くまねこ箱根旅行(2)箱根彫刻の森美術館


人気ブログランキング

2日目はまず、おなじみ「箱根 彫刻の森美術館」に行ってきました!
ここは山が連なる美しい景色ときれいな空気の中、
広大な敷地の中を散策しながら気軽にアートに触れ合えますので、
小さな子供でも安心して連れてくることができますね。
子供が遊べるプレイスポットも充実!(箱根 彫刻の森美術館 キッズ・ファミリー

————————————————————————

こちらは「しゃぼん玉のお城」と呼ばれるプレイスカルプチャー
(遊戯彫刻:子供たちが中に入って遊ぶことができる造形作品)です。

かなり楽しそうなので、くまねこスタッフが「私も(僕も)中に入りたい!」
と口々に申しておりましたが、
残念ながら中に入って遊べるのは子供だけ、大人は外から見ているだけ!

 


次に向かったのは「ネットの森」です。
外観は「ん?どこがネットなの?」と思いますが、

中に入ると、うおおお!巨大なネットのハンモックが!
造形作家・堀内紀子、建築家・手塚貴晴+手塚由比による
コラボレーション作品で、手編みなのだそうですよ、すごい!!!

 


「星の庭」彫刻家・井上武吉の設計による星型の迷路。
こちらは大人も入れますので、童心に帰って一緒に楽しめます♪

ちなみにくまきちは、パンダ子の行く先々に先回りをして、
「ワアッ!」と出てきてはパンダ子を楽しませていました。
すごいなーー、私は先回りどころか、迷わないようにするだけで
精一杯だったよ(;^^)

 


「めだまやきのオブジェ」
やっぱり子供はめだまやきが好きなんでしょうねえ、喜んでました。

持参していたアンパンマンたちのぬいぐるみを取り出し、
くまねこスタッフに遊んでもらうパンダ子。
「黄身につけるんだ~~

と言って、アンパンマンたちを黄身にぎゅうぎゅう押し付けてました(;‐_‐)
食パンマンは美味しくなるかもね・・!?


あと、写真を撮るのを忘れてしまったんですが、
じぐザグ△(さンカく)ワーるド」もパンダ子に大好評で、
その場で仲良くなったお友達と一緒にたくさん遊んでいました(^^)

彫刻の森美術館のような、大人から子供までのびのびと楽しめる美術館は、
子供を持つ身になって改めて貴重でありがたい存在だなあと感じます。

 

次回は、彫刻の森美術館で購入した大変ステキな猫絵本をご紹介します!
猫好きの皆様、お楽しみに!


人気ブログランキング


よろしければシェアお願いします

2017年11月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP