(3)台湾に行ってきました! /東京都世田谷区と埼玉県越谷市で、学術書、専門書、図録などの本、優勝カップ、トロフィー、昭和30年代パンフ、社内報、オレンジカードなどお譲り頂きました。

人気ブログランキングへ

さて、3日目のメインイベントは九份(きゅうふん、ジォウフェン)行きと決まったわけですが、
Wuさんとの待ち合わせは16時だったため、
それまでの時間駆け足で台北市内を観光することにしました。

この赤レンガ造りの壮麗な建物は、1919年、日本統治時代に建てられたという総統府です。
中も見学できるということで(時間や曜日が限られているのでガイドブックで要確認!)
さっそく行ってみると、すごい数の見学客でごったがえしておりました8O:ase1:

でもどうやら日本人はほとんどおらず、ほとんどが地元の人か中国から来た人のようでした。
中国の建国記念日が10月だそうで、そのため特に10月は見学する中国人が多いのだそうです。
先生に引率された小学生たちも多く、きっと地元の学校の社会科見学コースなんでしょうねえ。

さすが総統府だけあってセキュリティチェックが厳しく、
パスポートの確認、名前とパスポート番号を控えられ、荷物のチェック、金属探知機をパスし、
やっと中へと入ることができます。
でも軍人さんたちは「ケンガク?」「スミマセン、チョトマッテネ」など
かたことの日本語で声をかけてくれて、皆さん優しかったです(^^)
中では、日本語が上手なチャーミングな初老の女性がガイドをしてくれて、
ごく一部ですが台湾の歴史を駆け足で知ることができました。

次は、国立台湾博物館へ。

こちらも、1908年、日本統治下に建てられた建物で、台湾最古の博物館ということです。
外側も中も、大変素敵な建造物でしたが、
いかんせん展示物が、むっ、むむう・・・:body_deject:

もっと良い物を飾ってあげないと、せっかくのこの古くて素敵な建物が
もったいないわあ・・・:naku: というのが正直な感想でありました。

お次は台北101へ。
その名の通り101階の超高層ビルディングで、要は日本の東京タワーかスカイツリーのようなもの、
・・正直、私はもう都会には興味がないのだが・・(;-_-)と思いつつもとりあえず行ってみると、
予想外に中ではたくさんの珊瑚の美術品が展示&売られていて、
くまきちにはそれらが良い勉強になったようで良かったです。

眺望を楽しんだ後は、台北101のキャラと記念撮影 Σp[【◎】]∀・´)

顔が「101」なのね(´∀`)
ちなみにこのキャラクターは、ラッキーレッド、クールブラック、スマートシルバー、リッチゴールドと
4色の色違いのキャラクターがおりまして、
写真の彼は黄色のリッチゴールドくん、お金儲けが大好きなんだって(笑)
ご利益あるかな?:crown:

続く!


よろしければシェアお願いします

2011年10月に投稿した古本出張買取り│くまねこ堂・妻のブログの記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP