気をつけろ!スパイがゐるぞッ(昭和16年)


人気ブログランキングへ

 

先日入ってきた「戦時広告図鑑(町田忍/WAVE出版)」という本を、

パラパラとページをめくっておりましたら、こんな広告が目に飛び込んできました。

これは昭和16年7月2日の朝日新聞の広告だそうです。

今わが国の上にはスパイの網が、がんじがらみに張りめぐらされています。
スパイは敵国人だけとは限りません。同盟国でも親善国でも、防諜に関する限り、
心は許せない。又日本人でさえも、たとえそんな心がないにせよ、
国家の事や会社や工場の内輪話をウッカリしゃべったり書つぶした書類を焼捨てもしないで
屑箱に捨てたりすると、それがそのままスパイ行為となる事もあります。
又機密を盗んだり聞き出したりするだけがスパイではない。敵国からは映画や手紙や甘言等
あらゆる手を?して人心撹乱を目的とする謀略的宣伝が不断に行われている。
これを真に受けると敵の思う壺です。吾々は皇国民たる信念のもとに
真相と謀略宣伝とを選分ける防護常識を?ふべきです!

(2か所ほど漢字がわかりませんでした、すみません)

さらに、こんな記述もありました。
手紙の文章にも注意が必要として、例があげられています。

「私もおかげさまで当地に疎開してからはBさん(B29)のご来客もなく
 日夜安眠出来よろこんでいます。しかし村の人の話によれば近くここにも
 某飛行機会社が移ってくる由です。せっかく逃れてきたところですがこうなると
 早いうちにまた疎開した方がよいと思います」
という文に対して、
「この文は自らの疎開を逃避行と考えた憎むべき卑劣な態度であるばかりでなく、
 戦力増強のための工場疎開を妨害し無意義なものにしているのである」
(朝日新聞、昭和20年4月29日)と厳しく指弾している。

こんな手紙ですら糾弾されるとは・・なんとも恐ろしいですね。
こんな時代がまた来ることのありませんように・・


よろしければシェアお願いします

2012年7月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP