早川雪洲・昭和25年の映画パンフ/埼玉県川口市と千葉県市川市で、ビジネス書、実用書、語学書、美術書、展覧会図録、絶版漫画、DVD、別冊太陽、昭和20年代の雑誌などお譲り頂きました。


人気ブログランキングへ   現在1位です(本・読書部門)、どうもありがとうございます!
(久々の1位です、皆様どうもありがとうございます!

 

昨日の記事でご紹介した古いパンフレットたちを
早速眺めて楽しんでいたのですが、
お、表紙にセッシュー・ハヤカワ(早川雪洲)の顔を発見:roll:

遙かなり母の国」1950年/大映/伊藤大輔監督

———————————————————–

セッシューをご存じない方へ・・
早川雪洲(1886 – 1973年)はサイレント期にハリウッドで絶大な人気を誇った
日本人俳優でございます。
詳しくは過去ログを見てね!:roll:

ハリウッドで大スターになった日本人・早川雪洲(2008/4/4)←映像もちょこっと見れますよ!
ハリウッドで大スターになった日本人・早川雪洲(2) (2008/4/5)
早川雪洲大一座、戦前チラシ(2009/9/17)
早川雪洲 直筆サイン入りブロマイド(2011/6/28)

———————————————————–

これは1950年(昭和25年)の映画ですから、セッシューはもう64歳なんですね。

セッシューの恋人役は、若き日の山田五十鈴
私はずっと、おばあさんになってからの山田五十鈴しか知らなかったんですけど(;^^)
先日、成瀬巳喜男監督の「流れる」を見て、
うわあ~、若い頃はこんなにキレイで色っぽかったんだあ!8O とビックリしました。
この写真の五十鈴さんも、可愛いですよねえ:oops:

 

山田五十鈴の娘役に、京マチ子。こちらも若い!
映画界にデビューしてから、わずか1年目の大役だったそうです。
パンフレットには、セッシューに関してこんな言葉を寄せています。
「世界の盟友セッシュウ・ハヤカワと言うと一寸近寄りがたい感じが致しますが、
 初めて東京でお目にかかつて以来、京都撮影所でお仕事を一緒にさせて頂きまして、
 そういう感じが杞憂であった事がわかりました。
 国際的な生活の礎にみがかれた宗教的な御心境、自由な物の考え方、
 流石は大家と感銘され演技面のみでなく精神的に教へられる事が多く、
 その温顔に接する毎に作品中の親子のような錯覚に陥る事さえあるのです。」

そしてセッシューはこの映画に対して、こんな言葉をパンフレットに寄せています。
「之からの日本映画は日本のマーケットばかり狙わず
 アメリカへも持って行ける物を作らねばならぬ。
 そう言った目的に副(そ)うためには演技的にも
 従来の芝居でなく外国人に見せてもわかるもの、
 そして人間味を持って真面目にやる事が大切だ。
 事件は盛沢山にしてテンポは早くする。
 そういった映画の第一陣に立つものとして此の映画で
 私は日本映画に於ける新しい演技を打ち樹(た)て度(た)いと思つている。」

セッシューも、監督の伊藤大輔も、
この映画を海外に輸出したい、国際的映画に作り上げたいと思っていたようです。
その願いは、叶ったのかしら?
そしてどんな映画に仕上がったのかなあ、見てみたいですが、
DVD等は残念ながら存在しないようですね。

———————————————————–

今日は埼玉県川口市と千葉県市川市で、
ビジネス書、実用書、語学書、美術書、展覧会図録、絶版漫画、
DVD、別冊太陽、昭和20年代の雑誌などお譲り頂きました。
どうもありがとうございました。


よろしければシェアお願いします

2012年10月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP