東京都世田谷区でお引っ越しに伴い、古本、古書、食器(香蘭社、切り子)などをお譲り頂きました。

出張買取のご案内はこちらです!→くまねこ堂ホームページ
—————————————————————-
さて、昨日の続きです。
2件目は世田谷区で出張買取りだったのですが、嬉しいことに、
以前お伺いしたことのあるお客様からのご紹介でした!
(時々コメントも下さるお客様ですよね・・?どうもありがとうございます!(人>∀<) )
1件目も2件目も「しゅてき~(*´ω`)♪」な買い取りだったわけですが、
2軒のおうちに共通したのはいずれも「持っておられる品物のセンスの良さ!ヽ(゜ω゜)ノ 」
だそうです。こういうのは例えばお金持ちならばいいのかというと
必ずしもそうではなく、センスが良くなければ良い品物は揃わないのです、
やはりセンスや目利きが一番大切なのですね。

では商品のご紹介の続きです。今日は古本屋らしく、本からいきましょう(笑)

「戦争論」フェルヂナン・フォッシュ元帥著、伊奈重誠訳/山本書店/昭和10年発行
「戦争論」といえばクラウゼヴィッツを連想するけれど、
これはフェルディナン・フォッシュ元帥という人が書いたものです。
Wikipediaによれば、この人は1851年~1929年のフランスの陸軍軍人だそうです。


「風景の死滅」松田政男/田畑書店/1972年3版発行
表紙を開くと、

「写真提供:中平卓馬」とあります。
(でも写真提供と書いてある割には、本文には1枚の写真もないのだけれど・・)

ちっちゃいものシリーズ!帯留め。

上は珊瑚で出来ています、果物です。
下の松ぼっくりの見事な細かい造形、ため息がでるばかり!


上は翁のお面と扇子ですね。下は薔薇の花、サンゴで出来ています。


小物入れ。

あと香蘭社の食器も色々お譲りいただいたのですが、こちらはお酒用の食器。

同じく香蘭社の時計。素敵ですねえ。濃い藍色って、ノーブルで素敵だわ。

このたびは良いお品物をたくさんお譲りいただきましてどうもありがとうございました!
「昭和40年代以前に建てられたおうちの
 引っ越しや解体などに伴う片付けでしたら、
 ほぼ確実に喜んでお伺いいたします!ヽ(≧ω≦)ノ 」

—————————————————————-
コメント:
古家より 2008/12/26 10:10
寒い中お越し頂いて、汚いところで長々とお引き留めし、申し訳ありませんでした・・・・お茶一杯も差し上げなくて反省
お持ち頂いたものを気に入って頂けたようで、喜んでおります
たいへんお褒め頂いておりますが、我が家は資産家でも
趣味人でもなく、祖父の代から給料で暮らす庶民
ただ祖父も父も母も学校に職を得ていた関係から少しは
文化的な物を大事にする気風と、貧しさ故に、ものを捨てない
と言う暮らしを続けてきたのではないかと思っております
結果、処分に困る大量の雑物を抱え込むことになってしまったのですが・・・・
ここのところ実用、非実用と金銭的な価値だけが幅を利かす風潮ではありますが、もう少し別のアングルからものを見ることも大事ですね
面白いとか、気に入るとか
なかなか整理が進みませんが、玄関にぶら下がっていた
例のもの、湊谷さんのためにキープしておきますね
またよろしくお願いします

kumanekodou 2008/12/26 18:17
くまねこ堂・妻のにゃん子と申します、はじめまして。
一昨日は主人が大変お世話になりました、
そしてご丁寧にコメントまでいただきまして感激しております、
どうもありがとうございます!
一昨日は買い取らせていただいた品物を私に見せながら、
あれやこれやと嬉しそうに解説しておりました(^^)
文化的な物を大事にする気風というのはとても素敵ですね、
おっしゃるとおり「実用、非実用と金銭的な価値」だけではなく、
末永く大切に使いたくなる物、使えば使うほど味が出てくる物、
そういった物に囲まれて生活できたら素敵だなあと思います(^^)
古い物は魅力的です、その物が持つ歴史や歩んできた道のりを想像するだけで、胸が高まります。
それでは、また機会がございましたらぜひよろしくお願いいたします。
このたびは本当にどうもありがとうございました!


よろしければシェアお願いします

2008年12月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP