茨城県水戸市で買い取り、偕楽園にも行ってきました! /貴金属、金杯銀杯、カメラ、食器、郷土史、教育学の専門書などお譲り頂きました。


人気ブログランキングへ    現在3位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

今日は、茨城県水戸市まで一緒に買取りに行ってきましたー!

守谷のパーキングで腹ごしらえ。
コーヒーのカップが、茨城のヒーロー”イバライガー”!

 

買い取り先では、主に貴金属、金杯銀杯、カメラ、食器、郷土史、教育学の専門書など
様々なお品物をお譲り頂いたうえ、おみやげまで頂戴してしまいました、
誠に恐縮です、どうもありがとうございます!:kaoemoji2:
有名なお菓子なようです、おいしそう!「シューあら大福

 

お仕事が終わった後は、以前からずっと行ってみたかった偕楽園へ!

 

金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに、「日本三名園」の一つと言われる偕楽園。
やはりすごくステキでした :oops:
あいにくの雨で、時間もあまり無かったため、
広大な庭園のごく一部しか見られず残念だったのですが、
きちんと整備された美しい緑あふれる庭園で、素晴らしかったです。
今度またゆっくり訪れたいなあ!(><)

 

左近の桜」。

 

偕楽園内に趣きのあるたたずまいを見せる、「好文亭」。

偕楽園創設者である徳川斉昭が、文人墨客や家臣、領内の老人らを集め、
ここで詩歌や慰安会を催したのだそうです。
徳川斉昭(1800~1860年)は常陸水戸藩の第9代藩主で、
名君として知られ、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の実父でもあります。

 

好文亭の2階から見える景色。
後ろのほうには千波湖(せんばこ)という大きな湖も見え、美しい眺めでした。

 

偕楽園を楽しんだ後は、おいしいウナギを食べに行きました!
ぬりや

テーブルに着くとまず、うなぎの箸置きに胸キュン!
にょろり具合とつぶらな瞳が可愛い~~~~!!(*´∀`*)

 

こちらのお店では、ごはんの上にウナギが乗っているタイプと、
ごはんとウナギが別々に盛られているタイプがあるのですが、
くまきちが頼んだ後者はこんな感じ、これはインパクトがあって見た目も楽しい!
織部の大きな器もステキでした。

 

さすがの名店、味もとってもおいしかったです!
ウナギはもちろん、山椒もおいしかったなあ~~(*´¬`)
「肝煮」(←名物メニューらしい)もぜひ食べてみたかったのですが、
前もって予約が必要なことが多いそうで、食べられなくて残念、、、

 

お店のすぐ向かいには、古くて趣のある銀行が。
旧川崎銀行水戸支店(1909年(明治42年)竣工)

 

水戸は、そこかしこに古い建物も残っているようで、散策したらとても楽しそうですねえ・・・
またゆっくり行きたいなあ!!(><)

 

 

 

 


よろしければシェアお願いします

2013年5月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP