津田青楓の色紙「虎吼起風」、入荷です


人気ブログランキングへ

入荷品のご紹介です。
先日(2016/1/24の記事)、夏目漱石吾輩は猫である」の挿絵を書いた
中村不折の作品をご紹介しましたので、
漱石つながりで、今日は津田青楓の入荷品をご紹介したいと思います。
虎の色紙です。

「虎吼起風」と勇ましい言葉が書かれていますが、
肝心の虎さんはどこかゆるい感じでステキだわ~~(*´∀`*)
御年96歳のときに描かれたんですね、すばらしい!

津田青楓(つだ せいふう/1880年‐1978年)は京都府出身の画家、書家、随筆家、歌人で、
良寛研究家としても知られています。
夏目漱石と親交が深く、漱石に絵も教えました。

漱石の「虞美人草」、「道草」、「明暗」の装丁は青楓によるもので、
「明暗」の登場人物・お延は、青楓の元妻で日本の服飾デザインの
先駆者・山脇敏子山脇美術専門学院創始者)がモデルとされているそうです。
青楓美術館 【笛吹市】より)


よろしければシェアお願いします

2016年1月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP