明治写真/蒔絵アルバムより(5)


人気ブログランキング

昨日の続きです。写真番号41~50番(ラスト)。


41.SELLING  FISHIE / 魚売り

 


42.FENCING / 剣道

 


43.KAKUBEI  JISHI(BEGGER)/ 角兵衛獅子(物乞い)

 

 


44.JAPANESE  GETA  SHOP / 日本の下駄屋

 


45.GATHERING  OF  TEA  LEAVES / 茶摘み

 


46.CHILDREN  HOLIDAY / 子どもの祭り

 


47.FLOWAR  SELLING / 花売り

 


48.BEGGER(GOZENOBO)/ 物乞い(瞽女(ごぜ))

 


49.タイトルなし(少女2人)

 


50.タイトルなし(蛇の目傘を持って微笑む若い女性)

さて、すぐ上の写真の、このアルバムの最後を飾る女性について、
少し取り上げてみたいと思います。
このかたは、明治写真好きなら恐らくおなじみの女性ではないでしょうか:roll:
とてもよく見る女性です。
少なくとも明治30年頃までは、日本人は笑って写真を写さなかったようなのですが、
この女性は例外的にいつも明るくステキな笑顔で写っており、
非常に印象に残ります。

保存版 古写真で見る幕末・明治の美人図鑑」によれば、
この女性は横浜写真だけではなく、明治30年代後半の絵葉書写真にも
盛んに登場するそうです。
「私が集めただけでも20種類以上あるから、
おそらく100種類くらいは
発行されているのだろう。
様々な服装で笑顔をふりまいている。
外国人に好まれる顔立ちで、
明治30~40年代の土産写真の業界では
看板娘だったらしい。
実際に横浜元町の美術写真館では、
看板になっていたのである。
(文:石黒敬章)」

なお、石黒敬章さんはこの女性のことを「笑子ちゃん」と命名しており、
私の中ではこのピッタリなお名前がすっかり定着しているのですが(笑)
今、念のためネットで調べていたら、
「最近名前がわかりまして、時松っていうのが実際の名前だった、
本当の名前というか源氏名だったんですが」
という石黒さんの記載がこちらにありまして、へえ~と思いました。

これで、今回お譲りいただいた「蒔絵アルバム」の50枚の写真を
すべてアップさせていただきました、
少しでも楽しんでいただけたようでしたら幸いでございます(^^)

そして明日は、このアルバムが誰による製作の物なのかを考察し、
最終回とさせていただきたいと思います。

————————————————————————

本日の記事の参考文献: 

:nikukyu:「保存版 古写真で見る 幕末・明治の美人図鑑」編著:小沢健志/世界文化社


人気ブログランキング

トラックバックURL