銭湯にはいかれますか?🐵

こんにちは。いつもくまねこ堂ブログをお読みいただき有難うございます。

先日は埼玉県川越市のお客様より、SF、怪奇、ミステリー、ハヤカワ、創元推理文庫、ジョイス・ポーター、ニコラスブレイク、クレイトン・ロースンなどをお譲りいただきました。ありがとうございました。

**********

さて、最近なぜか暖かい日が続いているので、油断して少し薄めのお洋服で外へ出ると、夜はやっぱり寒くなっていて、やってしまった…となります。皆さんは気温差に体調を崩されたりはされていませんでしょうか😫まだまだ気は抜けませんね。

寒い夜、心も体も温まりたくなります。そんな日には、「銭湯」に行きませんか?

私は先日うちの給湯器が壊れてしまって、たまたま地元の銭湯へ行ったのですが、たまには銭湯もいいな~と思いました。広い浴槽になぜだか気分が上がってしまってついつい長風呂してしまったり、日替わりの薬湯なんかもわくわくしている自分がいました😂

 

そこで今日ご紹介する書籍がこちら。

 

「浮世風呂」。江戸時代の銭湯についての書籍です。今とはちょっと変わった風習なんかもあったり。

例えば、

こちらの画像を見ると、男女混じっているのが分かりますね。手前側にいる女性は湯女っぽい感じがします。背中を流してあげているのでしょうか。

昔は男女混浴だったようですが、何度か禁止令が出され、実際に厳しくより閉まられたのは天保の改革からだそうです。とはいえなかなか長年の風習がそう簡単に変わるはずもなく、男女きちんと分かれるようになったのは明治中期頃だそうです。

しかし、江戸時代に男女分けられるようになったというのも、仕切りを設けた程度だったようで、男性は女湯を覗いたりしている人もいたそうですが、江戸っ子はカッコつけて、「女湯を覗くなんて田舎モンのやることでい!!」といっていたとか。今じゃ覗きはもちろん犯罪になりますから、案外江戸っ子の子の精神は素敵(?)なのかもしれませんね笑

 

こちらは湯屋の看板と番台の画像。この番頭さん、渋カッコいいですね~!私の地元の銭湯は、おじいちゃんおばあちゃんが多いです。若い人にも銭湯ブームが来て、いつか若い番頭さんがいるようになったらおもしろいな~と思っています

 

こちらの画像では、楽しそうに笑いながらお湯に浸かっている方なども見受けられます。今は、あんまり近くの方とお話しながら湯船に浸かるという感じはしませんが、こういったご近所付き合いみたいなのもいいですよね。これも銭湯の醍醐味だったりすると思います。

 

今、銭湯に行く人が減っているようですので、日本の昔からの良い伝統をこれからも守るために、私はちょこちょこ銭湯に通おうと思いました😌

 

くまねこ堂では古本だけでなく、古道具、時計、アクセサリーなども買い取り対象ですので、ぜひご処分にお困りの方はお気軽にご相談ください。また、ご整理依頼も大歓迎です。

お電話またはメールフォーム、LINEにて、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 


人気ブログランキング

お問合わせ・買取のご依頼

お問合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問合わせ・買取依頼

関東エリアなら即日買取りもご相談下さい!
チェーン店が積極的に引取りをしないマニアックな本や、内容は良いけど状態の悪い本などもお任せ下さい。

お問合せ・買取依頼

お電話からのお問い合わせは 0120-54-4892

受付時間:9:00~23:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2021年2月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP