古本・なつかしもの屋 くまねこ堂

くまねこ堂・妻のブログ

中谷翫古の作品名が判明!


人気ブログランキングへ

以前、キョーコさん担当の「骨董買取り品紹介ブログ」で
中谷翫古(なかたに がんこ)の作品を載せたことがあったのですが、
その記事をご覧になった中谷翫古のご遺族のかたが
当店に連絡を下さったのです!

 

ブログの中でキョーコさんが
「あぁ、、作品名がものすごーく気になります。。」
と書いていたのですが(笑)
その作品名を、今回ご遺族のかたが教えて下さいました!
こちらの美しい女性の木彫座像、タイトルは「香り」というのだそうです。

 

女性が胸元に大事そうに抱えているのは、香道具(香炉)だったんですね!
お香のいい香りがこちらにも漂ってくるようです、
そして表情やお着物、髪の降ろし具合なども相まって、
美しい女性の匂い立つような艶やかさを感じさせますね。

作者は中谷翫古(なかたに がんこ・1868-1937)。
(ちなみにご遺族の方たちは、「かんこ」と呼んでおられるそうです)
明治~昭和時代前期の彫刻家で、
木彫に日本絵の具をほどこす美人風俗像を得意としました。
まさにこの彫刻もそうですね!

中谷翫古に関して残っている資料は多くはないようで、
「ブログの記事を見つけたときは嬉しかったです(^^)」
とご遺族のかたがおっしゃって下さった、
というのをくまきち(夫)から聞いてとても嬉しかったです!

これまでにも何度か、こうやってブログで紹介したかたのご遺族から
ご連絡をいただいたことがありますが、
そういうときは本当にブログを書くことの意義を感じますし、
嬉しさとやりがいも改めて感じることができます。

このたびはわざわざご連絡を頂きまして本当にどうもありがとうございました、
もしもまた何かございましたら、ぜひどうぞよろしくお願いいたします!

 

匠の技:雛道具、極小の美


人気ブログランキングへ

 

昨日の記事にちなみまして、今日はおひなさま番外編です。

おひなさまの主役といえばもちろんお人形ですが、
人形たちを彩る名脇役、小道具の存在も忘れてはなりません。
特に江戸時代には、大名や豪商などの命(めい)により、
名職人さん達の手によって大変精巧で手の込んだ物が作られました。

たとえばこちらは、徳川11代将軍・家斉(いえなり)公お好みの品々と
伝えられている銀細工だそうです。
金や水晶、珊瑚も使われ、飾り物と雛道具が揃います。
どうでしょう、この精緻で見事な出来栄え!
(「日本の旧家 雛めぐりの旅」より)

 

 

こちらも、徳川宗家に伝わる雛道具だそうでございます。
大きいものでも高さ7センチ以下、細密で美しい金蒔絵の細工には
ため息しか出ません、、、
(「日本の旧家 雛めぐりの旅」より)

 

ちなみに江戸時代の高級雛道具&芥子雛(けしびな・ミニサイズの雛のこと)といえば、
上野池之端にあった「七澤屋(ななさわや)」というお店が代表格でありました。
将軍家大奥を始め、江戸在住の各大名家、富裕な町人階級の間で殊に珍重され、
そのお値段は「其値(あたい)は実に世帯をもつより貴(たか)し」
伝えられるくらい、高級だったのだとか:kaomoji3:

しかしそれほどまでの栄華を誇った七澤屋も、
江戸幕府の瓦解で多くの得意先を一挙に失ってしまったとみえ、
明治維新とともにあっけなくその終焉を迎えてしまったそうです・・
そして誇り高いその職人集団も、一時期他店へ移った形跡こそあれ、
やがて姿を消してしまったそうです。
(「芥子雛と極小の雛道具・玩具たち/「緑青」Vol.27)」より )

骨董屋という職業柄、そのうち七澤屋製のお雛道具も
入ってくるのだろうなあとワタクシ期待しておりまして
(不思議とこうやってブログに書くと大体入ってくるので、きっとそのうち・・(笑))
年を経るごとにちょっとずつ、お雛様のお飾りや段を増やしていくのも
また楽しそうです。

こんなところでも、趣味と実益を兼ねられる
まこと楽しいお仕事でございますね 

 

参考文献: 

 

おひなさまがやってきた!


人気ブログランキングへ

 

我が家に、お雛様がいらっしゃいました!

御人形司・市川豊玉さんによる作品でございます。
とても美しいです、素敵です!!(TT)ジーン

 

 

ちなみに、関東ではお内裏様を向かって左、
関西ではお内裏様を向かって右に飾るのが一般的だそうです。

日本では古来から左は右より格が高いとされており、
関西では今でもその慣わしに従って、お内裏様は向かって右に飾られるようです。
しかし明治時代、西洋の風習に習って「右が上位」が取り入れられるようになり、
大正天皇が即位の礼で皇后陛下の右に立たれたことから、
関東ではそれ以降、お内裏様を向かって左に飾るようになったと言われています。

我が家は関東ですが、日本古来の慣わしに習ってみたいと思いまして、
お内裏様を向かって右側に飾ってみました。

 

今回、パンダ子(娘)のためのお雛様を購入するにあたって
事前に吟味をいたしまして、
雛人形について初めて知ったことが色々とあったのですが、
一番びっくりしたのが、今は中国製のものも多いということでした。
(食品ではないので、産地を表示する義務がないそうです)

もちろん一番大事なのは、娘を思う親心や孫を思う祖父母の気持ちであり、
心をこめて購入し飾ることが一番大切なことだと思いますので、
どのお人形が良くてどのお人形が悪い、ということは決してないと思います。

ただ、私共は古書骨董を商いとしていることもあり、
日本の伝統文化や伝統技術というものを何より大切にしたい。
そして雛人形は本来、単なる可愛らしい愛玩物ではなく、
穢(けが)れや災いを依代(よりしろ)となって引き受けて下さる
神聖で畏れ多い存在であるということを、パンダ子にもしっかりと伝えていきたい。

そんな思いから、ぜひ雛人形の伝統職人さんのお店で
直接お人形を購入したいなあと思いまして、
浅草橋にございます御人形司・市川豊玉さんのお店で
今回購入をさせていただきました。

穏やかで優しいお顔立ち、そして桃色と紫色をかさねた女性らしい優美なお着物。
自分の好みにピッタリな、とても素敵なお人形と出会うことができ、
本当に嬉しいです!(TT)
毎日、襟を正して、お雛様とお内裏様に魅入っております。
こちらで購入して本当に良かった!

これから毎年、心をこめて大切に飾らせていただきます。
お雛様、お内裏様、どうぞ末永くパンダ子をお守り下さいませ

 

かんたん片付け&すっきり収納

 

学研パブリッシング様から、「かんたん片付け&すっきり収納」という本を
送っていただきました。

かんたん片付け&すっきり収納: 二度と散らからない家になる! (GAKKEN HIT MOOK)

 

さっそくページを開きますと、ほうほう。

 

ほうほうほう。

なるほど~~という様々なヒントや、
実際に使える便利グッズも具体的に載っていて、
収納下手のワタクシには誠にありがたい本でございます、
ぜひ活用させていただきます。

ちなみに、当店も隅っこにちょこっと載っております(笑)
どうもありがとうございます

 

・・・ちなみに、猫を収納してはいけませんよ(笑)


人気ブログランキングへ

 

0歳の赤ちゃんによる、0歳の赤ちゃんへのおススメ絵本(第1回)


人気ブログランキングへ

 

せっかくパンダ子(娘)が本好きなので、

「0歳の赤ちゃんによる、
 0歳の赤ちゃんへのおススメ絵本!:hoshi1::hoshi1:

と題しまして(笑)
パンダ子お気に入りの絵本を、少しずつご紹介してみようかと思います。

 

 

 

第一回目は、こちらをご紹介しましょう。

(すでにカバーが折れ折れでスミマセン(笑)) 

「おめんです」いしかわこうじ/偕成社   「おめんです2」いしかわこうじ/偕成社

 

色々な動物やキャラクターがおめんをかぶっておりまして、

 

そのおめんをめくるのが、楽しくて仕方がないようです(^^)

 

特に1巻では、鬼や達磨やひょっとこなど
日本古来のおめんばかりが集められているので、
和の文化を愛するワタクシとしても
個人的にお気に入りでございます:heart: 

 

ウルトラかいじゅう絵本に萌え~!


人気ブログランキングへ

 

新刊屋さんで絵本コーナーを見ていたら、
目に飛び込んできたこの表紙!!

 

 

 

「うわなにこれめっちゃ気になるーー!!(;;゜∀゜)」

 

というわけで、パンダ子(娘)のためではなく自分のために衝動買い(笑)

家に帰ってワクワクしながら中を開けてみますと、こんな感じです。

 

 

 

「萌え~~!(;´∀`)ハアハア」

「萌え~~(;´ω`)ハアハア」

 

いやぁ~~、これは昭和世代のお父さんお母さんには
たまらんですなぁ~~!!(笑)

ちなみにこのウルトラかいじゅう絵本シリーズは、全13巻なのだそうです。
自分のためにコンプリートしちゃいそうです(´∀`)ハハハ

あそうそう、キョーコさん担当の買取品紹介ブログのほうに、
最近ウルトラマン等のソフビが載っていました。
ご興味のあるかたはぜひこちらも合わせてご覧ください!

キングザウルス海獣ゲスラと宇宙恐竜ゼットンのポピー製ソフビ
仮面ライダーV3の敵キャラ、レンズアリとカミソリヒトデのポピー製ソフビ
ポピー製の仮面ライダーソフビ&サイクロン号
ゲッターロボのポピー製ソフビ

 

本日のお客様宅のお猫様!


人気ブログランキングへ

本日の出張買い取り先の、お猫様です!!:hoshi1::hoshi1:

(※写真はお客様の許可を得て掲載させていただいております)

 

白猫のココちゃんです、ビューティフル!(〃∇〃)

 

 

 

こちらは黒猫のジジちゃんです、ミステリアス!(≧∀≦)

ジジちゃんは、震災被災地の石巻からもらわれてきた猫ちゃんだそうです。
良いかたのおうちにもらわれて、本当に良かったねえ~(TT)

こちらのお宅ではココちゃんとジジちゃんの他にも3匹、
合計5匹の猫ちゃんがいるそうで、
「写真は撮れなかったけど、サビ猫ちゃんも2匹見かけた~(*´ω`*)
賑やかで楽しいですね!:hoshi1:

本日は良品を多数お譲りいただきまして、誠にどうもありがとうございました。
もしもまた機会がございましたらぜひよろしくお願いいたします!

パンダ子、本好きベビーに着々と


人気ブログランキングへ

 

せっかく古書店の娘に生まれるのだから、
「本好きに育ってくれるといいなあ~(*´エ`*)」
と常々思っていたワタクシですが・・・

そんなワタクシでもちょっと引いちゃうほど(笑)、
パンダ子(10か月)はすでにえらい本好きのようです ∑( ̄ロ ̄;;)

朝起きると、まず本棚に向かうのが日課のパンダ子。
絵本を本棚から取り出し(バサバサと床に落とす感じですが(笑))、
自分でページを上手にめくれるようになったので、黙々と絵本を読み始めます。

私が家事などをしている間、こうして自分で勝手に絵本を読んでくれているので、
大変ありがたいです(;´エ`)=3

 

言葉も徐々にわかってきているようで、
私が「ご本、読もうか!(^∀^)」と言うと、
嬉しそうに本棚に行って絵本を取り出すようになりました。

たとえばパンダ子は「ぴよちゃんえほんシリーズ」が大好きなのですが、
キャッキャと喜ぶシーンもあれば、
ぴよちゃんがイチゴを落としてピンチになるシーンでは、必ず
「う~~~!(>エ<):ase1:
と軽く泣きそうになるので(ワタクシの演技が迫真なのか?(笑))、
まだ言葉はわからないまでも、赤ちゃんなりにちゃんとストーリーを
感じ取っているのだなあと思います。
そんな反応を見つつ、パンダ子に本を読んであげるのが楽しくて仕方ありません。
本はほんとにね~、楽しいよね~~!!:hoshi1::hoshi1:

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP