古美術・骨董 ブログランキングへ

先日の買取りでは焼き物を色々とお譲りいただきました、
一部ご紹介いたします。

 

井上萬二(人間国宝) 白磁堀文 珈琲碗 共箱入

 

 

  

中里隆 絵唐津蛤向付 共箱入

 

 

 

安藤日出武 志野銘々皿 

———————————————————

一番最初の、井上萬二さん(1929年~)について少しご紹介します。
 

(前略)
技術だけではなく、感性の大切さをしきりに説く井上の作陶には、
海外での体験も大きく関与している。
柿右衛門窯での修業ののち、佐賀県の窯業試験場で技師として勤務していた折、
機会を得てアメリカのペンシルベニア州立大学で約半年間の指導を行っている。
Oldを重んじる日本人の感覚に対し、Newのセンスに敏感なアメリカの感覚は
刺激的であったという。

感性を養うという点においては、たとえば日本国内で個展をする折には、
必ずその土地の神社仏閣を訪れる日をつくり、そこにある美を見出すことに
しているという。旅をして「開眼」することで、美の意識のもち方は変わってくる。
井上の話からは、作陶における「修練を積み重ねていく実直さ」と
「新しいことを吸収する柔軟性」のどちらも欠けてはいけないことを
あらためて教えられる。
(「日本伝統工芸展60回記念 人間国宝展」図録より抜粋)

 

1929年生まれですから、現在御年85歳。
この御年齢で、新しい感性を敏感に吸収する柔軟性を持ち続けるのは、
とてもすごいことですよね。
でもそれも、長年に渡るたゆまぬ修練に基づいているからこそ
実を結ぶことでしょうから・・
人間として、見習いたいなあと思います:oops:

 

・・ものすごーく余談ですが、ワタクシ、
ほんの2年前まで井上萬二というお名前を知らず、

「今日の買い取りで入った井上萬二を~~(-ω-)」

と話すくまきち(夫)に対して、

「井上まんじゅう? おいしいの?ヾ(☆ゝз・)ノ」

と訊いた人間でございます、でも今回は一発でわかったYO!
いやーワタシも骨董屋さんの妻として
(ちっとは)成長したなー (=ω=∥)

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ

 

 

まるでもえにゃんが子守りをしてくれているかのようです:lol:
もえにゃん、やっぱり私なんかよりずっと迫力あるわあ(笑)

相変わらず、猫たちは赤ちゃんと上手につきあってくれていて、
えらいなあと思います。
最近、パンダ子(娘)がそばにいるときにシッポをゆらゆらと振って、
パンダ子がそれを見てきゃっきゃっと喜ぶことがあり、
ひょっとすると猫たちはシッポで遊んでくれているのかな?と
思うことがあります。猫ズ、優しいなあ:naku:

それと、猫たちが毛づくろいをしているところや
後ろ足で首をカッカッと掻く姿などを、
パンダ子が大変熱心に見ているので、
そのうち真似をし出すんじゃないかとひそかに楽しみにしています(´∀`)ハハハ

——————————————————-

おとといはビジネス書や実用書を買い取りさせていただきました。

 

昨日は買い取り3件でした(千葉県市川市、船橋市、神奈川県川崎市多摩区)。
専門書、学術書、国文学研究書、文学評論、哲学、思想、宗教、建築デザイン、ル・コルビュジェなど
お譲りいただきました、どうもありがとうございます。
うち1件は以前もお伺いさせていただいたおうちでした、
どうもありがとうございました!

投稿者:くまねこ


古美術・骨董 ブログランキングへ

 

入荷品です。
まるで巻物のような入れ物。

 

中に入っていたのは、書道で使われる六角墨です。
中国もので、龍と鳳凰の図柄になっています。
海軍の軍人だったかたのご遺品だそうです。

  

———————————————-

こちらは別のおうちの買い取りですが、中国つながりでご紹介します。

「少年たちよ、子どもの時から科学を愛そう」というタイトルが付いている
中国切手です(1979年発行)。
未だ、割と高値が付いているようでございます。
こちらのお宅もご遺品の買い取りでした、
切手を数千枚、大量に買い取りさせていただきました。
どうもありがとうございました。

くまきち:「1980年に発行された年賀切手の通称「赤猿」といい、この切手といい、
 日本の切手ではありえないプレミアが35年くらい前の切手に付いているのは、
 日本の感覚からすると不思議ですねえ(´ω`)」

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ

 

入荷品です。

東京都足立区の、介護付き老人ホームでの買い取りだったそうです。
持ち主様(故人)はとても本好きでいらっしゃったようで、
写真に写っている物をはじめとして、良書を多数お譲りいただきました。

遠方からご親族のかたが荷物の片付けにいらしており、
その日はちょうど空いている時間があったので
即日で買い取りをお引き受けしたところ、
とても喜んでいただけたということです。
当店がお役に立ててよかったです(^^)

 

「古寺巡礼 国際版 全5冊揃」土門拳/美術出版社

 

 

「失われた時を求めて 全13巻揃」マルセル・プルースト/集英社

 

 

「埴谷雄高作品集 全16冊揃」河出書房新社

余談ですが・・
ワタクシ、「埴谷雄高」というお名前を見た時にいつも
「何て読むんだっけ:kaomoji4:
と一瞬フリーズしてしまうのですが(答えは「はにや ゆたか」)、
本名を「般若豊(はんにゃ ゆたか)」さんとおっしゃるのですね、
そちらを頭の片隅に入れておけば、間違えないで済みそうです!

それにしても、般若さん・・・
なんてインパクトのある素敵な苗字!
ワタクシの苗字は「渡辺」、
すっごくよくいる苗字・イン・ジャパン・・・・
なのでこういうステキ苗字には、大いなる憧れを抱いてしまいます(笑)

投稿者:くまねこ


本・書籍 ブログランキングへ

 

パンダ子(娘)が生まれて以来、様々な育児書を斜め読みしておりましたが、
中でもこの「子どもへのまなざし」という本は、自分は大変勉強になりました。
とにかくよく売れる本ですので、自分が子供を産むずっと前から
おなじみの表紙だったのですが、実際に読んでみて大いに納得でした。
ぜひお薦めしたい一冊です。


「子どもへのまなざし」著:佐々木正美(児童精神科医)/福音館書店

本の中に、こんなくだりがありました。
ちなみにこの本の初版は、1998年です。

——————————————————–

<いやなことは人のせいにする傾向>

これは、文化人類学者たちが私たちに教えてくれたことですが、
なかなかするどいことを指摘してくれています。
人間というのは、どこに住んでいても、どういう人種であっても、どこの国の人であっても、
そういうこととは無関係に、物質的、経済的に豊かな社会に住んでいる人間ほど
外罰的になる、あるいは他罰的になるというのです。
それは人間というもの、本来の特性なのだそうです。
個人差はあります、個人差がありますからいろんな人がいます。
けれども、人間というのはだれもが、そのような共通した特性をもっているのだそうです。
そして、外罰、他罰の反対語は内罰であり、自己罰です。

どういうことかと申しますと、人はなにかいやなことや不快なことがあると、
その原因をだれかほかの人のせいにしたくなる、そういうことだそうです。
これは、ものの豊かな社会に住む人のほうが、そういう感情になりやすいのだそうです。

具体的な例を申しますと、自分の幼い子どもの手をひいて、
自分の家の近所を散歩していたとします。そして、ちょっと気をゆるしたすきに、
子どもが親の手をふりきって、ちょろちょろと歩いていってつまずいて転んだ。
その拍子に、道の端にあったどぶ川に落っこちたとします。
そして洋服をよごしてしまった、あるいは落っこちたときにどぶ川の端で体をこすって、
ちょっとした傷をつくってしまった、というようなことが仮にあったとします。
こんなときに、私たちが「ああ、しまった、うっかりして子どもの手をはなしてしまった」、
「不注意をした、失敗したな」という気持ちをもてば、これは内罰です、自己罰です。

ところが、その瞬間に、このどぶ川の管理責任者は、
いったいだれなんだというふうに思ったら、これは外罰です、他罰です。
「こんな人通りの多い道端のどぶ川に、ふたをしないでおくなんて」、
「なんという行政の怠慢だ、どぶ川の管理責任者の怠慢だ」というふうに思うとすると、
これは外罰です、他罰です。

これは、経済的に、物質的に豊かな社会の人ほど、こんなことがおきたときには
外罰的、他罰的になるそうです。ものがとぼしく、貧しい社会に住んでいる人や
貧しかった時代の人は、たとえば、このように子どもがどぶ川に落ちたときには、
自分をせめるばかりでどぶ川の管理責任を問うなどということは、まず、しないでしょう。

ものが豊かになると、私たち人間はすべてのことにたいして、
そういう態度をとるようになっていくのだそうです。
これはもちろん個人差がありますけれども、ものの豊かな社会に住むということは、
私たちが自分の気持ちを外罰的、他罰的に徐々に変えさせられていくのだそうです。

(「子どもへのまなざし」より抜粋)

———————————————————

「モンスター〇〇」の存在の背景には、
こんな文化人類学的見地が隠れているのだとは知りませんでした。
自分も外罰的、他罰的な方向に流れてしまわないよう、
気をつけないといけませんね(;^_^A

ちなみに本文では引き続き、
「なぜ豊かな社会になると、人間の気持ちに外罰的な面が大きくなっていくのか」
が説明されています。
ご興味のあるかたはぜひご一読いただければと思います

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ

 

シュガーさん、シュガーさん、

舌出てますよ!

 

 

 

猫は毛づくろいをした後などに
ベロをしまい忘れることがよくあるのですが、
ちょっとお間抜けなお顔でとっても可愛いですよね!:kaomoji7:

パンダ子(娘)が寝ている時は、
猫ズが私のお膝でくつろげる貴重な時間です。
そしてそれは私にとっても、心置きなく:hoshi1:モフモフ:hoshi1:できる貴重な時間。
お互いにこのひとときを、これからもずっと大切にしていこうね!

 

 

 

 

投稿者:くまねこ


本・書籍 ブログランキングへ

 

「日本大蔵経 増補改訂」100冊揃/鈴木学術財団編/講談社
という本が先日の買い取りで入荷したのですが、
ほどなくお買い上げいただくことができました、
どうもありがとうございました :kaoemojiA:

 

なんの本かというとお経の本でございます、
お寺の買い取りでお譲りいただきました、
どうもありがとうございました!
仏教書の買い取り大歓迎です、どうぞよろしくお願いいたします

———————————————-

今日くまきち(夫)は、東京都北区、埼玉県川口市、八潮市、朝霞市で、
4件の出張買い取りでした。
ビジネス書、実用書、英語教材、DVD、音楽DVDなどお譲りいただきました、
どうもありがとうございました。

今年の出張買い取りの件数をカウントしてみましたところ、
1月は38件、2月は25件、3月は39件、4月は32件、
5月は47件、6月は28件、7月は39件でした、
どうもありがとうございました!

例年は、夏は割と買い取りがヒマなイメージだったのですが、
今年はずいぶんと忙しそうでした:ase1:
くまきちをはじめ、男性陣は猛暑の中の作業で
毎日本当に大変だったと思います、
お疲れ様でした!!:kaoemoji2:

 

投稿者:くまねこ


人気ブログランキングへ

 

パンダ子(娘)、初めての職場(倉庫)訪問です

 

うず高く積まれた本の山々は、
いったい赤子の目にはどのように映るのでありましょうか:lol:

彼女にとって、これからしばらくは、
見るもの聞くものすべてが
生まれて初めてのことばかりなんですものね。
毎日が新鮮な驚きと発見に満ちていて
なんと素晴らしいことでしょう!

夏の間は暑すぎて、パンダ子をお散歩に連れ出すのは
だいたい早朝か夕方の二択だったんですけど。
これから涼しくなり良い気候になりますので、
より積極的に一緒にお散歩できますね、楽しみです(^^)

ところで当店で2年間アルバイトを勤めて下さったミナコさんが、
お引越しのため昨日でお辞めになりました。
その明るい人懐こさでくまねこ堂の潤滑油になって下さっていたミナコさん、
2年間誠にどうもありがとうございました!
自然あふれる茅ケ崎の地で、
ご主人様&ワンちゃんと素敵な毎日を送られますよう、
心からお祈りいたしております!:hei01:

投稿者:くまねこ

Page 20 of 210« First...10...1819202122...304050...Last »