古本・なつかしもの屋 くまねこ堂

くまねこ堂・妻のブログ

くまねこ箱根旅行(2)箱根彫刻の森美術館


人気ブログランキング

2日目はまず、おなじみ「箱根 彫刻の森美術館」に行ってきました!
ここは山が連なる美しい景色ときれいな空気の中、
広大な敷地の中を散策しながら気軽にアートに触れ合えますので、
小さな子供でも安心して連れてくることができますね。
子供が遊べるプレイスポットも充実!(箱根 彫刻の森美術館 キッズ・ファミリー

————————————————————————

こちらは「しゃぼん玉のお城」と呼ばれるプレイスカルプチャー
(遊戯彫刻:子供たちが中に入って遊ぶことができる造形作品)です。

かなり楽しそうなので、くまねこスタッフが「私も(僕も)中に入りたい!」
と口々に申しておりましたが、
残念ながら中に入って遊べるのは子供だけ、大人は外から見ているだけ!

 


次に向かったのは「ネットの森」です。
外観は「ん?どこがネットなの?」と思いますが、

中に入ると、うおおお!巨大なネットのハンモックが!
造形作家・堀内紀子、建築家・手塚貴晴+手塚由比による
コラボレーション作品で、手編みなのだそうですよ、すごい!!!

 


「星の庭」彫刻家・井上武吉の設計による星型の迷路。
こちらは大人も入れますので、童心に帰って一緒に楽しめます♪

ちなみにくまきちは、パンダ子の行く先々に先回りをして、
「ワアッ!」と出てきてはパンダ子を楽しませていました。
すごいなーー、私は先回りどころか、迷わないようにするだけで
精一杯だったよ(;^^)

 


「めだまやきのオブジェ」
やっぱり子供はめだまやきが好きなんでしょうねえ、喜んでました。

持参していたアンパンマンたちのぬいぐるみを取り出し、
くまねこスタッフに遊んでもらうパンダ子。
「黄身につけるんだ~~

と言って、アンパンマンたちを黄身にぎゅうぎゅう押し付けてました(;‐_‐)
食パンマンは美味しくなるかもね・・!?


あと、写真を撮るのを忘れてしまったんですが、
じぐザグ△(さンカく)ワーるド」もパンダ子に大好評で、
その場で仲良くなったお友達と一緒にたくさん遊んでいました(^^)

彫刻の森美術館のような、大人から子供までのびのびと楽しめる美術館は、
子供を持つ身になって改めて貴重でありがたい存在だなあと感じます。

 

次回は、彫刻の森美術館で購入した大変ステキな猫絵本をご紹介します!
猫好きの皆様、お楽しみに!


人気ブログランキング

くまねこ箱根旅行(1)小田原城にお立ち寄り


人気ブログランキング

先日、くまねこ堂で初めての試みが行われました。
慰安旅行です! 

スタッフの皆様9人、そしてくまきち+私+パンダ子(娘)の 計12人で、
箱根(神奈川県)に一泊してきました。
幸いお天気にも恵まれ、皆様のおかげで大変楽しい2日間を過ごすことができました!
今回は3歳児目線で、楽しかった場所をご紹介してみたいと思います

 

箱根に行く途中でまず立ち寄ったのは・・

小田原城!!

天守閣は2015年から2016年にかけて、大規模改修が行われたのだそうです。
それに伴い館内展示もリニューアルされ、ぜひじっくり見て回りたかったのですが、
・・やはり3歳児はそうさせちゃあくれません(;‐_‐)

私:「ほら、鎧だよ~!刀だよ~!(;^∀^)ノ」

などと、展示物を指さして気を引こうとするも、

娘:「ふ~ん、そっか~(一瞬足を止める)。
 でもは~や~く~!!屋上に行く!!」

と、私とくまきちの手をぐいぐい引っ張り、屋上へ向かってたったかたったか!!

私:「皆さんはゆっくり見て下さいね~!(;∀;)ハハハ」

と他メンバーにお声をかけつつ、我々はあっという間に屋上(天守閣展望デッキ)へ。

海に、山に、小田原駅に・・
360度美しいパノラマが開けており、素晴らしい景色でした(^^)

 

そして小田原城の城址公園内には、昔ながらの「こども遊園地」がありまして、

なんと、汽車とバッテリーカーは80円、自動遊器具は30円で乗れるという
破格の安さ!!

他メンバーの皆様が、同じ小田原城敷地内にある報徳二宮神社を見に行っている間、
パンダ子はここで色々な乗物に乗って、楽しく遊ぶことができました♪

そうそう、この日は「小田原おでん本店」さんで
皆でランチをいただいたのですが、これがもう絶品!!
 「おでんって、こんなにおいしいものなのね~!(驚)」と、
皆で舌鼓を打ちながら堪能させていただきました。
おいしいダシたっぷりで体に優しいお味は、子供にも安心して食べさせられます。

ちなみにパンダ子はまだおでんを食べたことがなかったので、
これが生まれて初めてのおでん体験となりました、幸せ者よのう・・。
でも、ここのおでんがスタンダードだと思われると
困ってしまいますがemoji199.gifsweat01.gif

そして箱根に到着し、夕食まで時間が空いたので、
パンダ子はくまきちに「箱根小涌園ユネッサン」に連れて行ってもらいました。
それはそれは大はしゃぎで楽しんできたようですので、
子連れファミリーにぜひおすすめですね(^^)

明日に続きます。次回は3歳児 in 箱根彫刻の森です、どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング

「古本屋ツアー・イン・ジャパン」にご紹介いただきました!


人気ブログランキング

先日、大変嬉しいことがありました。
先月の10/29に、古本好きなら知らぬ者はいない
古本屋ツアー・イン・ジャパン」の著者・小山力也さんと、
ミステリ評論家・翻訳家でいらっしゃる森英俊さんが
わざわざくまねこ堂まで足を運んで下さいました。
そして「古本屋ツアー・イン・ジャパン」の中で、
 くまねこ堂のことを紹介して下さったのです!

古本屋ツアー・イン・ジャパン 10/29東京・南砂町 くまねこ堂

私はその場におりませんでしたので、
両氏のお姿を想像いたしつつ、
プロのかたの目を通していきいきと映し出されるくまねこ堂の姿を
大変嬉しく、そして楽しく拝見いたしました!

小山様、このたびはわざわざ足をお運びいただきまして、
そして素敵な記事にしていただきまして誠にどうもありがとうございました!
この日は後に買取りが控えていたので十分にお話しができず、
「またいつでも遊びにいらして下さい(^ω^)」と主人が申しております、
 ぜひ今後ともどうぞよろしくお願いいたします

 

森様、大変ご無沙汰いたしております。
先ほど主人と一緒に御著書の「ミステリ美術館」を開き、
昔頂戴したサインの日付を見ましたら2007年となっていて、
以前主人と一緒にお目にかかったのはもう10年も前になるのかと
驚いてしまいました。
今も変わらずお元気に、翻訳のお仕事や古書のコレクションをされていると
主人から伺っております(^^)
このたびは誠にどうもありがとうございました、
もしまたお気が向きましたらいつでもお越し下さいませ!


人気ブログランキング

シュガーくん(猫)は18歳になりました


人気ブログランキング

猫のシュガーくんも元気です!
おかげさまで先々月の9月に、めでたく18歳の誕生日を
迎えることができました shine.gifshine.gif

 

猫の18歳といえば、人間に換算するとだいたい88歳くらいのようですから、
さすがにおじいにゃんらしくなってきました。
けれども食欲も変わらず旺盛ですし、
階段も元気に上り下りして至って元気そうです

このくらいの年齢になりますと、もうただただ
「ご飯を食べて、トイレして寝るだけ。そばにいてくれるだけでいい。」
そんな心境になります。
この言葉は、こちらの本の帯に書かれていたものです。
去年、もう一匹の愛猫だったもえにゃん(シュガーの姉猫)を亡くした後に
見つけて、購入しました。


「君と一緒 ご長寿猫に聞いたこと」監修:野澤延行/日貿出版

18歳以上の猫103匹について、そのご家族にアンケート調査を行って、
猫との出会いから暮らしぶり、ケアの方法など
幅広い設問に対する回答がまとめられています。
猫と暮らすうえで実際に参考になるとともに、
猫達に対する愛情がギュッとつまった素敵な本です。

 

もえにゃんが亡くなって一年が経ちました。
シュガーくんと仲良し姉弟でいつも一緒でしたから、
今でも毎日シュガーくんをなでるたびに、もえにゃんのことを思い出します。

シュガーくん、元気でいてくれて本当にどうもありがとう。
大好きだよ、これからもまだまだ元気で幸せに暮らそうね!
もえにゃんも、今も変わらず大好きだよ、天国で見守っていてね!

 

ところで、シュガーくんの横にいるこの子は・・

ガチャガチャで見かけて思わず買いました(笑)
白い猫ちゃん(スコティッシュフォールド)が、猫型のチョコレートを抱いて、
スコ座りをしています!
いや~~可愛い可愛い

 


人気ブログランキング

パンダ子通信:3歳の七五三を迎えることができました


人気ブログランキング

大変ご無沙汰いたしております。
ブログの更新はだいぶ滞ってしまいましたがsweat01.gif
おかげさまで皆元気にいたしております。

娘のパンダ子は先日、無事に3歳の七五三を迎えることができました。

感無量ですnaku02.gif

写真撮影を通しても、急にグッと成長が感じられて感慨深いものがありました。
ほんの半年ほど前の3歳のお誕生日写真までは、
撮影の際にいつもパンダ子が泣いてしまって苦労していたのですがsweat01.gif
今回の撮影では本人の様子がガラリと変わってびっくりしましたcat_5.gif

「キレイなお着物が着られる!」と撮影日前も楽しみにしていましたし、
当日は衣装やアクセサリーを選ぶのも本人がすべて楽しそうに即決、
着付け中もうっとりと(笑)鏡を眺め、
撮影中も実に嬉しそうにニコニコ笑って楽しんでおりましたshine.gif

きっと幼稚園に入ったことで、グッと成長したんだろうなあ・・・(しみじみ)
成長は無論喜ばしいことですが、何だか早くも寂しさを感じる
ワタクシでありました、、、naku02.gif
(周りには「早すぎ!」と笑われますけどね、ええ(笑))

いずれにせよ、ここまで無事に成長してくれたことに
心から感謝するとともに、
このパンダ子の屈託のない笑顔がこれからも絶えることのないよう、
私たちも何としてでもがんばっていかねばと思います。

撮影:スタジオアリス


人気ブログランキング

本日のお客様宅のお猫様!


人気ブログランキング

本日の、出張買い取り先のお猫様です!! :hoshi1::neko::hoshi1:

(※写真はお客様の許可を得て掲載させていただいております)

キャァァァァーーーーー!!:hoshi1::hoshi1: 

こんな猫ちゃんにお出迎えされちゃったら、
身もだえして喜んでしまいますね(;´∀`)ハアハア

大きなお目めと、鼻の横のふぐふぐな感じが、
好奇心いっぱいな感じでカワイイですーーー!!

マンチカンのジョコくんとおっしゃるそうです。
「もう、めちゃめちゃ人懐っこくって~~(*´ω`*)うふうふ

くまきち(夫)がカメラを向けるとぐいぐい近づいてくるので、
後ずさりしながら撮ったそうです(笑) 

ぐいぐい!!

 

くまきちの膝を、くんくん。
「いや~、まいったなもぉ~~(*´ω`*)

 

本が詰まった箱にす~りすり♪

ジョコくん、素敵なお写真を撮らせてくれて、どうもありがとう!!
写真を見ているだけで、私も癒されました(*´∀`*)

本日は誠にどうもありがとうございました、
また機会がございましたらぜひどうぞよろしくお願いいたします!

 


本・書籍ランキング

この蒔絵アルバムの製作者は・・?


人気ブログランキング

昨日の続きです。
さて、今回の蒔絵アルバムには、特に商標や印などが入っていないのですが、
写真50枚中47枚に「アルファベット+番号+表題」が記載されていました。
そして「増補 彩色アルバム 明治の日本《横浜写真》の世界」という本を
読んでいたら、次のような記述を見つけました。

————————————————————————

写真家によってネガの整理番号に特徴がある。
スティルフリード:算用数字
白井秀三郎:算用数字+漢数字
ファサリ商会:アルファベット+算用数字+表題
日下部金兵衛:算用数字+表題

————————————————————————

おおっ!? 
ということは、
この蒔絵アルバムはファサリ商会の物ってことじゃない!?:hoshi1:

・・・と胸を躍らせたのも束の間、しばらく読み進んでいくと
こんな記述がありました。

————————————————————————

1.複数の写真家が同じようなネガの整理番号を用いることがありうる。
2.他人の作品を複写してアルバムに仕立てた海賊版がかなり存在する。
  これらには商標も印もなく、案外豪華な蒔絵の表紙が付けられていたりする。
  一流の写真家であっても、他人の作品を複写することが全くなかったとは
  断言できない。

————————————————————————

むむむう・・

というわけで結局、製作者(写真家)はよくわからないんですよね、
残念です(苦笑)

でも、明治時代からの長い時を経て、
自分の元へとやってきてくれたこの蒔絵アルバム。
時折取り出してはルーペ片手に隅々まで眺めて、
楽しませていただきたいと思います。

このたびは当店にお譲りいただきまして
誠にどうもありがとうございました、心から御礼申し上げます。
末永く大切にさせていただきます!:kaomoji1:

————————————————————————

このたびの蒔絵アルバムに関する記事で、参考にさせていただいた文献です:

:nikukyu:「幕末漂流」著:松本逸也/人間と歴史社

 

:nikukyu:「保存版 古写真で見る 幕末・明治の美人図鑑」編著:小沢健志/世界文化社

 

:nikukyu:「増補 彩色アルバム 明治の日本《横浜写真》の世界」
   横浜開港資料館編/有隣堂

 

:nikukyu:「フェリックス・ベアト写真集 幕末日本の風景と人びと」
   横浜開港資料館編/明石書店

 

:nikukyu:「古写真研究 OLD  PHOTOGRAPHY  STUDY  第1号 
             1994年4月 長崎大学古写真研究会」


人気ブログランキング

明治写真/蒔絵アルバムより(5)


人気ブログランキング

昨日の続きです。写真番号41~50番(ラスト)。


41.SELLING  FISHIE / 魚売り

 


42.FENCING / 剣道

 


43.KAKUBEI  JISHI(BEGGER)/ 角兵衛獅子(物乞い)

 

 


44.JAPANESE  GETA  SHOP / 日本の下駄屋

 


45.GATHERING  OF  TEA  LEAVES / 茶摘み

 


46.CHILDREN  HOLIDAY / 子どもの祭り

 


47.FLOWAR  SELLING / 花売り

 


48.BEGGER(GOZENOBO)/ 物乞い(瞽女(ごぜ))

 


49.タイトルなし(少女2人)

 


50.タイトルなし(蛇の目傘を持って微笑む若い女性)

さて、すぐ上の写真の、このアルバムの最後を飾る女性について、
少し取り上げてみたいと思います。
このかたは、明治写真好きなら恐らくおなじみの女性ではないでしょうか:roll:
とてもよく見る女性です。
少なくとも明治30年頃までは、日本人は笑って写真を写さなかったようなのですが、
この女性は例外的にいつも明るくステキな笑顔で写っており、
非常に印象に残ります。

保存版 古写真で見る幕末・明治の美人図鑑」によれば、
この女性は横浜写真だけではなく、明治30年代後半の絵葉書写真にも
盛んに登場するそうです。
「私が集めただけでも20種類以上あるから、
おそらく100種類くらいは
発行されているのだろう。
様々な服装で笑顔をふりまいている。
外国人に好まれる顔立ちで、
明治30~40年代の土産写真の業界では
看板娘だったらしい。
実際に横浜元町の美術写真館では、
看板になっていたのである。
(文:石黒敬章)」

なお、石黒敬章さんはこの女性のことを「笑子ちゃん」と命名しており、
私の中ではこのピッタリなお名前がすっかり定着しているのですが(笑)
今、念のためネットで調べていたら、
「最近名前がわかりまして、時松っていうのが実際の名前だった、
本当の名前というか源氏名だったんですが」
という石黒さんの記載がこちらにありまして、へえ~と思いました。

これで、今回お譲りいただいた「蒔絵アルバム」の50枚の写真を
すべてアップさせていただきました、
少しでも楽しんでいただけたようでしたら幸いでございます(^^)

そして明日は、このアルバムが誰による製作の物なのかを考察し、
最終回とさせていただきたいと思います。

————————————————————————

本日の記事の参考文献: 

:nikukyu:「保存版 古写真で見る 幕末・明治の美人図鑑」編著:小沢健志/世界文化社


人気ブログランキング

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP