失敗の教科書

出張買取のお申し込み:メール→くまねこ堂・買取フォーム 

応援クリック、ぜひお一つお願いいたします! :yubiright:

現在3位です、皆様どうもありがとうございます!!

こちらの本を読みました。

「失敗の教科書」宮下裕介/扶桑社

手塚治虫、小澤征爾、矢沢永吉、安藤忠雄、羽生善治、
モーツァルト、スティーブ・ジョブス、オバマ大統領といった
17人の偉人・有名人の「大失敗」を取り上げ、
失敗にどう対処すれば人生がよりよいものになるか、
失敗との向き合い方、付き合い方が書かれている本です。

人の失敗談って、正直すごい興味がありますよね(笑)
それを聞くことによって
「あ、なんだ、こんなすごい人でも色々失敗してるんだな!(´∀`)ノ」
と、勇気が湧いてくるし。
そしてまた、その失敗をいかに克服しプラスに転じさせたかのプロセスが聞ければ、
とても勉強になりますし。

この本の中で、例えばオバマ大統領のくだりで、こんなことが書かれています。
(オバマさんは誰もが知っている通りアメリカ史上初の黒人大統領ですが、
 黒人と白人の混血であることから味わった矛盾や葛藤、
 そして時に人間扱いされないような許し難い差別を受けてきたりと、
 その生まれゆえに様々な苦渋を味わってきたわけです。)

人はそれぞれ、さまざまな境遇の中で生きています。
子どもの頃から恵まれない環境にある人たち。
この不景気の中で、希望の進路に進めない人々。
人間関係に恵まれずに、孤独に生きている人々。
しかし、その負の環境は、その時は苦しくてつらくて仕方ないとしても、
それは紛れもなく何かを成し遂げるための大切なエネルギーなんですね。
言ってみれば、その負のエネルギーが大きければ大きいほど、
その人のポテンシャルは高いのです。
人はマイナスのエネルギーをバネにして、それを巨大なプラスのエネルギーに
変換することができます。人間は、そのエネルギーなしには、
何か大きなことを成し遂げることなど、到底不可能なのです。

逆に言うと、今、何もかも恵まれているような人は、残念ながら、
そのエネルギーを持ちあわせていません。
言い換えれば、今後、何かすごいことを成し遂げる可能性すらないのですね。
彼らは、いちばん大切なエネルギーを持っていないのですから。

どんなに辛くても負の環境に押しつぶされずに、
マイナスのエネルギーをプラスに変換することさえできれば、
やがて自分をとりまく状況は、かならず大きく変わっていくものなのだと思います。

そうだよね、「災い転じて福となす」という言葉があるように、
マイナスな時こそ実は大きなチャンスなのだとよく言いますし、
なにかの障害にぶつかった時にこそ、その人の真価が問われるのだと思います。
ずっと恵まれていたら、ハングリー精神なんて生まれませんものね! :neko:

応援クリック、お一つお願いします! :yubiright:人気ブログランキングへ


よろしければシェアお願いします

2010年7月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP