昭和39年新潟大地震の資料 /東京都大田区下丸子と千葉県船橋市で出張買取りでした。


人気ブログランキングへ 現在4位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

本日は、本と共に色々な資料が入ってきました。
持ち主様は新潟のご出身だったのでしょうか、
新潟に関する古い資料や古い写真とともに、1冊のファイルが。

昭和39年(1964年。東京オリンピックが開催された年。)に
新潟で大きな地震があったのですね、知りませんでした(新潟地震/Wikipedia)。
Wikiによれば、震源付近の自治体では震度6相当だったそうです。

(各写真の解説は、写真の裏側に書かれたメモ書きです。)

「万代橋西詰 中央署武道館の浸水・倒壊」

 

「新●(←文字読めず)交通車庫 信濃川右岸(東新●) うめたて地」

 

「白山駅プラットフォーム ならびに白新線の起ふく状況」

 

「昭和大橋 西側よりみる」

 

「万代橋西詰 噴出した土砂の搬出」

 

 

「附舟町附近の水害」

 

一緒に入ってきました「毎日グラフ 臨時増刊 1964.6.30『新潟大地震緊急詳報』」では、
こんなふうに地震の緊迫を伝えています。

———————————————————–

六月十六日午後一時二分、運命的な瞬間だった。グラグラッとゆれ動く大地。
そしてまっ黒な、太いキレツが走った。
倒潰する家屋、傾くビル、巨大な裂け目に落ちこんだ自動車、倒れかかる電柱と街路樹。
人々の口から恐怖の叫び声と悲鳴がもれたのは、
異常に長く感じられた五分間の振動が終わってからだった。
震源地にもっとも近い新潟市は”全滅”に近い惨状、市民はこの瞬間から
恐怖と不安のどん底に突き落とされた。

(中略)

地震についで市をおそったのは、もり上がった信濃川の水と、あちこちから起った火事だった。
信濃川をはさんだ下大川前と流作場では、民家も官庁もあっという間に浸水、
川のようになった道路を、家財道具を背負った人が右往左往して避難所をさがし求めた。

最大の火災は、市がほこる臨海工業地帯のガソリンタンク爆発だった。
昭和石油の四万五千キロリットル・タンク二基をはじめ、十二基のタンクがつぎつぎに誘導、
二日間にわたって燃えつづけ、十七日には民家に燃えひろがった。
浜松町の日本ガス化学工場のメタノールガス噴出、新潟港内に流出したガソリンに引火、
つづいて津波警報など”水攻め火攻め”といえるほどの災害がおそいかかった。
 

泥海のような町を、突っきって火災現場に到着した消防車も、かんじんの水がなく、
完全にお手あげ、もえ上がる炎をぼう然と見つめるだけ。
十七日からは破壊消防にのり出して、かろうじて延焼を防いだ。

倒れた家の前に、子供が毛布をかぶって眠る。
乳飲み子をかかえて途方にくれている母親、泣きながら両親を探している子供・・・
「これが新潟の町か、道も、家も家族もわからない」
とつぶなきながら放心した人たちが群がっていた。

(抜粋)

———————————————————–

これほどの甚大な被害を思うと、死者の数が26人に抑えられたというのは
驚異的にすら感じます。
しかしこういった過去の大地震の記録を読みますと、
日本という国は地震と復興の繰り返しの歴史なのだということを、改めて感じさせられます。


よろしければシェアお願いします

2012年12月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP