買取事例

ミステリー・推理小説

飛鳥高(あすかたかし)、鷲尾三郎の「葬られた女」、三橋一夫の「骨董殺人事件」なんかもありますね。
横溝正史の「悪魔が来りて笛を吹く」は、色々な版で何度も何度も再版されていますが、写真のものが正真正銘の初版なんだそうです。

大ソプラノ ローザ・ポンセルの写真集

往年の大ソプラノ、ローザ・ポンセル(1897年~1981年・アメリカ)の写真集です。
ジャコモ・プッチーニ、シャーリー・テンプル、
その他、エンリコ・カルーソー(T)やエツィオ・ピンツァ(B)、若き日のルチアーノ・パヴァロッティ(T)と写っている写真などがあり興味深いです。

「少年クラブ」昭和35年/講談社

「少年クラブ」昭和35年/講談社

巻頭を飾るのは「少年ハリマオ(堀江卓)」。
その他「月光仮面」「まぼろし城(桑田次郎)」などです。

昭和の色々な番付

「東京蒐集家番附」「全国蒐集家番附」「こけし作者番附」「全国郷土玩具番附」
昭和15・16年発行/旅の趣味会・蒐集時代社

この頃は、色々な番付を作るのが流行っていたそうですね。

「風景の死滅」松田政男/田畑書店/1972年3版発行

「風景の死滅」松田政男/田畑書店/1972年3版発行

表紙を開くと、「写真提供:中平卓馬」とあります。

「戦争論」フェルヂナン・フォッシュ元帥著、伊奈重誠訳/山本書店/昭和10年発行

「戦争論」フェルヂナン・フォッシュ元帥著、伊奈重誠訳/山本書店/昭和10年発行

「戦争論」といえばクラウゼヴィッツを連想するけれど、これはフェルディナン・フォッシュ元帥という人が書いたものです。
Wikipediaによれば、この人は1851年1929年フランス陸軍軍人だそうです。

「通叢書 菓子通」三好右京著/四六書院/昭和5年発行

「通叢書 菓子通」三好右京著/四六書院/昭和5年発行
昭和5年に発行された、お菓子の本です:roll:
装丁も素敵ね!

パラパラとページをめくると、全体の2/3くらいは和菓子のことが、
1/3くらいは西洋菓子のことが書かれています。
カステラ、チョコレート、ココア、ビスケット、キャラメル、アイスクリームなど、
今でもおなじみの名前が並んでいますね。
けれども明治時代には、西洋菓子は思うように発達しなかったようです。

「賢妻良母への道」杉靖三郎著/昭和33年婦人公論新年号付録

「賢妻良母への道」杉靖三郎著/昭和33年婦人公論新年号付録

「良妻賢母」をひねったような題名ですが、
きっと堅苦しい感じのお作法とか女性は家につくすべしとか
そういうことが書いてあるのかな・・と思いながらパラパラとめくってみたら、
あら全然予想と違いました。
内容は主に「性愛」について書かれておりまして
まずビックリ(至ってまじめな本ですけれどもね)。
そしてコンセプトも、それまでの男性封建制の下にいた女性たちが
本当の「女性としての幸せ」を得られるように、と書かれている本でございました。

「ロック冒険記(1)」手塚治虫/鈴木出版

「ロック冒険記(1)」手塚治虫/鈴木出版/昭和31年再版発行(初版は昭和30年)

「ロック冒険記」はこれまでに何度も再版されていますが、
昭和29年まで連載されていたそうですから、これが最初の単行本なのでしょうか。
ロック(主人公)と相棒の大助が降り立ったディモン星という謎の惑星には、
粘土人間ルボルームと、鳥人エプームという2つの種族が住んでおり、争っておりました。
SF冒険記のようですが、実際に読んでみたところ
子供向けに書かれた割にはなかなかシリアスな内容のようです。

「飼い鳥と動物」昭和33年2月号

「飼い鳥と動物」昭和33年2月号

昭和33年の鳥の飼育などに関する雑誌で、品評会の様子なども載っています。

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP