大河ドラマはご覧になっていますか?🤩江戸末期~明治の錦絵

こんにちは。いつもくまねこ堂ブログをお読みいただきありがとうございます。

東京では桜もすっかり散ってしまい、半袖でも過ごせるような日も増えてきました。桜が散ってしまうのは寂しいですが、夏がくるのも楽しみです。

先日は江東区のリピーター様より美術書、骨董の本、歴史、全集などをお譲りいただきました。有難うございました。

 

**********

本日は、タイトルにもある通り、大河ドラマにちなんだ幕末の錦絵が掲載された書籍を紹介させていただきます。

この本は、赤穂浪士から幕末まで書かれておりますが、今回は幕末の部分を紹介させていただきますbud.gif

こちらは黒船来航を描いた錦絵です。人びとが驚いている様子が伺えますね。

とんでもなく大きく恐ろしい船が来たという風に授業で習ったり、様々な本で読んだりするのでそう思いがちですが、実はたいした大きさではなかったのだとか(個体差はあります)。ただそれは現代人にとって、のお話ですので、もちろん当時の人々からすればものすごく巨大な船に感じたことだと思います。

何回か前の大河でも、黒船来航のシーンがありました。モーリーロバートソンさんのペリー役、すごくハマっていましたよねhappy0065.gifお顔まで教科書に載っているペリーそっくりで、再現度が高かったです。

こちらは、安政の大地震の様子。大河では藤田藤田東湖が亡くなるシーンが印象的でしたね。実際に藤田東湖は、自分の母親をかばって、瓦礫の下敷きとなり亡くなってしまったそうです。

こちらは井伊直弼の暗殺の錦絵です。桜田門外の変ですね。井伊直弼と聞くと、どうにも悪い人のように感じてしまいがちですが、この時代は様々な思想があり、勉強していくとなんとも言えない気持ちになるんです。まさしく、正義の反対は悪ではなくもう一つの正義、ということでしょうね。それぞれが良かれと思いやっていることが違うだけで、みんな国を変えたいという強い気持ちをもっていたのです。

そうして現代で幕末志士だとかと呼ばれる若者たちが誕生していくわけです。

昔は今に比べて人の寿命が短かったし、殺されたり戦だったりで、今でもそうではありますが、本当にいつ死ぬかわからないし急に死んでしまう(或いは殺されてしまう)確率が今よりも圧倒的に高かったですから、若いうちから高い志をもった人が多かったのでしょうか。前述したことだけが理由とは限りませんが、志士と呼ばれる偉人たちは、みんな生き急いでいたように感じます。

今は、そういったエネルギッシュな若者は少ないような気がするので、焦る必要はないですが、わたしも含めて偉人たちから見習わなくてはならない部分が沢山あるなと改めて感じました。

 

 

くまねこ堂では古本だけでなく、古道具、骨董、アクセサリー、古いおもちゃなど様々なお品物の買取を行っております。ご処分やご整理にお困りのお客様は、ぜひくまねこ堂までお申しつけ下さいませ。

 お電話またはメールフォーム、LINEにて、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング

買取品目・ジャンル 美術書、骨董の本、歴史、全集
出張先・エリア 東京都江東区

お問合わせ・買取のご依頼

お問合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問合わせ・買取依頼

関東エリアなら即日買取りもご相談下さい!
チェーン店が積極的に引取りをしないマニアックな本や、内容は良いけど状態の悪い本などもお任せ下さい。

買取のご依頼はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-54-4892

受付時間:9:00~23:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2021年4月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

くまねこ堂 古本出張買取対応エリア

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP