黒岩涙香「幽霊塔」


人気ブログランキングへ

 

先日新刊屋さんで、こちらのマンガを見かけました。

 

「幽麗塔」乃木坂太郎/小学館

ほほう、黒岩涙香(1962年(文久2年)-1920年(大正9年))の
「幽霊塔」がもとになっているのか、それは読んでみなければ!と早速読んでみました。

・・面白いんだけど、でもだいぶ涙香の作品とは違っているようなので、
ちゃんと本家も読んでみたいなあ・・・と思い、アマゾンで検索。
[PC]_ヾ(・_・ )カタカタ

売ってるな、買っちゃおうかな。
いや、でも急いでるわけじゃないしちょっと待ってみるか、
なんせワタシは古本屋妻(* ̄ー ̄)フフフ:hoshi1:

そしたらそれから2週間後、ミステリーの大量の買い取りがありましてね!
(ミステリーだけでたぶん数千冊・・・)
涙香の「幽霊塔」も、乱歩の「幽霊塔」も、ばっちり入ってきましたよ、ふふふふふ!!

「明治探偵冒険小説集1 黒岩涙香集」伊藤秀雄編/ちくま文庫

裏表紙の解説文には、
「その怖さと恐ろしさに憑かれたようになってしまって、
 (中略)部屋に寝転んだまま二日間、食事の時間も惜しんで読みふけった」
(江戸川乱歩「探偵小説四十年」)

んまあ~~、乱歩がそんなに夢中になって読みふけってしまうなんて、
それは面白そうね!
ちなみに乱歩の「幽霊塔」は、この涙香の作品を翻案したものだそうです。

ちなみに今ググって調べてみて初めて知ったんだけど、
この涙香の「幽霊塔」も、そもそも
A・M・ウィリアムソンという女流作家の小説『灰色の女』を基にした
翻案小説なんですね(Wikipediaより)、へえ~~。

よ~し、今日これから早速読んでみよう、楽しみだ!


よろしければシェアお願いします

2012年4月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP