「アレルギーの9割は腸で治る」 /東京都江東区と千葉県松戸市で出張買取りでした。


人気ブログランキングへ 現在3位です(本・読書部門)、どうもありがとうございます!

 

こちらの本を読みました。


「アレルギーの9割は腸で治る!~クスリに頼らない免疫力のつくり方」
(藤田紘一郎/だいわ文庫)

(以下は、アマゾンの商品説明欄より)

花粉症、アトピー、ぜんそく等など……現在、日本人は、3分の1が
なんらかのアレルギー疾患を患っていると言われています。
なぜ、こんなに増えてしまったのでしょうか?

寄生虫を自分の腸で15年間も飼っていたというカイチュウ博士、藤田先生によれば、
寄生虫は免疫物質に作用する特殊な分泌物を出していたそうです。
だから、昔はアレルギーの子はひとりもいませんでした。
では、寄生虫を飼わなくてはいけないのか?

もちろんそんなことはありません。答えは、腸内細菌にありました。  
驚いたことに、腸内細菌も寄生虫と同じようにアレルギー症状を抑える分泌液を出していたのです。
除菌、無臭など、過剰な「清潔主義」が行きすぎたせいで、
現代人は腸内細菌をどんどん殺してしまっています。
ウォシュ×ットも使いすぎればいけないし、
アルコール消毒も皮膚の常在菌を殺して免疫力を落とすばかりです。
極端に便が少ない人は、腸内細菌が激減している証拠。こうした人に、
アトピーや花粉症が多いのです。

本書では、アレルギーの起こる仕組みや原因を分かりやすく解説し、
腸内細菌を増やすための実践的な方法をたくさんあげました。
アレルギーにお困りのすべての人に読んでいただきたい本です。
 
———————————————————–

かねてより、日本人の「清潔信仰」には大いなる疑問を抱いていたワタクシですが、
それでもこの本の内容にはけっこう衝撃を受けました。
たとえばウォシュ×ットのくだり(使いすぎると流産・リスクが高まる)とか、
手についたウイルスなどは薬用石けんを使わずとも
水道水を流しながら10秒も洗えばちゃんと落ちることだとか・・8O:ase1:

ちなみに、著者の藤田先生は、子どもをアトピーにさせない方法を
ユーモラスにこう語っています。

「第一に、子どもの食べものは主として落ちたものを食べさせること。
 第二に、食事中に必ず足の指をなめさせることだ。」

だそうです(笑)

「乳幼児が何でもなめたがるのは、バイ菌を体内に入れようとするためで、
 彼らはそれが健康にいいと、本能的に知っているのです。
 それを聞くと全員が『先生は非常識だ』と言いますが、
 私の言っていることが常識であって、それを笑うみなさんのほうが非常識なのです。
 『手を消毒して、きれいなお茶碗やお皿に盛られたご飯を食べて、
 落ちた食べ物は食べずに捨てなさい』などとやってるのは、
 現代社会に住む人間だけなのです。」

結局、過度に清潔にしすぎていると、
本来私たちの周りにいて免疫力を高めてくれている細菌類をも追い出してしまうので、
免疫力がどんどん低下し、アレルギー発症率も高くなってしまうのですよ、と。

でもほんとにそう思う。
部屋も、塵ひとつないピッカピカな部屋より、
多少きたなくて乱雑なくらいがワタクシはラクで居心地がいいのですが(笑)
人間の身体だってそうだと思うんだよね、うん。
無菌室で花よ蝶よと育てられてしまったら、強くなれないよね!:body_stretch:


よろしければシェアお願いします

2012年9月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP