古本・なつかしもの屋 くまねこ堂

くまねこ堂・妻のブログ

そこからは何も出ません


人気ブログランキングへ

 
お腹が空いたパンダ子(娘)をくまきち(夫)がだっこしますと、
パンダ子がくまきちの二の腕を、

 

吸います!吸います!:hati::heart:

 

 

「か~ば~え~え~!。・゚・(´ω`)・゚・。」

でもそこは二の腕だからね~
いやそれ以前にパパだからね~(笑)

 

「何も出せなくてゴメンよぉ~!。・゚・(´ω`)・゚・。」

残念だね!:lol:

お父さんへのオススメ育児本


人気ブログランキングへ

 

先月のことですが。
保健所の両親学級で、先輩パパ&ママとして
ふつつかながらお話をさせていただきました:ase1:

私もくまきちも人前でお話しするのは苦手ですので、終始
緊張!(;゜ω゜) 緊張!(;゜∀゜) でしたが、
不出来ながらもほんの少しでもお役に立てたなら嬉しいなあと思います:ase1:

このときは土曜日開催の両親学級ということで、
話題の中心は主に「パパの役割」についてだったのですが、
今日ご紹介する本は、ぜひお父さんたちにオススメしたい1冊です!

「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス」明橋大二著/1万年堂出版

以下は帯の文章です。
—————————————————————–
母親の心をいかに支えるか、これが、実は父親の子育てで、最も大切なポイントなのです。
●父親からほめられると、子どもは、学校や社会へ出ていく自信を持つようになります。
●父親が育児をすると、子どもの自己評価が高くなり、夫婦関係もよくなります。
●父親が積極的に子どもに関わると、子どもは、さらに活発に育つようになります。
●父親が、叱るべきときにきちんと叱ることは、とても大切なことなのです。
—————————————————————–

ちなみに、お父さんの育児行動の有無は、
妻から夫への愛情にも強く影響するのだそうです。
育児をする夫は、妻から「魅力的な男性」「今でも恋人同士」と
思われる率が高いんですって、ステキですね:lovelove:

この本はマンガ仕立てでわかりやすく書かれているので
忙しいお父さんでも素早く読めます、
でも内容は大切なことがギュッと凝縮されていると思います、
ぜひおススメです!

虫モチーフな刀装具の一例です


人気ブログランキングへ

 

昨日の記事を見たくまきち(夫)が、
「ちょうどこんなのもあるよぉ~~ヽ(*´ω`)ノ」
と、嬉しそうに持ってきました(笑)

江戸時代の刀の目貫(めぬき)です、
ちょうど昨日話題にしていたような、虫がモチーフの刀装具ですね。

とんぼです。
トンボは前にしか進まないため、決して退却をしない「勝ち虫」と呼ばれ、
縁起物として武士たちに好まれた代表的な昆虫です。

 

 

こちらはトンボとバッタで対になっています。
バッタにはどんな意味があるのかな、
ググってみたけどわかりませんでした、、、
ぴょんぴょんと跳躍しますから、なんとなく威勢が良い気はしますけど

アールヌーボーな刀装具(明治頃)です


人気ブログランキングへ

 

入荷品のご紹介です。
刀装具で、脇差(わきさし)の鍔(つば)なのですが、
模様が純和風ではない、異色な感じです:shock:

 

表面にも裏面にも、植物がモチーフの流麗な模様が入っています、
おしゃれですねえ

アールヌーボー調のデザインであることから察するに、
明治時代から大正時代ころの物と思われます。
刀装具ではありますが、もう実用的な物ではなくて
いかにも鑑賞して楽しむためという感じですね。

ところでアール・ヌーヴォー芸術運動は、
そもそも日本美術に大きな影響を受けて生まれたと言われています。
さて一体、日本美術の何に触発されたのかといいますと、
アール・ヌーヴォーに影響を与えた 幕末・明治の金工」(緑青vol.3/マリア書房)
という本によれば、

—————————————————-

アール・ヌーボーの作品の特徴の一つは、モチーフに虫達が多く登場することである。
それは、クモ、蝶、クワガタ、トンボ、蜂、カゲロウ、蛾などである。
これらの虫達は従来のヨーロッパの美術工芸の世界で登場したことは
皆無と言っていいものである。
では日本の絵画や浮世絵に登場するかと言えば、それも殆どない。
では一体何に多く登場するのであろうか。
答えは刀装具である。

古来、武士達は刀の小道具であり装飾品でもある鍔、小柄、笄、目貫、縁頭などの
装飾のモチーフに虫たちをよく用いた。
常に命の危険にさらされる武士達はいろいろな虫達にあやかりたいと願っていた。
それが彼らの「お守り」でもあった。

(抜粋)

—————————————————-

そしてこういった日本の金工作品が、
万国博覧会の会場で展示されたり、日本美術商で売り買いされることにより、
アール・ヌーボー芸術運動の旗手たちの目に触れたのだろう、ということなんですね。

それがまた逆輸入されるかたちで、
日本でこうやってアールヌーボー調の刀の鍔が作られた、と。
なんだか面白いですね

 

これが世に言う親バカというものなのね(笑)


人気ブログランキングへ

 

パンダ子(娘)が生まれてからというもの、

 

くまきち 「うちの子可愛いすぎ!! 。・゚・(ノω≦)・゚・。

     赤ちゃんモデルにだってなれちゃうんじゃない!?

     させないけど!!」

にゃん子 「あーハイハイ(=∀=)」

 

そんな折、「たまご絵日記」という赤ちゃんエッセイ漫画を読んでおりましたら
こんなシーンが。

 

 

世の娘を持つお父さんたちは、
みんなこんな感じなのかしらね~~(´∀`)ハハハ (≧ω≦)

このマンガ、面白かったです!
「たまご絵日記~新米かあちゃん奮闘記」ナナイロペリカン/マイナビ発行

本日は東京都港区芝で出張買い取りでした、
ラジニーシなど、スピリチュアル系の良書を多数お譲りいただきました、
どうもありがとうございました!

午前5時半おしゃべり開始


人気ブログランキングへ

 

今朝もパンダ子(娘)に起こされること、午前5時半・・・(∥=∀=)
眠い目をこすりながら授乳を完了し、
パンダ子のゴキゲン顔を
「このまま寝てくれないかな・・・」
と期待をこめてのぞきこみますが、

 

 

 

 

やっぱりナ~~(;∀;)シクシク

 

パンダ子はおしゃべり好きでして、
「あ~う~!:hoshi1:」「あっきゃ~!:hoshi1:
などたくさんしゃべってくれまして、
こちらも同じように真似をして返してあげると大変喜びます、
いっちょまえに会話をしているつもりなのでしょうね(^^)

そして今朝も早朝から小一時間、
パンダ子のおしゃべりにお付き合いしまして、
やっと満足してまた寝てくれたのは
午前7時半でした、ハハハ(∥=∀=):ase1:

芝山象嵌の印籠 入荷しました


人気ブログランキングへ

 

入荷品のご紹介です。

芝山象嵌です。
印籠、饅頭根付、緒締め玉の3つ揃いで、当時のままの雰囲気を伝えてくれます。
コンディションも大変良く、象牙の目もキレイです。

明治時代ごろの物でしょうか。
入手先の経路から察するに、宮家所有の物であったと思われます。
可愛い鳥やお花の絵といい色づかいといい、
いかにも女性好みの瀟洒なデザインですね、
お姫様がお持ちだったんでしょうか(^^)

ところで、アルバイトのキョーコさんが
「骨董買取り事例」のブログで、お店に入ってきた骨董品等を紹介して下さっています。
最近では勝海舟の掛軸や、ブリキのおもちゃ研ナオコのソフビ(強烈です!汗)等々。
ご興味のある方はぜひそちらも合わせてご覧くださいませ:roll:

ダメと言われると・・


人気ブログランキングへ

 

リビングでは、パンダ子(娘)と猫たちは一緒にさせておりますが、
一応パンダ子のお部屋は、今のところ猫は立ち入り禁止にしています、
ニャン毛掃除が大変なので(;^^)

しかし、ダメと言われると気になるのは
人間も猫も同じなようで・・・

 

 

 

かわるがわる覗きに来る、もえにゃんとシュガーくん(笑)
番犬ならぬ番猫みたいで、たのもしいね!:lol:

PAGE TOP