小笠原旅行記(3) /東京都府中市で、戦前の古書、美術書、ムック本、実用書、医学書、専門書、カメラ、ネックレス、ネクタイピン、万年筆などお譲り頂きました。


人気ブログランキングへ   現在7位です(本・読書部門)、ありがとうございます!

 

小笠原島・3日目は、「自然体験ガイド ソルマル」さんの、山&森歩き一日ツアーに参加しました。
昨日に引き続きまた運の良いことに、ここでも私とくまきち2人だけの貸し切り状態!:wa-i:

ガイドさん「今日はお2人だけですから、もし何かリクエストがあればどんどん言って下さい、
       できるかぎりお答えいたしますよ(^^)
       行きたい所とか、ご興味のあるものとか、何かキーワードはありますか?」

 くまきち 「はい!わたし、昆虫や爬虫類が好きでして、

      小笠原固有のトカゲや、ムカデサソリ

   ぜひとも見てみたいのですが・・(*´ω`*)ポッ」

ガイドさん「それはまた大変珍しい

       リクエストですね!∑(゚∀゚;)」

 

くまきちのそんな無茶ぶりから、一日ツアーがスタートです!(笑)

ちなみにくまきちはヘビもとても見たがっていたのですが、
小笠原にはヘビはいないそうなんですね、なのですごく残念がってました。。。
そしてムカデとサソリも、昔はいたようなんだけれど近頃はとんと見かけないということで、

ガイドさん「それでは、オガサワラトカゲがいそうな山に行ってみましょう。」
 くまきち「おお、ありがとうございます、がんばって探してみます!(。+・`ω・´)」

で、

さっそくゲット。∑( ̄ロ ̄;) 早ェェ!

 

オガサワラトカゲ。小笠原の固有種です。

その他、今回くまきちが小笠原で掴まえた皆さんをご紹介しましょう!
(※掴まえた後は、みんなすぐに逃がしてあげています)

グリーンアノール。
本来は鮮やかな緑のトカゲですが、保護色により、
ジーパンの上に乗せたらあっという間に茶色っぽい色に変化しました。
上と下と、同じトカゲとは思えないですよね、すごいなあ!

このグリーンアノールは、日本のトカゲではなくアメリカから来た外来種で、
小笠原の貴重な固有種(昆虫など)を食べてしまう害が非常に深刻なため、
駆除をされています。
しかし繁殖力が強く頭も良いため爆発的に増えてしまい、
父島だけで現在400万匹もいると推定され、事実上お手上げ状態のようです・・
最初の写真の固有種「オガサワラトカゲ」も、グリーンアノールに押され数が激減し、
準絶滅危惧に指定されているようです。

 

オガサワラヤモリ。
まだ小さな子どもですよ、可愛い~~!!(´∀`)

 

 

エビ。

 

カニ(抱卵中でした:ase1:)。

———————————————————–

ツアー中、お昼休憩で、おいしいお弁当をご馳走になりました、どうもありがとうございました。
そしてデザートには私の大好きなドラゴンフルーツが!
でも私、今まで中身が白いドラゴンフルーツしか食べたことがなかったので、
今回いただいたのは鮮やかなピンクでビックリしました、南国チックね!

———————————————————–

中央山に登り、素晴らしい景色も堪能しました。
この写真の、くまきちが立っているあたりが、最近パワースポットとして有名なんですって。
見渡す限り視界を遮るものも何もなく、空と雲と海と島の色が鮮やかなコントラストになっていて、
確かにとても気持ちの良い景色でした。

 

「東平アカガシラカラスバトサンクチュアリ」の中も歩きました。
長くてわかりづらい名前ですが(;^^) 
ここは、絶滅危惧種の鳩「アカガシラカラスバト」を保護する生態系保全区です。
南国のジャングルといった感じ、まるで日本じゃないみたいですよね!

 

ちなみにその絶滅危惧種の「アカガシラカラスバト」、
実は私たち、初日に町で偶然見かけていたんです(;;^^)
(意外と町の中でヒョイッと見かけたりするそうです)
おとなしく座ってくつろいでいました、そんなに貴重だと知っていたら
絶対写真を撮ったのになあ!:body_deject:

 

ムニンツツジ。
ムニンとは「無人」のことで、小笠原島が無人島だったのでそう呼ばれたのだそうです。
そのため、小笠原の固有種名には頭に「ムニン」が付くものが多いそうです。

このムニンツツジも絶滅危惧種で、
野生の自主株は今ではたった1株しか無いそうです:ga-n:
(上の写真は、亜熱帯農業センターで人工的に育てられたものを撮ったものです)

そう、この日ガイドさんのお話を聞いてとても驚いたのですが、
小笠原の動植物は、実は絶滅危惧種のオンパレードなのです。
本来ここは、隔絶された島で独自に進化した小笠原固有の生物たちの楽園だったのに、
様々な「外来種」によって自然環境が次々に破壊され、深刻な危機に陥っているのです。

車の中でおしゃべりをしていて、私たちが大の猫好きだと知ったガイドさんが、
ツアーの最後にこんなパンフレットを下さいました。
(嬉しかったです、どうもありがとうございました!)

絵本仕立ての可愛らしいパンフレットですが、その内容は、実は
外来種と絶滅危惧種(固有種)の問題に深く関わるものです。

島ネコマイケル?
大引越し?

明日はこのパンフレットを使いながら、現在小笠原島が抱えている深刻な問題について
触れてみたいと思います。


よろしければシェアお願いします

2012年9月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP