三浦環追悼記事「それいゆ」創刊号 /埼玉県戸田市で出張買取りでした。

出張買取のお申し込み:メール→くまねこ堂・買取フォーム 
携帯からのお申し込み→くまねこ堂・モバイル

よろしければワンクリックお願いいたします! :yubiright:人気ブログランキングへ

現在2位です、皆様どうもありがとうございます!

「それいゆ」ネタ、続きます。
昨日、創刊号に載っていた諏訪根自子さん(ヴァイオリニスト)の記事を
ご紹介しましたが、同じ号にソプラノ歌手の三浦環女史の追悼記事も載っていました。
この創刊号が出版されたのは昭和21年8月で、三浦環さんが亡くなったのは
昭和21年5月ということですから、まだ亡くなられたばかりだったのですね。

記事の中に、生前の面白いエピソードが載っていました。

先生の芸術が又、階級をも超越してゐると云ふ一つの証左に、
ずつと伴奏をしてゐらした赤松二郎さんから伺つたこんな挿話がございます。

樺太に演奏旅行なさった時の話ですが、植民地気風の横溢したある町で、
それも気の荒い炭坑夫ばかりを相手に歌はれたことがありました。
先生がステージに立たれますや否や、頭から失礼な野次が飛んださうでございます。

こんな場合、大抵の方はプログラム通りあつさりやって、不愉快になり
乍ら引揚げてしまふものですが、先生はなんとかして、
この無知な聴衆に理解させたいと、終りまで堂々とお歌ひになり
到頭会場は水を打つた様に静かになり、皆聞きほれてしまつた相でございます。
何ものにも、共感を興へる先生のお力は芸術の偉大さと共に、
立派な人間性の美しさも多分にあづかつてゐると信じてゐるのでございます。

三浦環女史の音楽に対する真摯な姿勢、
そしてたとえ相手がどんな聴衆であっても自分の歌を伝えたいという
誠実さが伝わってくるエピソードだと思います。

「それいゆ」を見ていると、当時はクラシックの女流演奏家も
しばし憧れの女性像として写真や記事が載せられていたようですから
(女性が働くことがまだ困難だった当時、
 男性と肩を並べて活躍する女流演奏家達は
 女性達の憧れの的だったのかもしれませんね)、
三浦さんがもう少し長生きしていたら、
「それいゆ」にもファッションの記事など色々掲載されて、
紙面を賑わせていたかもしれませんね。

———————————————————–

(弊ブログ内の、三浦環さん関連記事)
三浦環ブロマイド(2009/12/22)
三浦環の芸の力(2008/2/10)
昭和9年の芸大(旧・東京音楽学校)(2008/1/5)
昭和初期の陸軍病院の写真/三浦環慰問(2007/3/20)
三浦環(2007/2/2)
———————————————————–

 

応援クリック、よろしければお一つお願いいたします!:yubiright:人気ブログランキングへ
—————————————————————-
当店も協賛させていただいております、
「NPO法人犬と猫のためのライフボート」さん主催の、
犬猫譲渡会のお知らせです。

11月7日(日) 
名古屋市「スタジオドッグラン」
11月7日(日) (中部主催)
岐阜県海津市「長良川サービスセンター」

参加には事前申し込みが必要です、詳しくはこちらをクリック!
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

処分されるはずだった保健所等から引き取られ、
スタッフやボランティアさんに愛情を持って育ててもらい、
元気に人懐っこく育ったたくさんの子達が飼い主さんを待っています。
一匹でも多くのワンちゃん、猫ちゃん達が、
素敵な家族と出会って幸せになれますように!


よろしければシェアお願いします

2010年11月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP