にゃん子トラップに負けるな!(゜∀゜)

出張買取のご案内はこちらです!→くまねこ堂ホームページ 今日は通常業務を終えた頃、 神田に行っていたくまきちがちょうど戻ってきたので、 「アマゾンの足切り作業をしようじゃないか(-∀-)(-ω-)」 ということになりました。 一定の金額を下回ったらアマゾンから削除することにしているのですが、 この作業はどんどん後回しにされてしまうため いつもけっこうな量の足切り本がたまってしまいます。 それを1人で全部棚から抜くのは面倒なので、 なるべく2人揃った時に一緒に作業をすることにしておるのです。 ただいま22:30現在、これだけ棚から抜きました。300点くらい。 でもまだ途中なの、あと100点くらい抜かんとなあ・・ 疲れた・・・_| ̄|○ シクシクシク 最初のうちは、 「わあ、この本まだあったんだ!Σ(゜∀゜;)」 「この本こんなに値段下がっちゃったんだ、いい本なのに!(>ω<)」 などと2人で楽しくおしゃべりをしながら和やかに作業をしておりましたが、 ・・後半は段々もうおしゃべりをする元気もなく、2人とも無言で作業・・ おまけに、にゃん子によってあちこちにトラップが仕掛けられているため 作業はしばし混乱へ!へ(゜▽゜へ) うちの商品管理は、一部はSKUを使って番号管理していますが、 大半はいまだリアル店舗の名残というか ジャンル別に棚差しして管理しているのですが、 入力して棚差しするのはにゃん子の仕事なので ジャンルの分け方がどうやら個性的(!?)なようなの(*´艸`*) 「『自分でできる足裏バランス健康法』ってどこだ?(;´ω`)」 「医学書の棚にある!(´∀`)」 「これは普通実用書の棚に置くかと!(;;゜ω゜)」 「著者が医学博士なんだからにゃん子的には医学書だ!(´∀`)」 「『全共闘白書』が、戦記の棚(←戦争本や軍隊本の棚)に  差さっているんですが!!(屮゜ω゜)屮」 「闘っているんだから戦いの棚だ!(´∀`)」 「学生運動だから!銃や戦車で戦ったわけじゃないから!(屮TωT)屮」 「爆笑問題の本がマンガの棚にありますが!(。´ω⊂)」 「それは単なる間違えだ!てへっ!(≧∀≦)ゞ」 いやあーー、素人な妻にいつも振り回されちゃって くまきちいつも大変ねーー! (〃∀〃) (∥゜ω゜) 時計を見ればもう23:15になっているではないか・・ さすがに今日はもう止めよう、作業の続きは明日にしよう・・

よろしければシェアお願いします

2009年4月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP