人気ブログランキングへ 現在6位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

おくつろぎの様子の、もえにゃんとシュガーくん。
すると、

シュガーくんがカパーーッと大口を開けて見事な欠伸をしたため、

「まあぁぁ~~!
 シュガーくん、立派な欠伸ねえ~、
 すごいわねえ~!!(*´∀`ノノ”☆」

と思わず褒めたたえたところ(笑)、

 

ほっぺをふくふくっと持ち上げて、
嬉しそうな得意げな表情を見せてくれました(*´∀`*)ラブリー!

いわゆる”ドヤ顔”というのでしょうか(笑)、
猫って、かまってもらえて嬉しいときや褒められて嬉しいときなどに、
こういう表情をしてくれるんですよね、とってもかわいいです!

猫と上手におつきあいするコツは、
とにかく褒めて褒めて褒めまくることだと思っているので、

「今日もお毛並みツヤツヤね~~、とっても素敵だわ~~!」
「お腹いっぱいになったのね~、良かったわね~~!」
「おっきなウンチね~、健康で立派だわ~~!」
(*´∀`)ノノ”☆

などなど、とにかく何でもいいので事あるごとに褒めているワタクシ。
傍から見たらちょっとアホかもしれませんが(笑)
猫たちが喜んでいるようなので、良いのです!ハッハッ(。+・`∀・´)v 

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ    現在4位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

「にゃん子のために、オペラのDVDボックスを市場で買ってきたよ~!
 ⌒Y⌒Y⌒ ヾ(*´ω`)ノ :hoshi1:

「んまあ!∑(゜∀゜*)」

 

 

もえにゃん、どいて・・・・(´・д・`)

 

 

ちがいます、スミマセン、、、、(;;-_-)

 

オペラのDVD、35組セット!

 

すごーーい、豪華~~!!:hakusyu:
中のキャストをチェックしてみたところ、35組中、
私が観たことあるDVDは7組だけでしたので、
これはた~っぷりじ~っくり楽しめそうです

あと個人的に嬉しいのが、特典として付いている
「メトロポリタン・オペラ・センテニアル・ガラ・コンサート」。
これ、昔LDで持っていて大のお気に入りだったんですよね!
1983年10月に行われた、メトロポリタン・オペラ創立100周年を祝うビッグ・イベントで、
ため息が出るほど豪華な世界一流の歌手たちが顔をそろえています。
中でもプラシド・ドミンゴ(T)とミレッラ・フレーニ(S)が歌う
ヴェルディ:歌劇「オテロ」の二重唱”もう夜も更けた”は、
初めて見た時に子供心にも深い感動と恍惚感をおぼえたことをよく覚えており、
ずいぶんと久しぶりにまたあの名演を見られるのかと思うと、
それだけでドキドキしてしまいます。

 

 

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ 現在4位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

今日くまきち(夫)は4件の出張買取で、
東京都墨田区⇒小金井市⇒足立区⇒千葉県千葉市稲毛区というラインナップ。
連休中で道も混んでおり、お客様のおうちにいた時間よりも
運転していた時間のほうがずっと長かったと、さすがに疲れた様子でした。
ハフウ~(;´ω`) ヾ(´Д`)オツカレ~

————————————————————–

おととい買ったこの本、いいですね~、さっそく重宝しています。

「決定版 ずっと使える『一汁二菜』献立帳」著:浜内千波ほか/世界文化社

解説:
日本のきちんとした献立は、一汁三菜といわれてきました。
これはご飯と主菜(大きなおかず)、副菜(小さなおかず)2品、汁もので構成されます。
しかし忙しい現代、毎日一汁三菜を作るのは大変。
副菜をたっぷりめにして1品にした「一汁二菜」こそ、作りやすくて栄養バランスもとれて、
そして家族のみんなが満足するかたち。
ご紹介する献立の数々で、日々の食卓がどうぞ豊かになりますうように。

おそらく毎日の食事を作るにあたって、ついついめんどくさくなってしまうのが
献立を考えること・・(;´д`)
この本は「一汁二菜」が具体的な組み合わせで表示されており、
栄養バランスも考えてこうやって組立てればいいんだな~と
とてもわかりやすいです。:hakusyu:

最近とみに、毎日の”食”の大切さを感じるようになってきたのですが、
先日、
「プレジデント Family (ファミリー) 」2013年 11月号/特集:子供の知能を伸ばす料理ベスト30
という雑誌を読んでいたところ、色々と興味深いことが書かれておりました。

「熊本の小学5年生を対象に朝食メニューと学力の相関を調べたところ、
 最も点数が低かったのは「何も食べていない」と回答した子供たちで、
 400点満点中216.7点。
 注目したいのは、朝食を食べてきた子供たちだ。朝食が「1品」の子供たちは230.0点、
 「2品」は252.5点、「3品以上」は262.8点というように、品数が増えるにつれて
 点数もアップしている。」

「私は東大で栄養学概論を教えているのですが、授業の中で学生に
 『実物大そのまんま料理カード』という教材を使って、自分が食べたい1食分のメニューを
 考えてもらったことがあります。すると、しっかり一汁三菜の絵を組み立てる学生が
 少なくないのです。やはり家庭でしっかりと食べさせてもらってきた子たちが、
 成績優秀に育って東大に入ってきている。そういう印象を持ちました。」

「女子栄養大学ではこの6年間、全国トップクラスの東大合格者数を毎年出している
 中高一貫校と、やや上レベルの進学校、普通の学校という3校において、
 日常家庭での食品摂取の内容を年1回のペースで定点調査している。(中略)
 『”調査した範囲内においては”というただし書きが付きますが、
 超ハイレベル校に通う子供たちは、全体的に驚くほどバランスのいい食事を取っていて、
 他の2校とは少し違います。
 不足しがちなカルシウムも、牛乳や乳製品をはじめとする食品を通して、
 しっかり取っています。とにかく中学に入った段階で体格が非常によく、
 スラリと身長が高く、しかも骨や筋肉もしっかりしているのです。」

やはり家庭の食事というのは大事なんだなあと、つくづく感じられた次第です。
・・でも、本来理想とされる「一汁三菜」や「一日30品目」なんて目指しちゃうと、
あっという間に

「ムリムリ━━━━(゚Д゚)━━━━ィ !」

となってしまうことが目に見えているので(笑)
一汁二菜を目標にガンバロー!

 

 

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ  現在4位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

買い取りで入ってきましたこちらのお酒は、中国の有名なお酒で、
マオタイ酒(茅台酒)といいます。

「中国の酒事典」(書物鶴亀社)によれば、1704年から生産が始まったそうですから、
長い歴史を持つお酒です。
1915年のサンフランシスコ万国博覧会(パナマ太平洋国際博覧会)では
世界の銘酒の一つにも選ばれ、
名実ともに中国の「国酒」と称され、政治家ら国家主導者が海外の首脳をもてなす際に
飲まれてきました。

実はこのマオタイ酒、近年は日本でも熱~い注目を集めておりました、
なぜなら中国の富裕層が選ぶ人気ギフトであると同時に、
企業幹部や役人への賄賂での使用が急増したそうで、
日本でも価格が高騰していたからです。
ほんのしばらく前(数か月前?)まで、骨董の市場で、マオタイ酒1つで
数十万から数百万円?の値段が付くこともありました!

ところが。
今年に入り、中国政府が公費による贈り物やぜいたくを禁じる
「倹約令」を出したため、マオタイ酒の価格や株価は下落、、、

いやはや、物の相場というのは、様々な外的理由により
突然乱高下する場合もあるということがよくわかる一例であります 

(参考記事:
 「価格.com「茅台酒」に関連する情報
 「ウィキペディア 茅台酒
 「中国、汚職取締り強化の影響は?」)

 

ちなみにこちらもマオタイ酒なのだそうですよ、
色々な種類があるんですね。

 

 

 

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ 

 

ワタクシが座椅子に座りますと、
すかさずやって来てくつろぎまくる猫ズ・・・

 

暇なときは良いのですが、困るのは
「猫さんたち―、ワタクシそろそろ出かけますよー

 

 

ブヒャッ 

 

・・・彼らを無慈悲に膝からどかすことができようか?!
いんやそんなひどいこと絶対できないっ!!:naku:  (´ω`∥)

猫飼いの皆さんならこの気持ちわかりますよねー、ねーねー!!

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ 現在5位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

今日はユナイテッドシネマ豊洲の「とっておきのサイレント映画」を観にいってきました。
演目はジャネット・ゲイナー、チャールズ・ファレル主演の名作「第七天国」(1927年・アメリカ)で、
ピアニストの柳下美恵さんによる生ピアノの伴奏つきです。

「第七天国」は、記念すべき第1回アカデミー賞で
3部門(監督賞、主演女優賞、脚色賞)を獲得した作品として知られています。
この映画で初共演をした主演のC・ファレル(長身ハンサム)&J・ゲイナー(小柄美人)の
コンビは大人気を博し、
日本でもこの人気にあやかり、鈴木傳明田中絹代のコンビでヒット作を生んだのだそうです。

いやあしかし今から90年くらいも前の映画なのに、
さすがに名作として残っているだけあって、今見てもグイグイ惹きつけられる魅力があり、
涙もろいワタクシは途中から泣きながら観ておりました:naku:
なにが良いって、主演女優のジャネット・ゲイナーの純情可憐な演技が素晴らしかったです!
過酷な運命に立ち向かっていくヒロインの健気な姿は、彼女の華奢で小柄な容姿も相まって、
思わず見ている者の涙を誘います。


ジャネット・ゲイナー(「映画はやっぱりスターから」著:淀川長治 より)

そして生ピアノによる伴奏により、とても優雅なひとときを味わうことが出来ました。
ロマンチックで切ないシーン、ユーモラスなシーン、
そして戦争シーンの迫力、残酷さ・・・
次々に変わっていく映画の映像にぴったりとマッチする音楽を、
その場で生のピアノで味わうことができるのは、誠に贅沢な楽しみであります。

次は「『瀕死の白鳥(1917年・ロシア映画)』~聖なる夜の上映会vol.7」
観に行ってみたいと思っています、楽しみです!

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ  現在5位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

なにやら小さなフィルムが、買い取りで入ってきました。

 

 

わあ~、鉄腕アトムだ~!∑(゜∀゜*)
これは昭和30年代ごろの、明治製菓から発売されたキャラメルに付いていたおまけの
「アトムフィルム」だそうです。

 

こちらのページ(懐かしのヒーローズ 子どもの頃の宝物【岐阜県博物館】)によれば、
引換券で「アトムスコープ」がもらうことができ、
その中にフィルムを入れて劇場気分を味わうことができたのだそうです。
楽しそうですね(^^)

 

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ

 

2013-3-26の記事でご紹介した、手塚治虫さんの「ブラック・ジャック」直筆原稿を、
アルバイトのキョーコさん(芸大(美)出身)が綺麗に額装してくれました!!

 

 

うおおお~~~、すごい~~~!!

 

こんなに素敵になって帰ってくるなんて予想以上でした、
さすがですねえ、、、(ため息)
「シャチの詩(うた)」の名場面の数々が、頭の中によみがえってきます(TT)
これはくまねこ堂の宝物にしなくてはなりませんね、
キョーコさんどうもありがとうございました!

投稿者:くまねこ

Page 30 of 209« First...1020...2829303132...405060...Last »