おひなさまがやってきた!


人気ブログランキングへ

 

我が家に、お雛様がいらっしゃいました!

御人形司・市川豊玉さんによる作品でございます。
とても美しいです、素敵です!!(TT)ジーン

 

 

ちなみに、関東ではお内裏様を向かって左、
関西ではお内裏様を向かって右に飾るのが一般的だそうです。

日本では古来から左は右より格が高いとされており、
関西では今でもその慣わしに従って、お内裏様は向かって右に飾られるようです。
しかし明治時代、西洋の風習に習って「右が上位」が取り入れられるようになり、
大正天皇が即位の礼で皇后陛下の右に立たれたことから、
関東ではそれ以降、お内裏様を向かって左に飾るようになったと言われています。

我が家は関東ですが、日本古来の慣わしに習ってみたいと思いまして、
お内裏様を向かって右側に飾ってみました。

 

今回、パンダ子(娘)のためのお雛様を購入するにあたって
事前に吟味をいたしまして、
雛人形について初めて知ったことが色々とあったのですが、
一番びっくりしたのが、今は中国製のものも多いということでした。
(食品ではないので、産地を表示する義務がないそうです)

もちろん一番大事なのは、娘を思う親心や孫を思う祖父母の気持ちであり、
心をこめて購入し飾ることが一番大切なことだと思いますので、
どのお人形が良くてどのお人形が悪い、ということは決してないと思います。

ただ、私共は古書骨董を商いとしていることもあり、
日本の伝統文化や伝統技術というものを何より大切にしたい。
そして雛人形は本来、単なる可愛らしい愛玩物ではなく、
穢(けが)れや災いを依代(よりしろ)となって引き受けて下さる
神聖で畏れ多い存在であるということを、パンダ子にもしっかりと伝えていきたい。

そんな思いから、ぜひ雛人形の伝統職人さんのお店で
直接お人形を購入したいなあと思いまして、
浅草橋にございます御人形司・市川豊玉さんのお店で
今回購入をさせていただきました。

穏やかで優しいお顔立ち、そして桃色と紫色をかさねた女性らしい優美なお着物。
自分の好みにピッタリな、とても素敵なお人形と出会うことができ、
本当に嬉しいです!(TT)
毎日、襟を正して、お雛様とお内裏様に魅入っております。
こちらで購入して本当に良かった!

これから毎年、心をこめて大切に飾らせていただきます。
お雛様、お内裏様、どうぞ末永くパンダ子をお守り下さいませ

 


よろしければシェアお願いします

2015年2月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP