買取事例

千葉県船橋市で、北町一郎「東京探偵局」(探偵小説)をお譲りいただきました

「東京探偵局」著:北町一郎/婦女界社版/昭和15年発行

東京丸の内の堂々たる”ビルデング街”に”東京探偵局”という事務所を構え、
所員800名(!)とあらゆる科学的方法を駆使し、いかなる難事件もたちまち解決。
本物の警視総監から”街の警視総監”として一目も二目も置かれている名探偵、
それがこの”樽見樽平”です!

東京都中央区で「東京青梅堂製 日本大相撲絵葉書」をお譲りいただきました

古いお相撲さん(戦前)の写真が入ってきました。
「東京青梅堂製 日本大相撲絵葉書」
かっこいいお相撲さんが多いです、一部ご紹介(^^)

 
 
 

東京都武蔵野市で、楊洲周延の浮世絵「里の花廓の賑」をお譲り頂きました

楊洲周延(ようしゅう ちかのぶ)の浮世絵
「里の花廓の賑」(明治22年)をお譲り頂きました。

あでやかな花魁たちがズラリと並び、華やかな絵ですね。
着物の柄も、大胆で実に豪奢です。

花魁たちの名前を見ると、「角海老 小蝶」「角海老 海老羅」「角海老 金龍」などの文字が
書かれています。
角海老ってなにか意味あるのかな?とググってみたら、
ウィキペディアに載っていました。

——————————————————————————-
吉原遊廓に存在する屋号。
明治時代に吉原で奉公していた宮沢平吉が「角尾張楼」という見世を始め、
その後「海老屋」という見世を買い取り、
そこに「角海老楼」という時計台付きの木造三階建ての大楼を建てたのが起源とされる。
当時の「角海老楼」は総籬の高級見世で、
歴代の総理大臣が遊びに来るような格式の店であったという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E6%B5%B7%E8%80%81 

また、こちらの「明治の時計塔」というページ 
http://www.kodokei.com/ot_014_9.html には、
明治当時の「角海老楼」の姿が載っていました。
当時、角海老楼の時計塔は東京名所で、
樋口一葉の名作「たけくらべ」(明治27年)に
「朝夕の秋風身にしみ渡りて・・・
 角海老が時計の響きもそぞろ哀れの音を伝へるやうに成れば・・・」
という叙述があるのだそうです。

 

東京都武蔵野市で、浮世絵「世界第一チャリネ大曲馬」歌川正信(梅童政信)をお譲り頂きました

「世界第一チャリネ大曲馬」歌川正信(梅童政信):明治19年

明治19年(1886)にイタリアから来日したサーカス団・チャリネ一座は、
日本に大反響を巻き起こしました。
そのチャリネ一座の様子を、今に伝えてくれる浮世絵です。

まず、様々な動物たちが目を引きます。
馬、トラ、猿、象、ライオン、大鳥(ダチョウでしょうか?)、
きっと当時の日本人は見たこともない猛獣がいたことでしょう。

人間の芸としては、チャリネ一座の代名詞でもあった曲馬をはじめ、
軽業、体操、道化、一本足の人の芸などが描かれています。

鮮やかなピンク色がまぶしいですね、
当時の華やいだ空気を伝えてくれます。

東京都文京区で、沖縄に関する専門書をお譲りいただきました

沖縄に関する専門書がたくさん入荷いたしました。
お譲り頂いたお客様には、買い取り後にご丁寧なお礼のメールもいただきまして、
嬉しく拝見いたしました、どうもありがとうございました!

水木しげるのサイン色紙

水木しげるさんの色紙です。
残念ながらイラストは印刷なのですが、サインは直筆のようです。

年代物のパンフレット・新聞・チラシ

「スバル座・ニュース 第8号」昭和22年発行

イングリッド・バーグマンシャルル・ボワイエ主演の
ガス燈」(1944年・アメリカ映画)のパンフレットです。
スバル座というのは、今も続いている有楽町スバル座の前身のことなんですね。
1946年に「アメリカ交響楽」でオープンし、続く「ガス燈」は独占公開という形で大ヒットを記録。
しかし1953年に火災で焼失してしまい、有楽町ビル”の3階に『有楽町スバル座』として復活を果たしたのだそうです。
こちらのページに詳しく書いてありました→港町キネマ通りホームページ

「朝日新聞号外/昭和33年11月27日(水)

皇太子(現天皇)と美智子様のご結婚が決まった時の号外です。

「喫茶と機上食の店 銀座空港」という、銀座にあったレストラン(喫茶店?)のチラシです。

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP