タヌキさん→文福茶釜→月岡芳年


人気ブログランキング

パンダ子(3歳娘)向けの、可愛い郷土玩具が入ってきました


肥後民芸「彦一こま

 

あら可愛い~(*´∀`*)
そしてこのタヌキさんは、4つに分解することができます。
分解すると、

4つの独楽(こま)に変身!

「彦一こま」という名前は、彦一とんち話に由来するそうですよ。

九州が生んだ頓智者彦一については沢山の小話があるが

人をダマス狸も彦一に逢うては手も足も出ず
遂に彦一の家来となって従順したという・・・
この有名な小話を作品化したものである。(説明書より)

飾って良し、遊べて良しの、楽しい郷土玩具ですね(^^)


もう一点、狸つながりでご紹介いたします。
手のひらサイズの小さな急須、
その意匠は・・

 

ぶんぶく茶釜!

持ち手は、クルンと回ったおシッポです♪

 

文福茶釜のお話は、パンダ子にもこちらの絵本ですっかりおなじみなので、
喜んでおりました(^^)

 
ぶんぶくちゃがま (日本昔ばなし アニメ絵本 (11))


ちなみにこちらは、月岡芳年(1839~1892)が描いた文福茶釜です。


月岡芳年「新形三十六怪撰 茂林寺の文福茶釜」

僧侶の姿をした狸さんが、机にもたれかかって
物思いにふけっているようです。可愛らしいですね(^^)
左側の囲炉裏に吊るされた釜が、文福茶釜の物語を想起させます。

狸さんの黒い瞳には、知性と思慮が感じられます。
彼の胸を去来するものは、一体何なのでしょうか。

 

参考文献:
emoji310.gif「月岡芳年 妖怪百物語」
日野原健司、渡邉晃 (著)/太田記念美術館 (監修) /青幻社

 

emoji310.gif「ぶんぶくちゃがま」日本昔ばなしアニメ絵本 (11)
柿沼美浩(著)/水端せり(編集)/ニヘイ ジュンイチ (イラスト) /永岡書店


人気ブログランキング


よろしければシェアお願いします

2017年11月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP