ―ション展博事業本部 様より「藤田嗣治展」、郵政博物館 様より「どうぶつゆうびん局へようこそ!はしもとみおの木彫の世界」展のご案内をお送りいただきました!

NHKプロモ―ション展博事業本部 様より「藤田嗣治展」、
郵政博物館 様より「どうぶつゆうびん局へようこそ!はしもとみおの木彫の世界」展のご案内をお送りいただきました!

藤田嗣治(レオナール・フジタ)といえば、陶器のような乳白色の下地や、柔らかな肌や布や毛並みなどの質感の描きの美しさ。大好きです。
美大時代、画材と技法の授業を講義してくれた先生は、藤田嗣治が大好きで、しょっちゅう脱線してはフジタの話をしていました。しかもなぜか、「つぐじ」という先生独特の呼び方をされていました。私は最初、先生間違って覚えちゃったのかしらとソワソワして授業どころではなかったのですがそうではなく、ただの愛情表現だったようです。
下地の製作実習もありました。麻布に白亜地とエマルジョン地という二種類の方法で地塗りを施します。後にも先にもあんなに豪華な支持体を作ったことはありません。
絵具を作るのにも、石を砕いて、色を取り出して、金色のオイルを細く細く垂らして、練り合わせて…。単なる作業というよりも、これから描かれる絵を呼び寄せるための魔術的儀式のようでした。市販の木枠とキャンバス布とチューブ絵具で絵を描く現在にも、その気配が滑り込んで来てほしい。

はしもとみおさんは木彫りの彫刻家。フライヤーには表情豊かな動物たちがたくさん!個人的には、リアルな動物たちの中にしれっとまざっているツチノコにグッと来ました。
ジャズコンサート、絵封筒教室、ねんどでミニチュアクッキング教室などなど、関連イベント多数。夏休みに遊びに行ったら絶対楽しいですよ!

 

 

没後50年 藤田嗣治 展
◆会期   2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
◆開館時間 9:30~17:30 
      ※会期中の金曜日は20:00まで、8月3日、10日、17日、24日、31日は21:00まで
      (入室は閉室の30分前まで)
◆休室日  月曜日、9月18日、25日
      ※ただし8月13日、9月17日、24日、10月1日、8日は開室
◆入館料  一般1600円 大学生1300円 高校生800円 65歳以上1000円
◆場所   東京都美術館 企画展示室
      (東京都台東区上野公園8-36)

どうぶつゆうびん局へようこそ!はしもとみおの木彫の世界
◇会期   2018年7月14日(土)~9月9日(日)
◇開館時間 10:00~17:30(入館は17:00まで) 会期中無休
◇入館料  大人300円 小・中・高校生 150円
◇場所   郵政博物館
      (東京都墨田区1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9階)

 

お送りいただいた招待券は、希望者多数(スタッフ全員)により、厳正なるあみだくじが行われました。敗れた者たちも、割引券を得ました。ありがとうございました!

 

アラレ

 


よろしければシェアお願いします

2018年8月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP