背筋がゾクゾクッとする本 /東京都墨田区で、映画、文学、ちくま文庫、河出文庫、岩波文庫、DVD、昭和の邦画、昭和30年代の映画パンフなどお譲り頂きました


人気ブログランキングへ 現在8位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

毎日暑ぅございます・・・(∥OДO)ゼエゼエ

そんなわけで無性に、何か怖い本を読んでヒンヤリしたくなりました(笑)
そして選んだのはこちら:down:



「赤い森」折原一/祥伝社文庫

あらすじ:
「あの家で何が起こったのか、実際のところ、誰も知らないんだ」
樹海の入り口に立つ民宿の主人は、客の反応を窺いながら満足げにうなずいた。
森の奥深くにある山荘で起こったといわれる一家惨殺事件。
その真相を知ろうと足を踏み入れた者が遺した「遭難記」。
謎に惹かれ、また新たな若者が森の奥へと招かれた-。
迷いと惑い、恐怖が錯綜する、驚愕のダークミステリー!

——————————————————————————–

おおおお、けっこう怖かったです(;゜∀゜)ドキドキ
退屈せずに、一気読み。
背筋がゾクゾクッとして暑さを忘れられました、正にもくろみ通り!(笑)

過去と現在の話が行きつ戻りつ、
禍々しい苛立ちや狂気といったものが全編を通奏低音のように支配しており、
舞台が樹海なのが非常に効果的です。
登場人物たちが樹海の中で次々と迷い、
しかも謎のストーカーや殺人鬼に追われる様は、
やはり手に汗握ってしまいます。

昔やったゲーム「かまいたちの夜」(面白かった!)を思い出しました、
この本を映画化したりゲーム化したらすごく怖くて面白そうだけどなあ!:kaminari:

 

 


よろしければシェアお願いします

2013年7月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP