数学書に藤子不二雄のあの超有名キャラが!


人気ブログランキングへ 現在2位です(本・読書部門)、どうもありがとうございます!

 

数学の専門書を、
状態チェックのためにページをパラパラしていたのですが、

・・・・・・・・ん・・・・・・・・??
・・・なんか今、数学書にはそぐわない超有名キャラがいたような・・・??(つд⊂)ゴシゴシ

・・・・・パラパラパラ(ページを戻ってみる)。

やっぱりイタ━━━━∑(゚∀゚*)━━━━!!

 

 

こんなところでオバケのQちゃんに会えるとは!!(笑)

1992年の本なんですが、この頃はまだ版権とかおおらかだったのかな。

ちなみにこの場合の「お化け」とは、

(中略)不定形量の場の量子論では、一般に負ノルムやゼロノルムの状態ベクトルが
存在することになる。ところが量子論の確率解釈によれば状態ベクトルのノルムは
確率と結びついているので、これが負になるのは具合が悪い。
このようなノルムが正でない状態は一般に「お化け」(ghost)と呼ばれている。
お化けが出現すると確率解釈に困るので、これを何とか閉じ込めねばならない。
これには「補助条件」というのものを導入する。

 

・・・・・・・・・・・。

あーー、うんうん、なるほどね!┐(;;; ̄ー ̄)┌  (-ω-∥)


「場と時空」中西襄/日本評論社/1992年発行


よろしければシェアお願いします

2012年5月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP