95年前の手紙が・・

出張買取のお申し込み:メール→くまねこ堂・買取フォーム 

応援クリック、ぜひお一つお願いいたします! :yubiright:

現在2位です、皆様どうもありがとうございます!!

ネットでこんな記事を見つけて、へえぇぇぇ~~と思いました

「95年前の手紙が偶然孫の元へ、古いはがきコレクターとの出会いで。」

世の中には、いろいろなコレクターがいる。米カリフォルニア州に住む
63歳のニハド・エリック・ジノビッチさんが集めているのは、古いはがき。
数十年にわたって集めたその数は、実に20万通に上るという。
そんなジノビッチさんは先日、母国ボスニア・ヘルツェゴビナの
アンティークショップを巡っている際、1人の男性と出会った。
名前にピンと来たジノビッチさんは、大量のコレクションの中にある1枚のはがきを思い出し
男性に見せると、それは彼の祖父の物と判明。戦争によって家族に届かなかったはがきが、
95年ぶりに孫の手へ渡されたという。

英紙デイリー・テレグラフによると、元宝石商というジノビッチさんは
友人や地元のコレクターたちに会うため、たびたび母国の首都サラエヴォへ渡航。
米国やサラエヴォのアンティークショップで見つけたコレクションを見せ合っては
楽しんでいるそうだ。そして、先週もサラエヴォに降り立ったジノビッチさんが、
いつものように店を巡って掘り出し物を探索しているとき、出会ったのが件の男性だった。
男性はサラエヴォで歯科医をしているNadir Bicakcicさん。するとジノビッチさんは、
名前を聞いて1枚のはがきを思い出した。それは表にはハッキリと刻まれた
宛先や差出人、本文、“1915年6月13日”の日付、裏には兵士の集合写真という、
カリフォルニア州ロングビーチで開かれたアンティーク販売の催しで発見した絵はがき。
ジノビッチさんはこれを50ドル(約4,500円)で購入したそうだ。

はがきはサラエヴォに住む「Asim Bicakcic」さんに宛てられ、
差出人には「Edhem」という名が記されていた。
クロアチア紙24sataには、はがきの写真が掲載されているが、
95年前の物とは思えないほど文や消印がきれいに残っていることが分かる。
この存在が頭に残っていたジノビッチさんは、出会った翌日に再びBicakcicさんと対面。
はがきを見て、Bicakcicさんは「しばらく凍りついた」と話している。 

はがきを出したのは、彼の祖父のEdhemさん。
Edhemさんは、第一次世界大戦で出征していたハンガリーでこのはがきを書き、
投函したらしい。裏の写真には祖父らしき男性が「右から3番目」にいたそう。
戦争後は帰国を果たし、サラエヴォ市長にまでなったという祖父のはがきは、
妻に渡すようにと添えられてサラエヴォの親類宛てに送られたものの、
戦争の混乱で届けられることはなかったようだ.
こうして95年の時を経て、ようやく家族の元にたどり着いた1枚のはがき。
現在48歳のBicakcicさんは1941年に亡くなった祖父と直接顔を合わせることはなかったが、
95年前の手紙を受け取ることができ、感慨深い様子だ。はがきそのものは家宝として
大事に保管するというBicakcicさん、裏の写真を拡大して壁に飾る予定と語り、
今後はゆっくり祖父と顔を合わせていくつもりだという。

まあ~、素敵なお話じゃございませんか
95年ぶりにご遺族の手に渡るなんて、すごい!
うちにも、古い絵葉書はちょくちょく入ってきますので、
思わず身近に感じてしまうエピソードでありました、
もしこんな巡り合わせがあったら感激しちゃうなあ!
しばらくはまじまじと宛名とか見ちゃうと思います(笑)
でもこのジノビッチさん、よく宛名を覚えていたなあ・・
よほど変わった名前でもない限り、私はとても覚えていられる自信は無いです・・ガーン

応援クリック、お一つお願いします! :yubiright:人気ブログランキングへ


よろしければシェアお願いします

2010年7月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP