「面」で意表を突かれた!&深川能楽サロンに行ってきました /東京都墨田区、荒川区で、サンリオSF文庫、ハヤカワブラックユーモア選集、歴史書、文学書、社会科学、講談社学術文庫、岩波文庫、写真集、音楽書、サブカルチャー、専門書などお譲り頂きました。


人気ブログランキングへ 現在2位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

買い取りで入ってきた骨董品の中に、こちらの箱を発見。

 

まあ、「面」ですって!!∑(゜∀゜*)

お能好きのワタクシ、てっきり能面的なものを期待して
ワクワクしながら箱を開けたのですが・・・・??

 

 

 

 

 

意表を突かれたわーーー!! щ(0Д0)щ

 

・・・ひょっとして、

コジコジ」の世界のかたですか・・?(; ・`д・´)…ゴクリ

 

 

・・・・・・・しかし、しばしのショック(?)からさめて改めて見てみると、

 

これ、面白いジャン・・・・・(〃 ̄ー ̄〃)ふふふ

ユーモラスで楽しいですよね、
こんなの部屋に飾ってあったら、きっとみんなで明るくなれるだろうなあ(笑)
作者は清水源二(陶名)北條というかただそうでございます。

———————————————————–

今日は清澄庭園内にある大正記念館で、「深川能楽サロン」に参加してきました、
江東区在住の能楽師、桑田貴志さんが能楽普及活動のために
毎年行っておられる会だそうです、面白かった~!:wa-i:

しかしすごいなあと思いました、2時間以上も、お一人でずーっと解説をしゃべり続け、
合間合間に謡や舞も見せて下さり・・・
昨今は、クラシックのコンサートですら
合間におしゃべりコーナーを挟むことも珍しくなくなってきましたが、
今どきの演者の皆様はお話も上手じゃないといけないのねえ、大変だなあ:shock: :ase1:

日本人の想像以上に海外で世阿弥の名前は知られていて
水星には「世阿弥クレーター」なる物まであるとか、
幕末に薩摩の人と会津の人が話した際に、方言が強くて言葉が通じず、
謡の言葉で会話してやっと通じたという逸話など、
お話の中に様々なトリビアが散りばめられていて面白かったです。

そしてすぐ目の前で演技や能面、装束なども拝見でき、すごくワクワクしました!
もっともっと謡を聴いていたかったです(ステキなリリックテノールのお声でした、
オペラでしたらベッリーニの役とか合いそう・・:oops:)、
来月観にいく「井筒」の公演が今からとっても楽しみです!!
「桑田貴志 能まつり 「井筒」平成25年6月2日(日) 14:00開演」

 


よろしければシェアお願いします

2013年5月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP