菅野力夫さんは20年間ヒゲを剃らなかったらしい

人気ブログランキングへ   (昨日の続き) さて、絵葉書の中には、菅野力夫さんのアップの写真もありました。   ・・・もみあげのあたりが一瞬ヤマトタケルノミコトかと思いました・・・ インパクトあるなあ(汗) 「菅野力夫研究会/略年譜」に、 ”昭和7年(1932) 4月3日(神武天皇祭)、  明治天皇崩御以来から剃らなかったヒゲを20年ぶりに剃る” という一文がありますから、相~~当~~伸ばしてたんですね:ase1:   ところで、絵葉書が入った袋の裏面の文章も、なかなか興味深いんですよね。 まず、菅野さんを後援していたらしいこの「佐々木照山」なる人物は、 戦前に活躍した大陸通の異色の政治家で、『穆天子伝』『山海経』および中国上代神話と バイブルの比較から、古代世界の中心をチベット、中央アジアに求め、黄帝アブラハム説、 周の文王ユダヤ人説、アスカ地名と石神の関係、十字を神とする観念の由来、易の卦象、 パプテスマの起原、漢字の片仮名起原説など興味深いテーマをつぎつぎと展開。 (あの人検索スパイシーより) ・・ははあ、いかにも菅野さんを応援しそうなかたですね(;^^) それと、当時政府は、ブラジルへの移住を奨励していたのですね。 ブラジルは気候風土地味申分なき 南米最大の農業国で  頗(すこぶ)る邦人を歓迎し 家族農業者の好発展地であります 此国へ渡航する農業労働者で 三人以上の家族移住者には 内務省社会局より渡航準備金として 船賃同額の補助があります ブラジル行の船は大阪商船会社、日本郵船会社の巨大なる優秀船で 年に二十回も通って居ります 航海は頗(すこぶ)る安全です これまた、調べていけばまた話が広がりそうですが・・。 「ブラジル移民100年」というサイトによれば、 内務省の渡航費用補助のくだりから察するに、大正13年頃のことなのかなと思います。 (内務省による渡航費補助

よろしければシェアお願いします

2012年3月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP