お顔のシミを増やさないためにぃぃぃ


人気ブログランキングへ 現在3位です(本・読書部門)、どうもありがとうございます!

「免疫力を高める眠り方」という本を読んでいたんですけれども。

———————————————————–

<寝不足がつくるシミやソバカス> (ギャァァァァーーー(゜Д゜))

肌の再生サイクルは28日。健康に生活をしていれば、28日ごとに細胞は新しく、
つやつやの新しい肌が生まれているのです。
しかし、生活リズムが乱れ寝不足になると、再生が思うように進まず、
古い細胞が残ってしまいます。
その結果、肌がぼろぼろになるだけなく、体の内側からもどんどん老化が進んでしまうのです。

紫外線によって体内に生成される「メラニン色素」という言葉を聞いたことはありませんか?
新陳代謝が活発ならば、生成されたメラニン色素は、垢として排出されます。
しかし、新陳代謝が悪くなってくると、
排出しきれないメラニン色素が
体内に残ってしまいます。これが、シミやソバカスです。

メラトニンや成長ホルモンには新陳代謝を活発にされる働きがあります。
メラトニンの分泌量が減ってしまうと、新陳代謝の昨日は弱まってしまい、
肌も再生されにくくなります。

しかし、安心してください。メラトニンは、きちんとした睡眠によって確実に増やすことができます。
メラトニンをつくり出すコツは、生活のリズムをつくること。
生活が不規則になると、体が混乱します。

毎日同じ時間に眠りにつくことは、非常に大切なことです。脳は睡眠をとる時間になると、
メラトニンを分泌します。本来は、体内時計に分泌の時間がセットされているのです。
通常では、午後8時から9時にかけて分泌が始まります。しかし、不規則な生活で
睡眠に入る時間がまちまちになると、脳は混乱をきたし、体内時計が狂ってきます。
すると、夜になっても眠くならないようになってしまうのです。

理想を言えば、夜10時から睡眠をとるのがベスト。
その理由は、先述したとおりです。
(人間の成長や細胞の再生を促す成長ホルモンが、主に睡眠中に分泌され、
 午後10時から午前2時にかけてもっとも活発に分泌されるため)
たとえ眠れなくても、その時間に布団で横になる習慣をつけていくと
体内時計がリセットされ、メラトニンがきちんと分泌されるようになります。

(中略)

そうして、深い睡眠を重ねていくとあなたは老化をしなくなります。
睡眠によって、新しい細胞に生まれ変わっていけば、
体の内側から、あなたはどんどん若返っていくのです。
質の高い睡眠を実践していくと、朝起きたら赤ちゃんのようなツルツルの肌の
美肌美人に生まれ変わっているということも、決して夢ではありません。
(「免疫力を高める眠り方」より抜粋)

———————————————————–

そうなのよねーー、健康にも、そしてお顔にシミを増やさないためにも(汗)
午後10時から午前2時は寝たほうがいいってずっとわかっちゃいるんだけどねーー
でも実践するのは現実的にはやっぱり難しい・・・:ga-n:

またこの本の中では、7時間半の睡眠がベストだと書かれています。
午後10時に寝て7時間半眠ったとしたら、
・・・起きるのは午前5時半かあぁぁ・・・:naku:ムリポー


よろしければシェアお願いします

2012年8月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP