古本・なつかしもの屋 くまねこ堂

くまねこ堂・妻のブログ

おじいにゃんのハッスル

現在9位です(本・書籍部門)、どうもありがとうございます!

 

昨日の記事の、その後です。
パンダ子(娘)が寝たため、新聞(リサイクル通信)をすみのほうに片付けていると、
シュガー氏がやってきました。

 

(※シュガーくんは15歳のおじいさん猫です:ojiicyan:

 

 

 

 

パンダ子が遊んでいる間、ずっと我慢していたのでしょうか(笑)
ハッスルして跳び回り、新聞紙に飛び込んだり前足でザシュザシュ掘って、
夢中で遊ぶシュガーくん。
新聞紙遊び(?)は、赤ちゃんにも猫にも大人気なのでありました:hoshi1::hoshi1:

やがて遊び疲れたおじいにゃんは、

 

新聞紙を巣にして、まったりくつろぐのでありました:lol:

新聞紙の活用法


人気ブログランキングへ

 

最近のパンダ子(娘)のブームは、
新聞紙をクシャクシャに丸めたり、ビリビリ破いたりすることです

 

 

遊んでいるのが普通の新聞ではなく、
「リサイクル通信」なのがポイント(笑)

 

これも、将来立派な商人になって稼いでもらうための、早期教育であります( ´_ゝ`)フフッ
※嘘です

 

 

おっ、シュガーくんがやってきました!
楽しそうなパンダ子の様子を見て、一緒にやりたくなったかな?

 

 

 

 

通りたかっただけでした!!:lol:

 

パンダ子、7ヶ月になりました。
「ままー!」と呼ぶようになりました、
とりあえず「ままー!」と叫べば私が素早く駆けつけるということを
学習したようです(笑)

もふもふ布団の季節です


人気ブログランキングへ

 

昼間は暖かいですけど、朝晩はけっこう冷えてきましたね。
身を寄せ合う猫ズの寝方からも、秋の深まりが感じられます。

肉布団ならぬもふもふ布団、
ぴったりとくっつきあってさぞかし温かいことでしょう:neko::hoshi1:

だいたいいつも、もえにゃんがシュガーくんを枕にしているのですが:lol:

慈愛に満ちた表情で、姉猫を受けとめるシュガーくん。
ステキだね!

スパイの心得を、今日も一緒に学びましょう?(昭和18年発行「防諜の生態」より)


人気ブログランキングへ

 

昨日に引き続きまして、
「防諜の生態」著:正兼菊太/成武堂/昭和18年初版発行
からのご紹介です。
スパイの心得を、今日も一緒に学びましょう

—————————————-

団体或は同志の住所を訪問する上の注意:

・目的地に向ふ際は再三再四乗物を替へ、
 且つ目的地の近傍で下車し徒歩で訪れる。
・目的地に向ふ際は直行せず、時間の許す限り迂回して行く。
・自己の前後左右に十分注意し、尾行者の有無を確め怪しい者が居る場合は
 全く別の方向に向ひ、又は尾行を不可能ならしむる行為によつて目的地に赴く。
 又目的地に於ては異状のないことを見定めた上で訪れる。

(抜粋)

——————————————

文書伝達に関する秘密:

・封筒は厚い用紙を用ひ、且大商店の店名入の用紙を使つて第三者の疑ひを免れる。
・送達者はボーイ、店員等に変装し、先方不在の際は預け置かず必ず持ち帰る。
・符号、暗号、隠語、秘密インキ等の手段方法は極度に利用せねばならぬ。

(抜粋)

———————————————

蒐集情報の携帯に就(つい)て:

・某地土産の中にF地名物のステツキがある。その中の太いものを購ひ、
 之に取り纏(まと)めた資料を刻み込み仕込をなした後、
 一見普通のステツキのやうに使用しつつ携帯する。
・巻煙草の吸口(両切にあらざるもの)の中紙を引出し必要なことを書き込み
 元通り吸口の中に戻入れて携帯する。
・多勢の子供伴れの家族、特に婦人が子供、乳飲児を抱へて
 国境付近に行く者がある場合は、必ず同車し彼等と懇意になり、
 途中”汚れおしめ袋”の中に隠匿して危険地区を通過携帯する。
・秘密インキを以て月刊雑誌「キング」「講談倶楽部」新聞紙等に記入する。

(抜粋)

——————————————–

F地名物のステッキ・・・F地ってどこのことなんでしょうねえ?
スパイの方達がこぞって、ここに買いに行っていたのでしょうか(;^^)

”汚れおしめ袋”もいささかビックリしました:ase1:
パンダ子(娘)と国境を越えるときは、気をつけなくては!(;゜∀゜)ドキドキ
(いやそんな機会ないけど(笑))

秘密インキで書き込むのに、「キング」「講談倶楽部」が
名指しで指定されているのにはちょっと笑ってしまいました、
それだけ当時は誰もが読んでいた雑誌の代表格なのでしょうね。
今だと、一番売れている雑誌は・・・
「秘密インキを以て「週刊少年ジャンプ」新聞紙等に記入する。」
になるのかな(笑)

秘密会合をなす場合の注意(昭和18年発行「防諜の生態」より)


人気ブログランキングへ

 

入荷品のご紹介です。

「防諜の生態」著:正兼菊太/成武堂/昭和18年初版発行

ずばり、スパイの本です。
著者の正兼菊太(まさかねきくた)は、ウィキペディアによれば
1902年頃に生まれ没年は不明、ソ連及び中国で活動した日本のスパイとされている
人物だそうです。

目次を見ますと、
「スパイの態度と行動」
「スパイが目的地に赴いて何を第一に知らむとするか」
「スパイは如何にして接近するか」
「敵性諸国は如何にしてスパイ要員を獲得するか」
など、けっこう具体的な内容が書かれております。
少しご紹介してみましょう。

————————————–

(1)秘密会合をなす場合の注意

・人員は能(あた)ふ限り少くする。
・相談時間は短時間(三十分)を可とする。
・会合度数は少ない程よい。
・危険視されない場所を選ぶ。
・危険な物品を放置しない。
・普通の娯楽品又は普通一般の書籍、雑誌、新聞等を準備し置き、
 学課の会合、勉強等の状を装ふ。
・備付書籍類は自己の職務学課に応じて集め、
 それ以外の物突飛な書籍類は備付けない。
・会合の場合は時間を正確に守る。
・会合地点に到れば周囲の人物に良く注意し、
 或は一度行き過ぎ又引返して参会するやうにする。
・静粛を旨として高声を発したり、無駄な不必要なことは話してはならぬ。
・敵が来た時の談話を準備想定して置く。
・会場の周囲に見張人を置き警戒する。
・各人はマッチを携行し即座に文書を焼却し得る用意を持する。
・文書焼却の後痕跡を残してはならぬ。
・散会後は各自分散し、前後左右の門から出る。
・同志間の話は安心して大袈裟になり易い、併(しか)しこの悪習は
 他の場所でも現はれるから注意を要する。

(抜粋)

———————————————-

ははあ・・・「ビジネスマンの心得」ならぬ「スパイの心得」ですね:oogle::ase1:
この他にもたとえば、同志を訪問するときの注意点、秘密文書の書き方、
集めた情報資料の運び方など、大変真面目に書かれております。
なかなか面白いので、また引き続きご紹介したいと思います。

本日のお客様宅のお猫様!


人気ブログランキングへ

 

本日の出張買い取り先の、お猫様です!!:hoshi1::hoshi1:

(※写真はお客様の許可を得て掲載させていただいております)

 

 

うほおぉぉぉぉ~~!!

 

生後7ヶ月の元気いっぱい、ピチピチの若猫ちゃんで、
これまで買取り先で様々な猫さんたちと触れ合ってきたくまきち(夫)ですが、

「こんなに買い取り中ずーーっと遊んでくれた猫ちゃんは初めて!(*≧ω≦*)

と語るほど、たくさん遊んでくれてウホウホだったそうです(笑)

骨董を査定している間中、
くまきちにピョーンピョーンと飛びついて来たり、お膝に乗って来たり
掛軸を開けば、紐にじゃれついてきて
商品が入った箱には、すっぽり入っちゃうし

 

飼い主様「こら~、お仕事の邪魔しちゃダメでしょ~」

くまきち「いやあぁぁぁいいんですよおぉぉぉ

      嬉しいのでぇぇぇ デレデレ(*´ω`*)デレデレ

 

本当に可愛くてしょうがなかったと、相好を崩しながら熱く語っておりました(笑)

ちなみに飼い主様(お客様)は、普段は現場とは違うところにお住まいなのに、
わざわざ猫ちゃんを連れてきて下さったそうなんです!
買い取りに呼んで頂いた上に、猫ちゃんにまで癒していただいて
本当にどうもありがとうございました、
また機会がございましたらぜひよろしくお願いいたします!

 

 

おまわりさんのユーモア


人気ブログランキングへ

 

昨日は、警察の「古物商等警察署別法令講習会」に、くまきち(夫)が参加してきました。
これは古物商を対象に毎年行われているものです。
(※地域によって講習会の有無や頻度は違います)

参加者にはこちらが配られたそうです。

振り込め詐欺への注意を喚起するグッズで、
中身はウエットティッシュ、使い終わったら貯金箱として使えるそうです。
おばあちゃんにあげようかな:obaacyan::hoshi1:

 

 

そして「古物台帳取引記録 記載例集」という冊子も配られたのですが、
これに記載されている例がちょっと面白くて笑ってしまいました。

楽しんで作っている感じですよね~(笑)
これをおまわりさんが作っているのかと思うと、なんだか微笑ましいです(*´∀`*)

迫力あるミニ能面


古美術・骨董 ブログランキングへ

 

さて、今日ご紹介する入荷品は、
4日前の記事でご紹介した
たくさんの能面と同じ買い取り先で出た物なのですが、
今日の物はミニ能面とでも申しますか、
手のひらサイズの小さな小さな能面です。
でも小さいながら、どれもしっかり掘られていて迫力あると思います、
ほら!

 

これは「小獅子(こじし)」。
石橋(しゃっきょう)】という演目に出てくる獅子で、
中国の文殊菩薩の使者である霊獣なんです。
だから、顔はコワいけど持っていると縁起が良さそうですね(^^)

 

 

こちらは「俊寛(しゅんかん)」です(演目の名前も【俊寛】です)。
これはとても悲しいお話で・・・・゜・(/-`)・゜・
かいつまんで書きますと、

平家討伐の謀反の罪で、九州の鬼界島(きかいがしま)に島流しとなった、
藤原成経(ふじわらのなりつね)、平康頼(たいらのやすより)、そして僧都の俊寛。
同志3人は互いに慰め合い励まし合いながら、島での日々を送っておりましたが、
ある日都から使いの船が到着します。
中宮安産の祈祷のため、大赦が行われることとなったのです。
ところが喜んだのも束の間、帰国を許されたのは、
なぜか成経と康頼の2人だけでした。
俊寛は船の綱にすがりつき、必死で乗船を願いますが、
無情にも船は俊寛1人を残して島を去っていくのでした・・

・・と、あらすじを読んでいただいた後に
もう一度上のミニ能面を見ていただきますと、
この人物を覆う深い絶望と悲しみが
わかっていただけるかと思います・゜・(/-`)・゜・

 

 

「頼政(よりまさ)」です(演目の名前も【頼政】です)。

77歳という老齢で、名誉も地位も捨てて平家に謀反を起こし、
わずか一日の合戦で敗れて平等院で自害したという源頼政
歌人としても名高かった老武者の心中を去来するものは、
一体何だったのでありましょうか。

源頼政は、酒呑童子土蜘蛛を退治した伝説で有名な源頼光の子孫で、
頼政にもまた鵺退治をしたという伝説があるそうです。

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP