第51回全国高等学校野球選手権大会決勝 記念タペストリー

最近お店に入ってきた商品をご紹介! 青森県の三沢高校という、野球で有名な高校だそうですが、 その三沢高校の昔の甲子園出場記念のタペストリーです。 裏面には、選手達9人のサインが書かれています! 「そしてこの↓第51回全国高校野球の時の松山商と三沢による決勝戦は、  延長18回の死闘として伝説になっているのだよ!(*゜ω゜)=3」 「へえ~~!(゜0゜)」 調べてみたらこちらに詳しく書いてありまして↓ 「第51回全国高等学校野球選手権大会決勝(ウィキペディア)」 「両者無得点のまま史上唯一の決勝戦延長18回引き分け再試合となった」という 大変有名な試合なのですね。 「引き分けの決まった時、街頭テレビでそれを見届けたひとりの男性のこぼした言葉が、  この試合を象徴するものとして報じられた―『良かった、どっちも負けなかったんだな』」 う、うおぉぉ、何だかグッと来る言葉ですね~(。´曲⊂) 三沢高校ではこの試合を顕彰する記念碑を建てることになったが、 この碑に野球部員たちの名を刻むことには、当時の校長が反対した。 「それでは、あの延長18回の、という重荷を これからずっと彼らに負わせてしまうことになる」という判断からだった。 現在も三沢高校の校庭に建つ同碑には、詩人サトウ・ハチローによる 三沢ナインをたたえる詩が刻まれているが、当時のナインの名前は入っていない。 あら!それでは、一番上のタペストリーのサインは歴史的にも貴重かもしれませんね、 ナインのサインが揃っているんですもの! その他、一緒に入ってきた関連商品です。 実はこれらの商品たちは、解体作業をしていた家の屋根裏から出てきたんですって!! それが道具の市場に出てきて、くまきちが競り落として手に入れたわけなのですが、 ・・裏面にサインが入っていることに、 くまきちの他には会場内の誰も気付いていなかったんですって、 なので競ることもなく一発で落とすことが出来たんだとか。 (サインがあることに気付かれれば、どんどん競り上がって値段が高くなってしまいますので、  「誰も気付くな~~気付くな~~(ノ;0ω0)ノ<念念念念念念念 」 と心の中で必死で念を送っていたそうです(笑)よかったわね~~) 1969年に17歳くらいだとして、 現在このかた達はもう57歳くらいなんですねえ(^^) きっとこれらの一つ一つに、思い出が込められていたんだろうなあ・・

よろしければシェアお願いします

2009年6月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP