推理小説・ミステリーの本・古本、出張買取大歓迎です!

出張買取のご案内はこちらです!→くまねこ堂ホームページ —————————————————————- ああ・・・なんだか忙しいぞ・・・(汗) 何から手を付けていいのかわからなくてオロオロしちゃう(涙) そして無駄にワタワタオロオロしているうちに時間が過ぎてっちゃう(泣) ヒー!ヽ(TДT;≡;TДT)ノ ヒー! (-ω-∥) こういうときはですね、落ち着いて、仕事に優先順位をつけなきゃダメなんです、 ビジネス書で学びました。 優先順位の高い仕事から、順番に片付けていくんです。 「優先順位が高いのはわかってるけどキライな仕事だから  後回しにしちゃえ、てへっ♪」 じゃ ダメなんだよ自分! いい加減学習しろよ自分!(メTДT)凸 (一人逆ギレ) ところで、次回の「サンシャイン大古本まつり」の目録を、おおかた書き終えました! (原稿の締め切りは1/28なんだから  今の優先順位はかなり低いんじゃないか?って気が  激しくするけどね、フッ(; ̄ー ̄)ノ彡 ) 以前予告したとおり、今度の催事では「ミステリー・推理小説特集」をしよう!と はりきっております。というわけで目録も推理小説がメインです、楽しいです♪ 私は昔から推理小説はけっこう好きなんですけど、でもしょせんは素人の本好きレベル、 古本屋妻になるまではまったく知らなかった作家の名前もたくさんあって、 「何て奥深いんだ・・プロってすげえぇぇ(屮゜ロ゜)屮」 と感心することしきりです。 今回目録に載せる「弁護側の証人(小泉喜美子)」のカバーに、 ミステリは日常生活とはまったく関係のない贅沢な、 上等のお酒みたいなものだと思います。 という作者の言葉が書いてあって、思わずうんうんとうなずきました。 実際に身の回りで殺人事件やら何やら起こったらたまったもんじゃないから(笑) 現実から離れたところにある、と思えるから楽しいのよね。 ちなみにこの本面白いらしいんで、読んでみようっと! そうそう、まだ未確定なんですけれども、来週また推理小説の古書で 面白い出張買取が入りそうなんです!楽しみだなあ!

よろしければシェアお願いします

2009年1月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP