古本・なつかしもの屋 くまねこ堂

くまねこ堂・妻のブログ

古美術店が舞台のマンガ「文明開化とアンティーク」


人気ブログランキングへ

こちらのマンガ、明治時代の骨董屋(古美術店)が舞台ということで
楽しみに読んでいたのですが、全4巻であっさり終わってしまったようですね、
残念だなあ、、、(´`)


「文明開化とアンティーク~霧島堂古美術店」
浅田京麻/秋田書店/プリンセスコミックス

時は明治時代、横浜の「霧島堂」という古美術店を舞台に
毎回様々なお話が展開するのですが、骨董屋が舞台なだけあって、
根付自在置物、阿蘭陀焼、刀装具の彫師、
雪舟酒井抱一伊藤若冲月岡雪鼎(せってい)など、
骨董好きなら思わずワクワクしてしまうキーワードが散りばめられています。

たとえば1巻のこのシーンでは、狩野長信(1577-1654年)の名前が出てきます。

あまたいる狩野派の絵師たちの中でも、超ビッグネームの永徳探幽ではなく
長信が出てくるあたり、面白いなあと思いました。
長信は天才・永徳の末弟ですが、永徳とは34歳も(!)年が離れており、
江戸幕府が始まってまもない慶長年間、
狩野派として最初の徳川家御用絵師となったそうです。

こちらが長信の代表作として知られる、
花下遊楽図屏風」(17世紀初め / 国宝 / 東京国立博物館蔵)です。
「もっと知りたい狩野永徳と京狩野 (アート・ビギナーズ・コレクション)」より)

ちなみに今回取り上げたこの「文明開化とアンティーク」というマンガは、
作者のかたの初コミックスということですので、
今後またぜひ、骨董を題材にした作品を書いて下さらないかしらと期待しております♪

クラシック音楽における「のだめ」しかり、囲碁における「ヒカルの碁」しかり、
大ヒットマンガが巻き起こす一大ムーブメントのパワーは
計り知れないものがありますものね。
ぜひ、コテコテの和骨董・古美術界を舞台にした大人気漫画が生まれてほしいなあ!
漫画家様、ぜひどなたかチャレンジお願いいたします!:kaomoji6:

———————————————-
本日の参考文献はこちらです!:

パンダ子通信:ドラえもんとせいくらべ


人気ブログランキングへ

 

パンダ子(娘・1歳10か月)。
実物大のドラえもんと、せいくらべです

ドラえもん、口が大きいなあ~~!!
パンダ子が食べられちゃいそうな大きさですね(笑)

 

ドラミちゃんはやっぱり永遠のアイドルよね!

 

 

今は紫色のドラえもんの女の子もいるんですか??
最近のドラえもんは全く知らないので、
知らないキャラクターがたくさんいるんだろうなあ~~

自分は幼稚園のころ藤子不二雄さんのマンガが大好きで、
中でも一番最初に読んだのは「ドラえもん」でした。
何度も何度も読んでマンガに出てくる言葉をおぼえて、
自然とボキャブラリーが増えていったのを記憶しており、
自分の言葉の最初の礎は「ドラえもん」が作ってくれたような気がしています。

もう少ししたらパンダ子と一緒に、またアニメを見たり映画を観たりするんだろうなあ、
懐かしいなあ。
藤子Fさんの作品から伝わってくる優しさや温かさは、時代が変わっても、
これからもずっと受け継がれていってほしいと願っております
 

 

応挙風の可愛い仔犬画を集めてみました


よろしければ応援ワンクリック :upup: お願いいたします!

 

前回の記事で(2016/02/10)、仔犬が2匹じゃれている
可愛い江戸時代の根付(虎渓作)をご紹介いたしました。

この丸々とした愛くるしい仔犬の姿は、いかにも円山応挙風の仔犬を彷彿とさせます。
せっかくなので、江戸・明治期の有名絵師によって描かれた、応挙風の可愛い仔犬たちを、
いくつかご紹介してみようと思います。
(参考文献:「別冊太陽 円山応挙」平凡社、「別冊太陽 長沢芦雪」平凡社、
        「かわいい琳派」東京美術)


円山応挙「狗子図」 1778年/敦賀市立博物館

可愛い仔犬の絵といえば、やはり円山応挙(まるやまおうきょ/1733年-95年)を
筆頭に挙げなくてはいけないでしょう!
このつぶらな瞳、丸っこいフォルム、毛皮のモフモフ感
江戸時代も今も、日本人の持つ「可愛い」感覚は変わらないのだなあと、
江戸の人々に親近感を感じさせてくれる絵ですね(^^)

子犬は、古くから吉祥の絵の題材としても描かれており、
応挙以前に仔犬が描かれていなかったわけではないのですが、
応挙ほど無垢な子犬の愛らしさを全面に魅力的に捉えた画家はそれまでおらず、
いまいちメジャーではなかった子犬を一躍人気の画題にしたのだそうです。

 


山口素絢「朝顔狗子図」 1792年/宮内庁三の丸尚蔵館

山口素絢(やまぐち そけん/1759-1818年)は応挙の弟子で、和美人図を得意としました。
この作品は応挙が在世中に描かれたもので、
当時弟子たちは「応挙風」の絵を求める人々のためにも作品を描いており、
人気のあった応挙の子犬の絵を忠実に倣った一作だそうです。

 


長沢芦雪「髑髏仔犬(部分)」 18世紀/大阪・藤田美術館

長沢芦雪(ながさわろせつ/1754-99年)も応挙の弟子です。
卓越した技と大胆な画風で、人々の意表を突く作品を描き、
46歳(数え年)で死去しました。
死因は毒殺とも自殺とも言われ、謎に包まれています。

この絵は、「幽霊・髑髏仔犬・白蔵主図」という三幅のうちの一部分です。
絵の題材は、狂言「釣狐」の元にもなった白蔵主(はくぞうず)の伝説に由来し、
髑髏は本物の白蔵主(人間)をあらわし、
子犬は、やがて偽物の白蔵主(狐)を殺すことになる犬をあらわしているのであろう
ということです。
無垢な子犬と骸骨という意外な組み合わせが、
なんともいえない不気味さを醸しだしていますね。

 


伊藤若冲「百犬図(部分)」 1799年/個人蔵

長沢芦雪曾我蕭白とともに「奇想の画家」として称せられている
伊藤若冲(1716-1800年)は、今や日本で最も有名な画家の一人といえましょう。

・・正直、可愛いというにはちょっと微妙なワンちゃんですが(;^^)
上の写真は絵の一部分で、実際は画面狭しと描かれた仔犬たちは
全部で60匹(100匹じゃないのね)、見る者を圧倒させる迫力があります。
若冲84歳、亡くなる前年の作品だそうです。すごい!

 


中村芳中「光琳画譜」より『仔犬』 1802年/千葉市美術館

中村芳中(なかむらほうちゅう/生年不詳 – 1819年)の「光琳画譜」は、
光琳風を意識した芳中の作品集です。
すっかり丸くデフォルメされた仔犬たちから、
彼のほのぼのとしたユーモラスな作風が伝わってきますね(^^)
芳中のサービス精神にあふれた笑いの世界は、
活動の基盤であった大阪という地と無関係ではないだろうということです。

 


神坂雪佳「百々世草(狗児)」 1909-10年/千葉市美術館

まるで人間の子供のように、興味津々でカタツムリを見つめる子犬。
その様子を見ているお友達の子犬も可愛らしいです(^^)

神坂雪佳(1866-1942年)は、京都市立美術工芸学校で教鞭をとるかたわら、
絵画から工芸デザイン、雑誌編集、研究まで多彩な活動を展開しました。
彼の洒脱なデザインは、今の我々が見てもまったく色あせることなく
モダンで素敵です。

—————————————————–
本日の参考文献はこちらです!

   

虎渓の仔犬根付(江戸時代)


よろしければ応援ワンクリック :upup: お願いいたします!

 

以前買い取りで入ったものです。
たしかまだブログに載せていなかったと思うので、ご紹介させて頂きます。
江戸時代の根付で、虎渓作、黒檀です。

可愛い~~~!!
コロコロとした2匹の仔犬が、仲良くじゃれあって遊んでいます。
丸いフォルムがなんとも愛くるしいですね!

 

こんなに小さな作品ですが、動物好きなら必ずチェックしてしまう萌えパーツも
ちゃんと表現されてますよ~(笑)

にくきう♪

 

おシッポ♪

 

あ、タマタマがあるから雄のワンコなのね~(´∀`) (*/ω\*) 

ちゃんと銘も花押も彫られています。
ところで、根付好きなら知らない人はいない、この作者の虎渓という人物は、
一体どういう人物だったのでしょうか。

木刻を以て多く獣類を作る。殊に虎を得意とし虎渓の虎は世に定評あり。
又動物などのうらゆき殊に見事なり。
伊勢鈴鹿郡阿野田に生れ、亀山にて技を学び、後桑名に住し
岷江(みんこう)を理想とし其の風を採り、之に写生風を加へ
会心の作品には岷江風の花押を刻せり。天明寛政頃の人なり。(彫銘、虎渓)
(「根付~江戸細密工芸の華」日本根付研究会二十周年記念出版より抜粋。
 なおこの記述は、「根付の研究」(上田令吉著/昭和18年刊)に
 掲載されたものだそうです。)

お、「会心の作品には岷江風の花押を刻せり。」って書いてあるぞ。
ということはこの仔犬の根付は、虎渓会心の作と考えてもいいのかな?うふふ

——————————————————–
本日の参考文献はこちらです:

「根付~江戸細密工芸の華」日本根付研究会二十周年記念出版

この本は、日本根付研究会の発足20年を記念して作られた本で、
多くの会員のかたのコレクションの中から、
質の高いもの、珍しいもの、見どころのあるものを選んで紹介されており、
根付の勉強には大変役立つ一冊です。 

寝言シリーズ、くまきちの逆襲なるか!?


よろしければ応援ワンクリック :upup: お願いいたします!

 

今朝、くまきち(夫)を起こしに行きますと、何やら嬉しそうな顔をしています。

「うふふふふ~、昨日の夜中、にゃん子の寝言聞いちゃった~(*´ω`*)」

(※くまきちがなぜこんなに嬉しそうなのかと言いますと。
 過去にもブログで時折寝言ネタを書いていますが、
 俎上に載せられるのはいつもくまきちのほうなので、
 立場が逆転すると嬉しいらしいです(笑))

「なんですと!∑(゜∀゜) なんて言ってた!?」

「とっても幸せそうな声で、

 『いただきます♪

 
 って言ってたーー!!(*≧ω≦*) 」

「やややーー!!(゚∀゚屮)屮 」

よほど美味しいお食事でも夢の中で食べていたんでしょうか、
そんないい夢思い出せないのは残念だな~(笑)

そして、

「これは明日絶対にゃん子に話さなきゃ!と思って
 忘れないように、忘れないように、ってしてたら、
 それから2時間くらい寝られなくなっちゃった・・・・シクシク(*ノω`゚)。」 

 

・・・うんうん、あるよね!
夜中お布団の中で、眠いのに無理やり頭使っちゃうと
寝られなくなっちゃうんだよね!
くまきちがせっかく貴重な睡眠時間を削って提供してくれたネタだから、
ほら早速ブログに使わせてもらったよ、ありがとうね!:hoshi1:

東京国立博物館「黒田清輝展」、国立西洋美術館「カラヴァッジョ展」のご案内


よろしければ応援ワンクリック :upup: お願いいたします!

当店に、
東京国立博物館 特別展「生誕150年 黒田清輝―日本近代絵画の巨匠」
国立西洋美術館 日伊国交樹立150周年記念「カラヴァッジョ展」
のポスター・リーフレットが送られてきました、どうもありがとうございます!

詳しいことは、キョーコさんが「骨董ブログ」のほうですでに書いて下さっているので
そちらにおまかせするとして、、、 
2016/2/7の記事(カラヴァッジョ展))(2016/2/5の記事(黒田清輝展)

春は見どころのある展覧会が目白押しですね!
皆さまぜひ足をお運び下さいませ。
「カラヴァッジョ展」、「黒田清輝展」、そして東京国立近代美術館安田靫彦展」は、
半券提示で相互割引実施だそうです。
そして「黒田清輝展」には、お得な「お花見チケット」なるものもあるそうですよ、
春らしく思わず心が浮き浮きしてくるネーミングで、素敵ですね!

パンダ子通信:これと、これもパパですか・・!?


人気ブログランキングへ

このキリンさんは「レゴ デュプロ」(小さい子用のレゴ)のパーツなのですが、

これを見ると、パンダ子(娘・1歳10か月)が「ママ!」と言います。

「優しそうなイメージなんだろうねえ~(*´ω`*)」
「うふふふふ(*´∀`*)」

 そしてこちらのトラさんを見ると、パンダ子は「パパ!」と言います。

「男らしいイメージなのかしらね~(*´∀`*)」
「えへ、えへ(*´ω`*)ゞ」

「あそうそう、そういえばもう一つ、パンダ子が「パパ!」って言う物があるんだよ!(´∀`)」
「え、どれどれ?(゜ω゜)」

 


エリ巻き恐竜・ジラース(ウルトラマンシリーズ)

 

「え、これ・・・??(;;= ω = )ナゼ・・

1歳児の中では一体どういうイメージが広がっているのでしょうか、
ぜひ説明を聞いてみたいものですねえ、ハハハ(´∀`)

中村不折、またまた入荷です


人気ブログランキングへ

2016/1/24中村不折の入荷品の記事を書いたばかりなのですが、
その数日後にまた中村不折が複数入ってきまして(別のお客様です)、
お客様がブログを読んでおられたわけではないようなので、奇遇ですねえ(^^)

  

優しげなお馬さんでほっこりします(^^)

 


「いろいろの 日傘かさなる 桜かな」

 

  

「默知神自明,觀空境逾寂」
寒山拾得ですね、ずいぶん可愛いですね(´∀`)
中国では、こういった金色の短冊が好まれるそうです。

不折は、中国及び日本の書道史上重要な資料を独力で蒐集し、
のちに書道博物館を作ることとなります。
自身も中国の故事を題材にした画や人物画、山水画を多く残しました。

「20世紀の初め、清朝から中華民国へと変わる辛亥革命の前後に、
中国書画の多くが海外に流出しました。
所有者の中には、この動乱に貴重な書画を失うよりは、
中国の伝統文化を大切に継承する国に残したいと、
あえて日本に流出させる場合もありました。
日本での良き理解者たちが、中村不折(なかむらふせつ、1866~1943)であり、
高島菊次郎(たかしまきくじろう、1875~1969)でした。」
(「中村不折と高島菊次郎~中国書画への熱い思い
 東京国立博物館1089ブログより)

 

 

不折直筆の書簡です。
ウィキペディアによれば「50歳の時、下谷区上根岸125番地(現・根岸2丁目)に転居。」
とありますので、50歳以降に書かれた手紙なわけですね。
さらに、台東区立書道博物館のHPの中に
「大正4年(1915)、中村不折が現在の書道博物館がある場所に転居するまで、」
という記述がありましたので、この上根岸125番地というのは、
現在の書道博物館がある場所ということになります。

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP