買取事例

世田谷区烏山にて買い入れ:哲学・思想書、人文書、専門書、クワイン、ヴィトゲンシュタイン、西田幾太郎


人気ブログランキング

お客様からヴァージニア・ウルフの『燈台へ』を譲っていただきました。

ヴァージニア・ウルフは1882年にイギリスのロンドンで生まれました。ウルフの回想によると1895年まで一家は毎年夏をコーンウォール州のセント・アイヴスで過ごしており、ここで家族と過ごした思い出や風景などが『燈台へ』の下敷きとなったようです。(Wikipediaを読んで初めて知りました。)

ヴァージニア・ウルフを語るときに「意識の流れ」というキーワードが多用されます。「意識の流れ」とは日本の哲学者西田幾多郎夏目漱石も影響を受けたアメリカの心理学者ウィリアム・ジェイムズが提唱した心理学の概念で、ジェイムズは『純粋経験の哲学』の本の中で【人間の意識は静的なものの集合や羅列ではなく、動的なイメージが流れているものである】と論じました。まさにウルフの小説の中では、語り手の人称が移動しながら、意識のバトンを繋ぐように話が展開していきます。

例えばわれわれの日常生活の中。わたしは家に向かって帰っている。しかしその帰り道はただの職場からの、学校からの平坦な帰り道ではなく、その日に起こったこと、もしくはかつてあったこと、もしかしたらこれからあるかもしれないことなどが、気候や風景、例えば通りがかったびっこをひく犬や、冬のアオサギの白い胸の髭が風に揺れる様など、その他さまざまなものやことに左右されて時間を飛び越える帰り道である。そこで想起されることは、誰にも言うことはなく、誰にも言うつもりもなく、そこで現れ、消えていく。しかしわたしはそこをまた別のある日に歩いた時に、かつてここで感じたことを覚えていたりする。ということは記憶とはわたしの中だけでなく、場所が持っているとも言えるかもしれない。(しかし「意識の流れ」を書いた、と言ったからといってヴァージニア・ウルフの本が説明できるわけは毛頭なく、そんなことはどうでもいいことでしょう。)

この本は第一章「窓」、第二章「時は逝く」、第三章「燈台」の全三章からなり、最初の「窓」ではラムジイ夫妻と8人の子どもたち、そして招かれた友人たちが夏のある一日を別荘で過ごしており、第二章でその名の通り時は10年流れ、第三章「燈台」では10年後のまたある一日が描かれます。

作中、ラムジイ婦人は膝の上の息子に絵本を読んで聞かせている時に、浜辺からの波のささめきに捉えられます。それは、近くで議論していた男たちの心地よいバリトンの声が急に止んだ後だっただけに、婦人を強く捉えました。われわれの事情や些末な出来事など無関係に非人間的に鳴り響く波のささめきを聴いて、婦人ははそこですべては流れていくことを、消えてゆくことに想いを馳せます。しかし作品全体にわたしが感じた印象はむしろ消えることなくそれはあり続ける、ということでした。それはちょうど、いびつな線が描かれた薄い遊び紙が何枚も重なっていくように、かつてあったこと、そして今は無いものたちが、直線的な時間ではなく、積み重なり、響き合うような印象でした。その空間自体が記憶しているような。

招かれた友人の一人である画家のリリー・ブリスコウは、島からの風景を作中描き続けます。一筆一筆の運動が彼女の外界と内面を混ぜ合わせながら、時には意気消沈し、絶望しながら、時には祝福し、肯定しながら風景を切り開いていきます。まさに、燈台へはこの力学で書かれたのではないでしょうか。リリーが画架に向かって、絵を描こうとする断片の描写たちはあらゆるなにかを創ろうとする人の背中を押すような素晴らしい文章です。
なにかあたらしいことを始めようかなとむずむずさせる春に、ウルフの『燈台へ』はいかがでしょうか?

タテ


人気ブログランキング

【買取同行記】神奈川方面の国立大学の教授の方より、法律学、法学、社会学、現代思想などの専門書を1000冊ほど買い取らせていただきました


人気ブログランキング

今回は神奈川方面の国立大学の教授の方よりご用命いただき、専門書をお譲りしていただきました。

法律学、法学、社会学、現代思想などを研究されている方からのご依頼とのことで店主の渡辺と私フジタンの二人で海沿いへ足を運ぶことに。
晴れの日の港町は景色も良く心洗われます。

一時間ほどで大学に到着し、折りたたみコンテナと台車を転がしながら研究室へ。
扉を開けると、本棚には法学や判例集など難しそうな本がギッシリと。
フジタンも大学研究室の買取は何度か同行しているのですが、
毎度毎度、部屋をぐるりと囲む本棚に圧倒されてしまいますね…!

整理をお願いされましたのは全体のうち本棚およそ4本分、合計1000冊ほどをお譲りしていただけるとのこと。早速査定開始です。

法学や経済学などの実用書は研究の流行の影響を受けやすいもの。
昔は値段の付いた本も研究者のニーズが変われば相場が変わってしまいます。
故に、買値と売値のギャップに戸惑ってしまうお客様もいらっしゃるのですが、
渡辺が丁寧に相場を説明したら納得していただけました。

数千冊単位の査定ですと残念ながら買取が難しい本も幾分か出てきてしまうのですが、今回は整理をご希望との事ですので、それら値段の付かない本も一緒に引き取らせていただきました。
こういった買い取りでは本を運びつつ構内を動き回りますので、大学職員の方に『大変ですねぇ』などお声をかけていただく事もしばしばです。
大学に限らず研究者のお宅の本は大判本や函本など重いものが多く運び方にコツがいるのですが、そこはもう、日々鍛えておりますので。

手際よくすべての本を車に積み終わり改めて教授の方にご挨拶したのですが、
その際に『くまねこ堂さんにお願いして良かったです!』とのお言葉を頂き、フジタン、感謝の極みでございます……!
お客様の為ならばいくらでも荷物をお運びさせていただきます。

******

ひとつのジャンルの本が部屋を埋めている様はいつ見ても壮観。
本の背表紙から『この研究領域はこんな分野も関係しているのか!』などという気付きを得られるのが大学の買取の楽しさでしょうか。
そして、単行本数千冊を運び終わった後の筋肉痛もまた、大学買取の醍醐味でありましょう。
碩学であられる皆様からのご依頼を心よりお待ちしております。

フジタン


人気ブログランキング

【買取同行記】福島県の中核市にて昭和の貸本マンガ数百冊をお譲りいただきました


人気ブログランキング

こんにちは。
くまねこ堂に勤務しております、フジタンと申します。

くまねこ堂は出張買取に対応しており、その件数はありがたいことに年間数百件に上ります。
私フジタンもたびたび買取に同行させていただくのですが、
その中には大変印象深いお客様もございます。

ということで、この度、webサイトでの新しい試みとして
従業員視点でいわゆる『買取同行記』を書かせていただくこととなりました。
謎の多い出張買取、いったいどんな流れで査定は進んでいくのか?
ご理解のお助けになりましたら幸いです。
それでは、レッツゴー。

******

三月頭、福島県の中核市のひとつに在住のお客様のもとへ
店主の渡辺と二人で買取に行ってまいりました。

お伺いしたところによりますと、
知人のお宅の片付けの最中に
昭和30年代のものと思われる貸本漫画が100冊程出てきたらしく……。
他の荷物と共に捨てられる寸前だったのですが、せっかくだし古書店に買取ってもらえないか?という話になり弊社に白羽の矢が立ったという事でした。

くまねこ堂の本拠地は東京都・江東区、主な出張対応エリアは関東圏なのですが
お品物の内容次第では西へ東へどこへでも向かうのです。
今回は福島県、車で片道三時間の道のりをはるばる走ってまいりました。

到着しましたのは閑静な住宅街。
ご対応してくださったのはご依頼のお電話をくださった奥様でした。
見晴らしのいいお宅、おいしい空気に車旅の緊張もほぐれたところでさっそく査定開始です。

お客様に見せていただいた紙袋とコンテナの中に入っていたのは、
貸本マンガ、マンガ、マンガ!
ざっと背表紙を見るだけでも水木しげる、楳図かずお、徳南晴一郎、つげ義春
私でも知っているビッグネームがちらほらと。店主の渡辺も私も大興奮です。

お電話では『状態がかなり悪いけど大丈夫?』とご心配されていたのですが、
実際のお品物はそれほど問題にならない程度の状態でした。
貸本マンガは本来子供が読むものですから、表紙や本体の破れ程度はよくあること、物によってはヒモで綴じ直されていたりボロボロに腐っていたり。。。
今回のものは土埃と経年臭程度のダメージの物が多く、全体的に状態はまずまずの部類。
マンガの遊び紙に押してあった貸本屋の印には『御殿一』の文字が(さ●ま御殿の御殿です)。
自分で名乗ってしまうあたりに昭和のセンスを感じてクスリときます。

渡辺が一冊ずつ査定し、お客様に丁寧に値段の説明をしながら私フジタンが折り畳みのコンテナに詰めていきました。
渡辺はマンガも得意としておりますので、極めてスムーズに査定完了。
最終的にお譲りいただいたマンガは当初のご依頼を超えて約300冊。想像以上に多くの品物を買い取らせていただき感謝、感謝です。
お値段をお伝えしましたところ『思ったよりも高い!』と驚きつつも快く承諾をいただきました。
その後は二人で車に荷運びして買取完了! です。

******

荷運び後、嬉しいことにお宅のリビングで緑茶とお茶菓子をごちそうになりました。
炬燵をめくったら猫ちゃんがひょっこりと……。
なんと、事前にご家族三人で買取査定額を予想されていたとのこと。
結果的にお三方の予想よりも大きな金額で買い取らせていただきました。

後で知ったのですが、始めは某有名古書店に連絡されていたのですが、その後のお返事がなかったのでくまねこ堂にお電話していただいたそうで……。
こういうご縁でお呼びしていただけるのも出張買取のオモシロさですね。

ひとしきりの談話を終えて、あらためてお呼びいただいた事への感謝をお伝えしつつ乗車。帰りの車中、貸本マンガの話で大いに盛り上がりつつ我々は東京に戻りました。

******

行ったことのない土地で見たこともない商品と出会えるのは出張の醍醐味。
今回もお客様のお話もあわせて色々と学ばせていただきました。
さて、次回はどんな買取が待っているのでしょうか?
楽しみにしつつ、今回の同行記を〆させていただきます。
改めて、貴重なお品物をお譲りいただきまして誠にありがとうございました。

フジタン

 


人気ブログランキング

大学教授さまの研究室より、本棚7本分の学術書・専門書の大量整理へ伺いました@東葛エリアにて


 人気ブログランキング

先日は東葛地域に属する某大学の教授さまより、
人文科学分野の専門書を整理されたいとのご依頼を受け、お伺いをいたしました。
店主くまきちさんの補助を務めるこの度のアシスタントは、わたくしモモコです。

 

部屋の壁一面にびっしり連なる書棚。
書棚の数は総計7本程。
ぎゅうぎゅうにひしめき合う、揃いの全集、専門の書籍、学術書。
まさしく知の宝庫という感じがいたします。

 

 

買取品が多数ある場合は、台車を荷運びの一助とするのですが、
通路の壁や設置物を傷つけないように…
隣接する教室に響かないよう滑車音を控えめに…
段差にタイヤが引っ掛かって荷物を落とさないように…
注意を払って運搬していきます。

 

後に助っ人として、スタッフのコロスケさんとフジタンさんが現場まで駆けつけてくださり、総勢4人で一気にお片付け。ご蔵書を折りコンテナに詰め詰め、はたまた紐でしばりのくくりの。
ハイエースもお譲りいただいた書籍でほぼ満タン。
ものの小一時間ほどですべての作業が完了いたしました。
お客様からもお喜びの声をいただけて、たいへん励みになりました。
この度はくまねこ堂をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

大学の研究室・研究機関等からのご依頼の際は、
お値段が付けられない書籍も丸ごとお引取りできる場合も多々ございます。
数千冊単位の本もどんと来い。大量買い取りも対応可能です。
学術書や専門書の整理にお困りの際は、どうぞくまねこ堂までお声がけください。
即日での出張も承っております。

 

モモコ

 


人気ブログランキング

千葉県市川市にて即日出張買取で、連載中のコミックス、犬夜叉、境界のRINNEなどをお譲りいただきました。


人気ブログランキング

本日は買取品の中から「日本現代怪異事典」朝里樹(笠間書院)をご紹介したいと思います。
本書は戦後から2000年頃までにかけて日本各地の少年少女を震撼させ、怪談マニアの心をくすぐってきた怖い話を、あいうえお順、出没地域などが整理されている珍書。
こういう本が欲しかった!!という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

現在の30歳前後の方なら、小学生時代に観た映画「学校の怪談」シリーズや、「トイレの花子さん」などを忘れることができない方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?
私もその一人で(笑)…稲川淳二さんやら冝保愛子さん、おもいっきりテレビの夏休み特集「あなたの知らない世界」など、今も覚えております。
特に「学校の怪談」シリーズは今観ても楽しい作品で、ただ恐ろしいだけではなく、いにしへの時代へのタイムスリップ、肝試し、夏休みロマン溢れる自分たちだけの妖怪的世界に浸ることができたことは、大変幸せなことだったと今になって思います。

本書には、学校の怪談にも出てきた懐かしい幽霊から、ネット時代ならではの都市伝説なども取り上げられており、子供時代に怖かった口裂け女も当然のことながら掲載されており、今の子供たちは口裂け女を知っているのでしょうか?
「ポマード」が何かわからないのに、呪文として覚えていた頃が懐かしいです(笑)

マニアの方ばかりではなく、民俗学、怖い話好きの方にもお勧めしたい一冊です!

byこばちゃん


人気ブログランキング

囲碁、哲学、宗教、思想、精神世界の書籍、岩波現代文庫、講談社学術文庫、CD、PCゲームなどを即日で買取に伺いました。@千葉県佐倉市


人気ブログランキング

 

本日は買取品の中から、「芸人の肖像」小沢昭一(ちくま新書)、「瞽女うた」ジェラルド・グローマ―(岩波新書)をご紹介したいと思います!

個性派俳優として名を馳せた小沢昭一さんは俳優業でも大きな足跡を残されておりますが、それ以上に長年芸能史の発掘をされ続けた優秀な研究者としての足跡も多大なものではないでしょうか?
1960年代後半から芸能の源流を取材してまわられ、旅芸人およびそれらの諸芸を「放浪芸」と名づけたことによって、写真や著書、あるいはレコードで多くの人々に日の目をみたことのよって芸が継承されるきかっけともなったそうです。
また、今となっては触れることのできない芸が小沢さんによって記録されており、芸能史において大変貴重な著書となっております。
例えば浪曲(浪花節)といえば、義理人情や忠君を歌い上げる堅苦しいイメージがありますが(それはそれで楽しいのですが)、1970年代に再ブレイクした廣澤剽右衛門さんは悪声が特徴で、「雪月花三人娘」という笑がふんだんに取り入れられた庶民の寄席浪曲で人気を集めました。
堅いイメージになる以前の庶民のなかの浪花節を継承する最後の名人として、昔の音曲が
お好きな方には是非オススメをしたい方です!

それから更に古くから、そして長く庶民の心に寄り添ってきた民俗の中の芸能として、青森県で活動を行うイタコも取り上げられています。

イタコで有名なところといえば恐山ですが、一年中常勤(?)しているわけではなく、季節限定の商売だそうです。(ちなみに私が恐山に行ったときにはイタコさんはいらっしゃいませんでした)
芸なのか?と思うふしはありますが、こちらも小沢さんならではの考察で今となっては貴重な記録になっているのではないでしょうか。

また、もう一冊の「瞽女うた」も印象的な一冊。
「瞽女」は「ごぜ」と読み、生まれながらにして目の不自由な北陸地方出身の女性が、複数人でチームを組んで歌や三味線を披露するために雪深い田舎町を旅することを指し、今となっては信じられないような女性や障がい者差別ですが、帯にある「それほど昔ではなかった」の言葉にドキリとさせられます。
このような情景を題材にした映画には「はなれ瞽女おりん」や「津軽じょんがら節」などがありますが、本書をみると1970年代まで瞽女という習慣が存在していたということに驚きを隠せません(最後の瞽女といわれた方は数年前まで存命でおられました)

日本の民俗学でも特に気になるところですが、元は同じ源流からうまれながら時代を経ていくうちに派生し、違う支流では今の華やかな芸能界のたどり着いたかと思うと感慨深いところがあります。
芸能の世界を見直してみる機会にこちらの書籍如何でしょうか?

byこばちゃん


人気ブログランキング

「東京の古本屋」18年2月号-4月号をお送りいただきました!


人気ブログランキング

くまねこ堂に、なにやら可愛いペーパーブックが届きました~icon_biggrin.gif


日本の古本屋」の無料配布誌です!
 
今回は絵本作家の加藤志異さん、古本屋みわ書房さんと古本 海ねこさんのエッセイが読めます!
また、表紙や挿絵の可愛らしい絵はイラストレーターの藤田恵さんが手掛けていらっしゃる等々、豪華キャストの皆様もご一緒に古書組合と制作されています!shine.gif 

くまねこ堂も加盟しております、古書組合に関する情報も盛りだくさんです!


東京都に古書会館は3カ所あります!くまねこ堂は東部に所属していますicon_arrowd.gif
西部にはキューピーちゃんがいるのでしょうかb_body_jump.gif


お出かけのスケジューリングに便利なカレンダーを発見しましたb-hare.gif
日本の古本屋公式サイトからもイベントはチェックいただけます!
 古書会館では月々でイベントが開催されていますので、是非お出かけがてらに寄り道してみてくださいねnoodle.gif

 

かこさん

 


人気ブログランキング

杉並区高円寺北にて即日出張買取いたしました:専門書、学術書、ムック本、ビジネス書、DVD-BOX


人気ブログランキング

本日は「写真家が捉えた時代の一瞬『昭和』(株式会社クレヴィス 2013)」をご紹介したいと思います!

この写真集は昭和を代表する写真家の作品をオムニバス形式で取り上げたもので、昭和初期の繁華街から高度経済成長期の農村の姿など、日本各地、各時代のありとあらゆる人々の姿が印象的です。
この写真集で、面白いなぁと思う点は、「戦争で暗いイメージの昭和初期の人々が想像以上にモダンで、着るものも髪型もかなりきっちりしている」「戦争が終わって高度経済成長期といわれている時代に地方で生活していた人々の衣食住の貧しさ」という二つの「意外性」という点で、本書のキーワードになっているように思いました。
「昭和時代」をテーマにした写真集はよく入荷されるのですが、検品するたびに色々と考えさせられる内容のものが多く、遠いようで近いんだなぁ~と物思いにふけってしまいます。
学校で習う歴史はあくまでも表面上だけであって、時代や土地によって様々な生活模様が繰り広げられていたんだなぁと、このような写真集をみるたびに思います。

帯には「貧しく、明るかった、あの時代 エネルギーみなぎる昭和」

とあります。このフレーズにすべてが凝縮されているような気がいたしました。

byこばちゃん


人気ブログランキング

新宿区弁天町にてお譲りいただきました!:DVD、CD、懐かしの歌謡曲、コミックセット、文学、田中小実昌、新刊書


人気ブログランキング

本日は講談社学術文庫「英国人写真家の見た明治日本」(ハーバート・G・ポンティング著 長岡祥三訳)をご紹介したいと思います!

本書はロンドンで刊行された「In Lotus-Land Japan」(1910年刊)を原著としたもので、この題を訳すと「この世の楽園・日本」となるそうです。
著者のH・G・ポンティングがアジア各国の撮影旅行に出で立ち、日本に来日したのが明治35年頃のことだそうです。
当時の日本は日露戦争の前、日清戦争の戦勝国となり世界の先進国として大きく発展を遂げつつある時代ですが、本書に掲載された多くのポンティングが記録した日本各地の様子は、西洋文化に侵されることのない、繊細で美しい日本人の姿ばかりで驚いてしまいます!
日本人ながらも明治時代の日本人の写真を見る想いは、当時の西洋からの旅行者と同じ感覚なんだろうと思います。
特に京都を訪れた際の項には「私は方々の国を何年も旅行したが、今まで見た中でも、最も優美で心を奪われる都として思い浮かべるのは、この京都である」と記されており、写真の数々もまるで西洋名画を観ているような美しさに心が奪われて
しまいそうです。

一方、日本に来日して驚きの連続が記録してある書籍もあり、こちらはこちらでオススメです!
「ニッポン仰天日記」小学館(ゴードンスミス著 荒俣宏訳)。

こちらは写真キャプションがなかなか振るっており、獅子舞の写真には「わけのわからないパフォーマンスだ」、角力とりを「レスラー」と記してあり、外国人ならではの視点に思わず感心してしまいます(笑)
本書は手彩色やカラーの図録が満載で学術的な部分以外でも、気軽に明治時代の日本を楽しめることができます。
教科書で学んだことに留まらず、当時の庶民の姿を写真には得るものが多く、とても楽しく勉強になります!

byこばちゃん


人気ブログランキング

本日は即日出張買取にて市川市富浜まで伺いました!松田聖子、中島みゆき、山口百恵、吉田拓郎、山下達郎、80年代歌謡曲、ゴールデン☆ベスト、最新CDなどを買受け


人気ブログランキング

漫才ブームの昨今、多くの漫才師やお笑いタレントが水泡のように生まれ出でては煙の如く消えていくという状況が繰り返されていますね。
私も珍しく年末年始は勉強のために漫才のテレビ番組を観ておりましたが、ちょっと私の考えている漫才とは違ったものが演じられ、またウケていたので、時代に取り残された感じを受けました(涙)

やはり私などは、漫才といえばコロムビアトップ・ライトさん、そして上方漫才のいとし・こいしさんなどが脳裏に浮かびます(笑)
そんな、往年の名漫才コンビいとし・こいしさんの生涯を追ったのが「いとしこいし 漫才の世界」(岩波書店 2004年)で、本文に出て来るお二人の写真の若いこと!実の兄弟ということは知られていますが、まさか昭和12年にデビューということは存じ上げませんでした。
長い間、漫才師をされていたのにも関わらず「ドサのにおい」がなく、晩年は無駄な部分がそぎ落とされた理想的な面白い漫才をされていたこと、多くの方が覚えていらっしゃると思います。

そして、そんなおふたりが足跡を残された上方漫才の歴史をたどったのが「昭和上方漫才」(朝日新聞社 2000年)で、なんと人間国宝の故・桂米朝と上岡龍太郎さんによる著書!
このお名前をみるだけで、信頼のできる内容だなぁと思わせるところがありますね。
こちらではエンタツ・アチャコから、海原千里・万里までの漫才師・お笑い芸人が対談形式で網羅されており、写真を見るだけでもあの抱腹絶倒の舞台を思い出さずにはいられません!

昭和には素晴らしい芸人さんがたくさんおられますが、お笑い好きの方に是非オススメしたいのが「海原お浜・小浜」「ちゃっきり娘」の二組です!!!
海原お浜・小浜さんは海原千里・万里(上沼恵美子さん)の師匠で、この時代の女流漫才のなかでは純粋なしゃべくり漫才師として一時代を築いた名人です。
鋭い喋り口でネタを披露するお二人に下品さはなく、2006年には上方演芸を支えた芸人を顕彰するために行われた「上方演芸の殿堂」に殿堂入りを果たし、関西では広く知られた存在であることがうかがい知れます。

また、しゃべくり漫才のほかに、昭和時代に全盛を極めたのが楽器を使用した漫才グループで、関東人に馴染み深いといえば、かしまし娘を挙げることができますが、同時代の関西で同格の知名度を誇っていたグループに「ちゃっきり娘」がいらっしゃいます。
ちゃっきり娘は、大きな声に独特なマスク、歌が堪能な秋美さんが笑いの中心となって、これでもかと関西色の濃い漫才を繰り広げます。
スマートであっさりした東京漫才とは裏腹に、こってりとしてローカル色が魅力の上方漫才。YouTubeで上方漫才に関する映像をみてみますと、1970~80年代くらいまで、義太夫を替え歌にして笑いを取るグループ・三人奴、浪曲を効果的に使用するタイヘイトリオなど、まるで戦前!?と思われるような前時代的なコアな演芸が息づいていたことに驚愕いたします。

笑いを志す方、笑いがお好きな方は、「温故知新」の精神で、是非とも漫才の足跡を知っていただけると、今のお笑いが更に楽しいものになるかも知れませんね!

byこばちゃん


人気ブログランキング

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP