新宿区弁天町にてお譲りいただきました!:DVD、CD、懐かしの歌謡曲、コミックセット、文学、田中小実昌、新刊書


人気ブログランキング

本日は講談社学術文庫「英国人写真家の見た明治日本」(ハーバート・G・ポンティング著 長岡祥三訳)をご紹介したいと思います!

本書はロンドンで刊行された「In Lotus-Land Japan」(1910年刊)を原著としたもので、この題を訳すと「この世の楽園・日本」となるそうです。
著者のH・G・ポンティングがアジア各国の撮影旅行に出で立ち、日本に来日したのが明治35年頃のことだそうです。
当時の日本は日露戦争の前、日清戦争の戦勝国となり世界の先進国として大きく発展を遂げつつある時代ですが、本書に掲載された多くのポンティングが記録した日本各地の様子は、西洋文化に侵されることのない、繊細で美しい日本人の姿ばかりで驚いてしまいます!
日本人ながらも明治時代の日本人の写真を見る想いは、当時の西洋からの旅行者と同じ感覚なんだろうと思います。
特に京都を訪れた際の項には「私は方々の国を何年も旅行したが、今まで見た中でも、最も優美で心を奪われる都として思い浮かべるのは、この京都である」と記されており、写真の数々もまるで西洋名画を観ているような美しさに心が奪われて
しまいそうです。

一方、日本に来日して驚きの連続が記録してある書籍もあり、こちらはこちらでオススメです!
「ニッポン仰天日記」小学館(ゴードンスミス著 荒俣宏訳)。

こちらは写真キャプションがなかなか振るっており、獅子舞の写真には「わけのわからないパフォーマンスだ」、角力とりを「レスラー」と記してあり、外国人ならではの視点に思わず感心してしまいます(笑)
本書は手彩色やカラーの図録が満載で学術的な部分以外でも、気軽に明治時代の日本を楽しめることができます。
教科書で学んだことに留まらず、当時の庶民の姿を写真には得るものが多く、とても楽しく勉強になります!

byこばちゃん


人気ブログランキング

お問合わせ・買取のご依頼

お問合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問合わせ・買取依頼

関東エリアなら即日買取りもご相談下さい!
チェーン店が積極的に引取りをしないマニアックな本や、内容は良いけど状態の悪い本などもお任せ下さい。

お問合せ・買取依頼

お電話からのお問い合わせは 0120-54-4892

受付時間:9:00~23:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年2月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP