昭和10年代の渋谷駅前、麻布霞町、銀座、浅草六区、円タク

人気ブログランキングへ   現在2位です(本・読書部門)、どうもありがとうございます!   「想い出の東京 師岡宏次写真集」(講談社)という本が入ってきたので、 眺めて楽しんでおります。 昭和5年から昭和47年に至る42年間の東京の写真が掲載されており、面白いです。   「六区の映画街」(昭和12年) 浅草六区ですね。 かかっている映画はフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースの「気儘時代」。   「ブロマイド屋」(昭和13年) 昔はよくあったというブロマイド屋さん。 ズラリと貼られている写真の人たちの名前が知りたいなあ。 左上のディートリッヒしかわかりません。   「円タク」(昭和10年) この時代の大衆車はフォードである。1円が最高で30銭でも乗れた円タク時代。 前に空車の札を出して走っている。これは日比谷交叉点である。(解説より) へえ、これが円タクですか!:D 古い本を読んでいるとよく出てきますけど、こんなにかっこいい車だったんですね。   「銀座八丁」(昭和12年) 服部(和光)の上から見おろした五丁目から八丁目方面だそうです。   「渋谷駅前」(昭和14年) 昭和14年の渋谷駅前! きっと当時としては賑やかな街並でしょうが、今の巨大さとは比ぶべくもないですね。   「露地の中」(昭和10年、麻布霞町にて) ポンプ井戸が見える。昔は一つの井戸を共同で使っていた。その向こうの円柱は共同水道で、 井戸の後さらに水道がついたことを物語っている。大正時代はこのような長屋には 個別に水道がなく、各戸で鍵を持ち共同で一つの水道を使っていた。 ご飯のおはちが乾かしてある。高々と干す物干場、瓦屋根には引窓が見られる。 庭や屋根に、植木の鉢が置いてある。(解説より) 麻布霞町って・・・六本木ヒルズとかの近くですよね(汗) ちょこっとググってみましたが、3LDKの中古マンションが2億円近くて売られてますよ、 2LDKの賃貸が40~60万円(一か月)とか書いてありますよ、ヒイイィィィ(汗) ・・・この写真の頃からずーっと住み続けてたら、今や大金持ちですねえ(苦笑)

よろしければシェアお願いします

2012年8月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP