サボテンに落書きしないでハガキ /千葉県船橋市で、カルビー仮面ライダーカード、腕時計、古銭、切手などお譲り頂きました。


人気ブログランキングへ 現在4位です(本・読書部門)、どうもありがとうございます!

 

気になる絵ハガキがっっ!! ドキ((*゚д゚*))ドキ

 

 

・・・・・おヒゲもすごーく突っ込みたいところだけど(;; ・`д・ )ゴクリ
それよりも押さえておきたい重要ポイントはこちらだ!

 

 

「らくがきを しないで下さい サボテンが可哀想ですから」

 

ステキです!!(TДTノノ”☆

サボテンに対するおじちゃんの温かい愛情が、ひしひしと伝わってきます!!
素晴らしいです!!
そうだよ、サボテンにらくがきなんかしちゃダメだよっ!!:baikin_1:

さて、このハガキの裏面を見てみると、
「宮崎県国定公園日南海岸/小弥太郎サボテン公園/
 らくがきをしないで下さい。サボテンが可哀想ですから。」
と、タイトルが書かれています。
早速、ググって調べてみました:roll:

———————————————————–

日南海岸追走~失われた風景を偲ぶ サボテンハーブ園

「サボテンハーブ園」はその名が示すように「サボテン」と「ハーブ」をテーマにした施設で、
「日南海岸」の観光名所のひとつとしてよく知られていた。
そもそもは1937年(昭和12年)、「小弥太郎峠」に数種類のウチワサボテンを200本植えて
「サボテン林」を作ったのが始まりという。宮崎交通初代社長を務めた岩切章太郎氏の発案で、
青島と鵜戸神宮との間に新たな観光名所を創出することが目的であったらしい。
その後移転し、「サボテン公園」として開園したのが1951年(昭和26年)のことだ。

やがて1955年(昭和30年)に「日南海岸」が「国定公園」に指定され、
さらに1960年代になって皇太子と美智子妃殿下(現天皇・皇后)夫妻の来県や
宮崎を舞台にしたNHK連続テレビ小説「たまゆら」の放映などが重なり、
「日南海岸」は全国的に知名度を増して、昭和40年代の「新婚旅行ブーム」を迎えるのだが、
そのブームの渦中にあって「サボテン公園」は「日南海岸」の観光名所のひとつとして
充分にその役割を担った。海岸の丘陵の斜面を埋め尽くすサボテンの景観は異国情緒に溢れて、
訪れる人にも新鮮な驚きを与えたものだったろう。

やがて「新婚旅行ブーム」も過ぎて、「日南海岸」と宮崎の観光が斜陽の時代を迎えると、
「サボテン公園」への客足も落ちた。
「サボテン公園」から「サボテンハーブ園」としてリニューアルされたのも、
「日南海岸」の観光名所のひとつとしての新たな魅力の創出を試みたものだっただろう。
「サボテンハーブ園」へとリニューアルされた後も劇的に客足が戻ることはなかったが、
古くからの知名度もあり、「日南海岸」を代表する観光地のひとつとしての役割を担ってきた。
しかし、2004年夏、宮崎を襲った台風によって「サボテンハーブ園」も壊滅的な被害を受けた。
復旧したところで客足が戻る期待もなく、園は営業継続を断念、
2005年3月31日をもって休園、事実上の閉園へと至ったのだった。

http://www.natsuzora.com/iris/remembrance/saboten.html

———————————————————–

このサボテン公園はもう無くなっちゃったんだ・・そうなんだ・・(;Д;)オジチャン…
昭和40年代に宮崎で「新婚旅行ブーム」があったんですね、
その頃訪れたご夫婦にとっては、きっと素敵な思い出あふれる場所だったことでしょう。

———————————————————–

今日くまきちは、千葉県船橋市で、
カルビー仮面ライダーカード、腕時計、古銭、切手などお譲り頂きました、
どうもありがとうございました!


よろしければシェアお願いします

2012年11月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP