古本・なつかしもの屋 くまねこ堂

くまねこ堂・妻のブログ

北町一郎「東京探偵局」昭和15年発行 /東京都江東区で出張買取でした


人気ブログランキングへ

 

「東京探偵局」著:北町一郎/婦女界社版/昭和15年発行 が入荷しました。

 

扉の絵もレトロな感じで、いいですね~

 

早速読んでみました 

東京丸の内の堂々たる”ビルデング街”に”東京探偵局”という事務所を構え、
所員800名(!)とあらゆる科学的方法を駆使し、いかなる難事件もたちまち解決。
本物の警視総監から”街の警視総監”として一目も二目も置かれている名探偵、
それがこの”樽見樽平”なのだ!!

 

 ・・予想外に、かわいいおじちゃんでございます!(笑)

名探偵といってもシャーロック・ホームズや明智小五郎のような感じではなく、
おっちょこちょいでそそっかしい、非常にユーモラスでとぼけた名探偵なのであります。
そしてこの樽見樽平氏が、セーラー服を着て女子学生に変装してもバレない(!!!)など、
なんとも荒唐無稽な内容なのでありますが、
ユーモアミステリとして楽しく読むことができました。
このあたりについては、作者としてはこんな意図があったようです。

—————————————————————————–

日本の探偵小説は、すぐれた作家たちによって、すぐれた作品が多くつくられ、
同時に主人公になる馴染の探偵も多く創造された。
その中へ、チンピラ男の樽見樽平を押しださうなどといふ野心を、私は示さうというのではない。

ただ私の不満とする所は、日本の探偵小説が医学系統の作家の多かった関係か、
陰惨で不健康な方面が伝統的に多かったことである。
探偵小説と云へば、何かグロテスクなもの、残忍なものを想像させたり、
所謂探偵小説的な体臭を滲みこませたスタイルが多いと思ふ。

勿論かういふ種類でないすぐれた作品も数多くはある。
そこで私は、現在私共が最も心がけるべき防諜観念にもとづいて、
スパイに関する題材をあしらひながら、なるべく明るい面へ筆をむけるやうにした。
そしてその中心へ樽見樽平を据ゑた。この男を私は限りなく愛してゐる。
(作者後記より抜粋)

—————————————————————————————-

 

大雪ですーー!! /東京都中央区日本橋で出張買取でした


人気ブログランキングへ

 

「雪だ―――!!!ヽ(≧∀≦)ノ」

「ヒイィィ~~~(∥゜ω゜)」

 

今日は朝から、東京は大雪でありました!
ワタクシなぜか子供の頃からずっと:hoshi1:雪大好き人間:hoshi1:
(普通は子供の頃に卒業するようですが 笑)、
雪が降るとワクワクして、そこいらを歩き回りたくてしかたがないのですが、
・・さすがに現在は身重の身、そんなわけには参りません:neutral:

そこで、今日は近場(日本橋)の買い取りを1件だけ済ませて
早くに帰ってきたくまきち(夫)をつかまえて、

 

「ちょっくらドライブ連れてって~!ヽ(*´3`)ノ~

「やっぱりキタ━━━━(∥゚ω゚)━━━━!! 」

 

というわけで、お夕飯のお買い物を兼ねて、日本橋へGO!(←くまきちは今日2度目 笑)
ちなみにもちろんタイヤはちゃんと、冬用タイヤでございます。

 

 

そこはもう一面の銀世界:hoshi1:
横なぐりに吹きすさぶ、まるでブリザードのような吹雪:hoshi1:

 

「堪能させていただきました!ウットリ(*´∀`)

「運転怖えぇぇぇぇ!!(;;;OωO)」

 

————————————————————————————–

そして、午後10時現在の外の様子です。
まだまだ、降り積もっています!

 

 

小さいながらも、つららが!

 

 

明日の朝とか、どうなっちゃうんでしょう・・(汗)
出勤のかた、お気をつけて!!

 

 

沖縄専門書、蛇腹カメラ、市松人形ほか


人気ブログランキングへ

 

ご無沙汰いたしております。
もうじき妊娠9ヶ月目に突入です。
・・貧血やら、お便秘やら、色々とマイナートラブルに悩まされておりますが:kaoemoji1:
まああと2ヶ月、のんびりいきます、、、:ganba:

 

最近の買い取り品を一部ご紹介です。

沖縄に関する専門書がたくさん入荷いたしました。
お譲り頂いたお客様には、買い取り後にご丁寧なお礼のメールもいただきまして、
嬉しく拝見いたしました、どうもありがとうございました!

 

 

古い蛇腹カメラ(スプリングカメラ?)です、ノスタルジックで素敵!
大正時代くらいのものでしょうか?

 

 

カメの小さな小さな人形です(指の大きさ参照!)。
鼈甲で出来ているので、一瞬本物みたいでギョッとします。
箱もきれいです。

 

 

硯(すずり)。これは裏面です。

 

 

市松人形。
お顔もキレイな状態で残っています、
着物も細かいところまで素敵です、帯も。

 

くまねこ堂:スタッフ紹介

くまねこ堂のスタッフをご紹介します!

 

 

:nikukyu: 店主:くまきち(渡辺隆之)(♂)

東京都古書籍商業協同組合の理事を務めております。
古物商歴26年、今まで優に8000軒以上のお宅に
出張買い取りに伺っています(2017年現在)。
21歳のときに古本屋の仕事を始めていらい古物の業界一筋、
その後、古書以外にもレトロおもちゃ・骨董品・美術品・古道具など
次々に興味と仕事の幅を広げ、現在のくまねこ堂に至ります。

子供の頃から色々な知識の収集が好きだったといいますから正に天職、
”趣味は実益を兼ねる”を地で行っています、
お仕事が楽しくて仕方がないようです

大量の荷物の整理や、遺品の処分などに困っておられたお客様に
「助かりました!(;∀;)」と感謝していただいたり、
捨てられそうになっていた物の中から、文化的に貴重な品物を見つけ出して救出したり。
そんなときが、出張買い取りのお仕事をしていて一番幸せを感じるそうです:hoshi1:

仕事関係以外で好きなこと:
おいしい物を食べる、甘いもの、温泉、
虫捕り(しばし眺めたら逃がしてあげます)、無心にRPGをやる(〃 -`ω´-)

————————————————————————

 妻:にゃん子(♀)

このブログの書き手です。
東京芸大の声楽科卒。
子供の頃から本や古い物が大好きでしたので、
毎日様々な商品が入ってきて手に取ることができるくまねこ堂のお仕事は、
知的好奇心にあふれていて非常に楽しいです
好きなもの:
動物、能楽、日本の伝統文化、オペラ、読書、サイレント映画、
江戸時代~明治時代の日本画、幕末明治の工芸品など

————————————————————————

もえ・シュガー

:nikukyu:もえにゃん(♀)シュガーくん(♂)  

1999年生まれ。 まだ生後3週間くらいの仔猫の時に捨てられていたのを保護しました。
いつも一緒の仲良し姉弟猫でしたが、もえにゃんは2016年10月15日に天国に旅立ちました、享年17歳でした。

シュガーくんは現在18歳、元気です!:neko:shine.gif
おっとりして優しい性格のシュガーくんは、
我が家の幼稚園児の前でもドスン!と寝転がって、
「なでて、なでてheart.gif」とお腹を見せてアピール!
 そして我が家の癒し隊として、変わらず大活躍です!

————————————————————————

コロスケさん(♀)

新潟県出身。
ニックネームは、ペットのニホンイシガメの愛称から。
カメさんが好きで、家で何匹も飼っておられます
物知りで知識が広く、いつもさりげなく周りの人達をサポートして下さいます(感謝!shine.gif
楚々としたいでたちからは大変意外なのですが、空手経験者&ヘビメタ好き!
カメラもお好きです。

————————————————————————

ヨシダさん(♀) 

デザイナーと学生さん、そしてくまねこ堂でのお仕事と、
三足のわらじを履きながら多忙な日々を過ごされています。
手先が器用で、骨董品の修繕・商品棚の組立てなどはお手のもの!:hoshi1:
くまモンやペンギンなどのゆるキャラと、マリリン・マンソンがお好きです。

————————————————————————

フジタン (♂)

美大出身。趣味は画集や図録を眺めることで、
サルバドール・ダリやマックス・エルンストといった
シュルレアリスムに属する画家を特に好んでおられます

くまねこ堂に入ってからは、荷運びに必要な身体づくりのために
『いかに安価な食材で効率的に栄養を摂るか』を考えて
日々を過ごされるようになったそうですが、
実際当店に入ってから筋肉質になって逞しくなられました!

いつも冷静にみんなのまとめ役となり、パソコンも得意という、
ありがたい存在です。

————————————————————————

こばちゃん (♂)

「カレンダー」を「暦」、「プリンター」は「印刷機」、
「iPhone」をまさかの「スマホでんわ」と言い表す
戦前生まれのような振舞いと口調でありながら、 実年齢はなかなかのヤング!!
軍人の書、将棋盤、昭和史や芸能史などの知識に精通しておられ、店主も舌を巻くほど!
小学校就学前からの美空ひばりファンです

————————————————————————

かこさん(♀)

吹奏楽部で鍛えたガッツぶりで、
スリムな女性なのに、男性並(時には男性以上!?)にガンガン荷運びをして下さり、 
その実力は店主に「荷運び=男性という固定観念を完全に覆された!!(;;°ω°)」
と言わしめるほど!
そして持前の明るさとポジティブさで、いつも職場の雰囲気を明るくして下さいます! 
洋食器と西洋アンティークを勉強中で、
好きなテイストは、「おばあちゃんっぽいもの obaacyan.gif」だそうです(謎・・)

————————————————————————

タテさん(♂)

100kg超の石も軽々と運び、自動車運転もお手のもの emoji334.gif 
今まで一度も胃腸を壊したことがないという頑強な肉体を兼ね備えています。
師と仰ぐ人物は、フランツ・カフカ、フラナリー・オコナー、他多数。
なりたいものは「風」だそうです。

————————————————————————

:nikukyu:カメ子さん(♀) 主なお仕事:癒し隊

20年以上前に、にゃん子の弟がお祭りで買ってきたカメ子さん。
そのときは親指くらいの長さしかない小さな小さなカメでしたが、
その後すくすくと成長し、今では体長約20センチ
現在はくまねこ堂のすみっこで、心優しいスタッフの皆さんに
お世話をされながら、元気に暮らしております。

ちなみにずっと性別不明のまま飼っておりましたが、
20年目にして初めて無精卵を産み、女の子だったことが判明しました!

(※カメ子さんは、2017年5月に天国に旅立ちました。享年25歳でした。)

明治時代のサーカス「世界第一チャリネ大曲馬」浮世絵


人気ブログランキングへ

 

昨日に引き続きまして、浮世絵(錦絵)のご紹介です。

明治19年(1886)にイタリアから来日したサーカス団・チャリネ一座は、
日本に大反響を巻き起こしました。
そのチャリネ一座の様子を、今に伝えてくれる浮世絵です。

「世界第一チャリネ大曲馬」歌川正信(梅童政信):明治19年

まず、様々な動物たちが目を引きます。
馬、トラ、猿、象、ライオン、大鳥(ダチョウでしょうか?)、
きっと当時の日本人は見たこともない猛獣がいたことでしょう。

人間の芸としては、チャリネ一座の代名詞でもあった曲馬をはじめ、
軽業、体操、道化、一本足の人の芸などが描かれています。

鮮やかなピンク色がまぶしいですね、
当時の華やいだ空気を伝えてくれます。

追記:このチャリネ一座、一時期なんと、あの南方熊楠を雇っていたらしいです!
    (2014/2/17の記事参照)

明治時代の吉原遊郭「角海老楼」浮世絵 /東京都江戸川区、千葉県浦安市で、バンドスコア、ムック本、赤本、CD、DVD、音楽DVD、写真集、荒俣宏図鑑、世界の名著、日本の名著などお譲り頂きました


人気ブログランキングへ

 

浮世絵(錦絵)が数十枚、まとめて入荷しました。

 

 

こちらは、楊洲周延(ようしゅう ちかのぶ)の「里の花廓の賑」(明治22年)という作品です。

 

あでやかな花魁たちがズラリと並び、華やかな絵ですね。
着物の柄も、大胆で実に豪奢です。

 

花魁たちの名前を見ると、「角海老 小蝶」「角海老 海老羅」「角海老 金龍」などの文字が
書かれています。
角海老ってなにか意味あるのかな?とググってみたら、
ウィキペディアに載っていました。

——————————————————————————-
吉原遊廓に存在する屋号。
明治時代に吉原で奉公していた宮沢平吉が「角尾張楼」という見世を始め、
その後「海老屋」という見世を買い取り、
そこに「角海老楼」という時計台付きの木造三階建ての
大楼を建てたのが起源とされる。
当時の「角海老楼」は総籬の高級見世で、
歴代の総理大臣が遊びに来るような格式の店であったという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E6%B5%B7%E8%80%81 

また、こちらの「明治の時計塔」というページ 
http://www.kodokei.com/ot_014_9.html には、
明治当時の「角海老楼」の姿が載っていました。
当時、角海老楼の時計塔は東京名所で、
樋口一葉の名作「たけくらべ」(明治27年)に
「朝夕の秋風身にしみ渡りて・・・
 角海老が時計の響きもそぞろ哀れの音を伝へるやうに成れば・・・」
という叙述があるのだそうです。

 

余談ですが、今回の買い取りで入ってきた浮世絵の大半には、
裏面にこんな風に証文がびっしり貼られ、紙が補強されていました。
こうやって裏打ちされちゃうと、商品としての価値はぐっと下がってしまうので
くまきち(夫)は残念がってましたが(笑)
明治30年代の証文です、ちょっと面白いですね。

 

出待ちをする猫


人気ブログランキングへ

 

くまきち(夫)がお風呂からあがるのを、ジーッと待つ猫の姿。

 

 

ちょうどバスマットの猫とも同化していて

可愛さ倍増!!(*≧∀≦*)

 

 

「またシュガーくんが出待ちしてるよ~!(^∀^)」

「はふ~~ん、今行くよおぉぉ~(*´ω`*)メロメロ

お風呂上がりでホカホカのくまきちのお膝に乗って、ナデナデしてもらうのを、
毎晩楽しみにしているシュガーくん。
可愛いなあ~~、ふふふ

 

 

平田郷陽と昭和の人形師たち展 /東京都文京区小石川、武蔵野市、千葉県船橋市で、郷土史、文学、岩波文庫、講談社学術文庫、ちくま文庫、ちくま学芸文庫、哲学思想宗教、文学、政治学、DVD、クラシックCDなどお譲り頂きました


人気ブログランキングへ

 

展覧会のご紹介です!

「東横コレクション 郷陽と昭和の人形師たち
 平田郷陽鹿児島寿蔵堀柳女野口園生市橋とし子 他」

激動の昭和の時代に、人形の美術的価値を高め、今日の人形界に寄与した人形師たち。
本展覧会は、その人形師たちの作品を、人間国宝に指定された平田郷陽を中心に
展示致しました。

2014年2月14日(金)・15日(土)・16日(日)
午前10時~午後5時(最終日は午後3時まで)
入場無料

会場:守谷市市民交流プラザ・市民ギャラリー
主催・お問い合わせ:東横ハウジング 0297-45-0888

————————————————————————–

くまきち(夫)がいつも仕事でお世話になっております、
東横さんのコレクション展です!
人間国宝・平田郷陽をはじめ、まるで命を持っているかのように、
その動作のみならず内面までをも生き生きと表現されている人形たち。
きっと見ごたえあると思います、楽しみです!:kaoemoji5:

ちなみに郷陽のお父さんは、
生き人形(活人形)で有名な人形師、初代 安本亀八のお弟子さんだったんですね。

 

 

素晴らしい猫の根付が届きました!!


人気ブログランキングへ   

 

今日は当店に、素晴らしい贈り物が届きました!!:hoshi1::b_body_jump::hoshi1:

 

箱には、「まいねこ」という謎の4文字が記されています。
まいねこ・・・??

 

 

箱のふたを開けますと、古裂(こぎれ)を使って作られた、
なんとも可愛らしい袋が登場(*´エ`*)
表面も裏面も、猫の絵です。

 

 

そしてそして、猫の袋の中から現れたのは・・・・・・・・・・!!

 

 

 

 

猫の根付です!素晴らしい!:hoshi1::hakusyu::hoshi1:

(こんなに細長いフォルムなのに、ちゃんと立つことが出来ます、すごい!(;゜Д゜))

このなんとも愛らしい根付を作って下さったのは、現代根付師の楽虫(らくちゅう)さん
うちのもえにゃん&シュガーくんをモデルに作って下さったそうです!(*≧∀≦*) 
見れば見るほど、細か~い細部まで、猫の可愛らしさが余すところなく表現されており、
これはご自身も猫好き・猫飼いでいらっしゃる楽虫さんならではではないでしょうか。
細かく見てみましょう。

まず最初にお伝えしておきたいのはこの小ささ!
一つ一つの彫りが、いかに精密な職人技かということがお分かりいただけると思います。

 

 

 

猫の魅力といえば絶対はずせません、肉球も、バッチリ表現!

 

 

 

全身の毛並みの細かさには、ただただ感嘆するばかりです、、、

 

 

 

おシッポは2つに分かれています、そう、これは猫又なのですっっ!
昔から、猫又は手ぬぐいを頭にかぶって踊ると言われてますものね~♪
そしてこれは、もえにゃん&シュガーくんが、猫又になるくらい長生きしますようにという
思いもこめて作って下さったそうです、どうもありがとうございます!(´;∀;`)

 

 

 

かぶっている手ぬぐいにも細かい柄がほどこされているのですが、
おそらく猫又の妖力によるものでしょう、
一番上の千鳥に命が吹き込まれ、手ぬぐいから今にも飛び出しそうになっています!

 

大変素晴らしい心のこもった作品を、本当にどうもありがとうございました、
一生大切にさせていただきます!(嬉)

ちなみに表題の「まいねこ」は、私の猫(My 猫)という意味と、
踊る猫(舞い猫)という意味をかけているのだそうです、
粋ですね!(^^)

「板谷波山の夢みたもの 没後50年・大回顧」に行ってきました /東京都目黒区、大田区、埼玉県さいたま市で、棟方志功、田崎広助、森田曠平、林喜市郎、織田廣喜、熊谷守一、山下清、全集、木版画、エッチング、油彩画、色紙、美術書、色紙などお譲り頂きました


人気ブログランキングへ   

 

出光美術館で現在開催中の、
没後50年・大回顧 板谷波山の夢みたもの―〈至福〉の近代日本陶芸
に、くまきち(夫)と行って参りました。
⌒Y⌒Y⌒ ヾ(*´∀`)ノ ⌒Y⌒Y⌒ ヾ(*´ω`)ノ

板谷波山はその作品を通じて、気品と格調の高さ、誠実な真面目さを感じることができ、
個人的に好きな芸術家の一人であります。

板谷波山(いたやはざん・1872~1963)は、近代日本を代表する陶芸家です。
東京美術学校・彫刻科で学び、
その彫刻の技を生かした精緻な「薄肉彫(うすにくぼり)」や、
全体をマット(つや消し)の不透明釉をかけることで
ソフトで幻想的な表現を可能にした「葆光彩(ほこうさい)」など、
格調の高い独自の技法を生み出しました。

今回展示されていた作品を、図録よりいくつかご紹介させていただきます。

「葆光彩磁草花文花瓶」板谷波山/大正6年(1917)

これがその、「葆光彩(ほこうさい)」という
波山独自の技法が用いられている作品の1つです。
葆光彩により柔らかい色に包まれており、非常に優美な作品に仕上がっています。
一見規則的に並んでいるかのように見えるチューリップですが、
実は花の向きは少しずつ異なっているのだそうです。

 

 

「淡黄磁扶桑延壽文花瓶」板谷波山/昭和10年(1935)頃

波山といえばやはり、美しい白!
この作品は「淡黄磁」と呼ばれる柔らかくほんのり黄色がかった白ですが、
その他にも波山は
「白磁」「氷華磁(ひょうかじ)」「蛋殻磁(たんかくじ)」「凝霜磁(ぎょうそうじ)」
など、同じ”白”でもわずかな色の違いを
様々な美しい呼び名で鋭敏に使い分けました。

ちなみにこの作品、よく見ると、扶桑の根元には二頭のワンちゃんがいます。
この犬たちは、昭和10年頃に波山宅で飼っていた北海道犬がモデルだと
言われているそうです(*´エ`*)

 

 

「窯変磁花瓶」板谷波山/昭和時代前期

虹色から薄紫色へと窯変し、頸から胴にかけて一面に金の星が散ります。
明治末期には、星を観察するための星座早見表が一般に売り出され、
やさしく書かれた天体入門書も数多く発行されたそうです。
その頃の人々の天体への憧憬や夢を、
波山の作品にも重ね合わせて見ることができるのかもしれません。

 

 

「彩磁竹幹花瓶」板谷波山・明治43年(1910)

青色は日露戦争後、「勝色(かちいろ)」の名で流行(軍服が青だったため)。
また大正時代には、着物の色彩としても青や紺が流行し、
青は都会的なファッションと響き合う色であったそうです。

 

 

「彩磁玉葱形花瓶」板谷波山/明治30年代

若き日の波山の作品で、波山と号する前の作品で、銘はまだないそうです。
彫刻的な表現が目を引き、
やがて彫刻的造形から薄肉彫の彫文へ進む以前の状態がうかがわれるという意味でも、
興味深い作品であるということです。

 

 

古本買取くまねこ堂 出張買取対応エリア

埼玉県・東京都・千葉県・茨城県・神奈川県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP